両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷890日後 なかなか減らない知恵袋での無知な回答者

9月25日(日曜日)

9か月振りの更新となりました。

知恵袋からくる人もかなり多いですが、このブログを最初から読むのも大変だと思いますので、今日の写真から受傷時までの写真を逆順に載せて経過が簡単にわかるようにします。

また火傷で「2週間経過しなければレベルは判らないし、瘢痕拘縮(ヒキツレ)を起こすので手術しなければならない可能性もあります」などと言われて不安になって検索してこのブログにたどりついた方が、ここを読んだ後でラッキ―な結果につながれば幸いです。

もちろんご自分のブログやネット上でこのブログをどんどん紹介して頂いても構いません。(当然悪用を除きます。)

最新の湿潤療法での治療内容を知りたい方は最初(火傷した日)からどうぞ。





今日の写真
b0178879_13384494.jpg


前回(下の写真)とそう変化はありません。やはり年ですね(笑)。








一昨年4月に火傷をしてからの治癒経過写真

受傷616日後(12月25日)

b0178879_171055100.jpg




受傷458日後(7月20日)

b0178879_1036674.jpg




受傷124日後(8月20日)

b0178879_20445198.jpg




受傷93日後(7月20日)

b0178879_17544848.jpg




受傷63日後(6月20日)

b0178879_17593031.jpg




受傷33日後(5月21日)

b0178879_1843850.jpg




受傷23日後(5月11日) 湿潤療法20日目 治療終了時(右手上皮化終了)

b0178879_1813441.jpg




受傷19日後(5月7日) 湿潤療法16日目(左手上皮化終了)

b0178879_18205824.jpg


b0178879_18213882.jpg






写真がキツイので気をつけて!

























受傷6日後(4月24日) (傷面再生)ガーゼ + 抗菌(傷害)軟膏治療から湿潤療法にかえて3日目

b0178879_18285164.jpg


b0178879_18292915.jpg


b0178879_18295184.jpg




どうです。驚かれましたか?これが全く痛くなく、簡単に治ってしまうんですから。

実は治った本人が一番驚いています。

湿潤療法を認めたがらない医療関係者はさらに  → → → (  д )  ゚ ゚ メダマポーン でしょうね。

これで,夏井睦医師が立ち上げ、全国の病院に広がりつつある湿潤療法を認めない(理解できない)、時代遅れの医師や医療関係者にもすぐに判るはず?です。


治療して頂いた市立恵那病院太田博彰医師に感謝です。







最近はお子さんの火傷治療で、従来の消毒・ガーゼ・抗菌クリーム軟膏による痛いだけの治療に疑問を持ち、ネットで等で調べて潤療法を知り外傷熱傷で湿潤療法を行っているリストの病院に転院されて治療を受けた「ラッキーな」方たちのブログも増えてきました。

<チーのニコニコの木>の<火傷カテゴリー
この方は2歳の娘さんの火傷で神奈川県藤沢市のアイ整形外科クリニックの加藤博文医師の治療を受けています。

<わたくし、お母さんやっています>の<火傷カテゴリー>と<治療経過の写真
この方は7歳の息子さんの火傷で名古屋記念病院武内有城医師の治療を受けています。



この方は私よりも以前に、7ヶ月の娘さんの足の火傷で湿潤療法を受けられました。
やけど治療ブログ
北海道のクラーク病院北村三穂医師の治療で、短期間できれいに完治していますが、小さなお子さんが火傷をされて悩んでいる方のためにと残されているブログです。

こちらのお子さんはリストの松山市の病院へ転院されて10日でほぼ上皮化しています。

こちらのお子さんは大分県の大久保内科外科(内視鏡)クリニックに転院されて簡単に治っています。

こちらのお子さんはリストの松本市の病院で湿潤療法を受けて見えます。



また最近ではリスト以外の病院でも最新の湿潤療法を行う病院が増えており、こちらの方たちは知らずに最新の治療を受けていました。

こちらは小さな娘さんで、4月15日にストーブに掛けてあったやかんを倒してそこに尻もちをついて急遽入院されましたが湿潤療法での治療を受けて4月23日に退院されています。

こちらも7カ月の娘さんで、4月22日にうどんをこぼして手と足に火傷を負って入院されましたが、同じ湿潤療法で今日5月1日に退院されています。

また私の12月のページ3月のページでも、小さなお子さんの火傷での、知恵袋の回答例がたくさんリンクされていますので参考にして下さい。

まだ言葉も話せないような小さなお子さんの、痛みや苦しみが自分の事のように判る優しいお母さんたちでしたので、皆さん湿潤療法の病院へ転院されています。


こちらも湿潤療法の内容が良く理解できます。
火傷治療のための口コミ情報サイト やけどケア.jp




また最近では浅達性Ⅱ度の火傷で有ればご自分で治療される方も増えてきました。

<星と太陽>の<火傷治療><13日後の経過><1年2カ月後

<飼い主は見ちゃったよん!>の<やけど&湿潤療法カテゴリー

こちらはお子さんの火傷です。

<マリカイとハンドメイドの日々>の<火傷の治療経過>

<るーたんママのHAPPY DIARY>の<火傷カテゴリー

るーたんママさんの<火傷6・7・8日目>のページのコメントには夏井先生からの“そこらの医者に「この人に治療を教えてもらえ!」と言いたいくらいです。”とのコメントも入っています。

下手にそこら辺の「ガーゼ治療の病院」へ行くくらいなら、自分で治療した方がよっぽどマシな例です。


こちらのコンロの火が服に燃え移り、脇にⅢ度熱傷を負った方のブログも参考になります。
火傷そして湿潤療法

範囲の広くないⅢ度熱傷で「早々に植皮をしなければ敗血症を起こして死ぬかも知れない」と教科書通りのムンテラで脅かされている方は是非参考にして下さい。


また、これらを見られても「こんなのは一部の例だけだ」と思われる方は、アメブロ等のブログ検索で<湿潤療法>で検索されると、毎日たくさんの湿潤療法の恩恵にあずかっている方の記事が更新されていますので、一度見られると良いと思います。






11月5日更新

またまた湿潤療法による素晴らしい経過を記録したブログが増えました。
<くみこのブログ>の<テーマやけど
この方は3歳の息子さんの腕と太股の酷い火傷で、倉敷市の平成南町クリニック玉田二郎医師の治療を受けましたが、驚くほどきれいに治っています。



11月18日更新

今度はご1歳のお子さんの火傷での救急での処置に疑問を持ち、ご自分で調べて湿潤療法できれいに治したお母さんのブログが更新されました。
<ヒナmama☆HAPPY TALK>のテーマ<火傷治療>です。

これは上記の<るーたんママ>さんに続く素晴らしい経過ですし、湿潤療法に無知な○○医師の治療を受けるくらいならば、自分で治療した方がよっぽどキレイに治す事が出来る良い例です。



1月6日更新

またもや素晴らしいブログが紹介されました。
「☆HAPPY  MAMA LIFE☆」のテーマ「☆やけど治療☆」ですが、1歳4カ月の娘さんの深達性Ⅱ度の火傷が広島市の伊藤内科医院伊藤欣朗医師の治療で無事綺麗に上皮化されています。


ラッキーな方たちはどんどん増えています。












さてここからが本題の「相も変わらず可哀そうな方たちの知恵袋での回答」についてです。

最近は湿潤療法へ切り替えられずにまずは保湿傾向の「軟膏ベッタリガーゼ」の治療を行ってみる過渡期の医師が増えつつありますが、患者の方がネット等で湿潤療法を知っていたりするので「これも湿潤療法です」などと無理な言い訳の説明をしたりして、患者さんを悩ませています。

これは以前私がブログの「サギ湿潤療法医の脅しと口車」で取り上げた様に湿潤療法ではありません。

湿潤療法はラップや穴あきポリ袋と紙オムツを含めてプラスモイストやデュオアクティブ等を始めとする創傷被覆材(ドレッシング)を使用して、患部を常に程良く潤わせて治癒を勧めるものでガーゼはドレッシングではなく、体液を吸収してしまい患部にこびり付くようになります。

また、これを防ぐために、湿潤療法で良く使用されるワセリンやワセリンを基材とする半透明の油脂系軟膏を乾燥させないためにベッタリ塗ったりしますが、滲出液が多い急性期ではこまめに交換しなくてはならず、湿潤療法の病院とは違って毎日の通院を余儀なくされます。

この保湿療法は以前の「ガーゼとクリーム軟膏」の治療よりは治りが早いので、この治療を受けた方が最近はこの治療しかないと言わんばかりの何でもありの回答を入れる様になりました。
ましてやそこら辺の病院でも全てこの治療を行っているので、どこの病院でも良いので受ける様になどとトンデモな回答をしています。

もちろんこの方たちは、受けた事のない湿潤療法と夏井医師の治療を認めたくないだけの事で回答を続けており、かなり感情的になったりしています。



また最近は、私が多くのベストアンサーを頂いている事を妬む医療関係者がストーカーの様についてきて常軌を逸した質問や回答を繰り返していますが、悉く削除されまくっています。
きっかけはこの質問<足の小指の爪がはがれちゃいました…>でニンニクと絆創膏での素晴らしい回答を入れたのに、私がベストアンサーになった事が余程気に入らなかった様です。

また私が警鐘を鳴らす無知な回答者たちはこちらの素晴らしい質問と回答で集まっていますので是非参考にされると良いと思います。
もちろん類は類を呼ぶとはこの事です(大爆笑)。

湿潤療法にこだわるturuchan_40は…
ここには前回の更新で紹介した「可哀そうなカテマス」がまたも可哀そうな回答を入れています。

湿潤バカのturuchan_40は…
こちらのベストアンサーとなった回答者も以前こちらの質問で消毒を勧める素晴らしい回答を入れたのにやはり私がベストアンサーになった事が気に入らずにやって来た様です。

またここのもう一人の回答者は夏井医師による湿潤療法だけでなく、無意味なフィブラストスプレーや有害なエキザルベ、ヒルドイドを崇拝し、挙句の果てには「毒を食らわば皿まで」で消毒やゲーベンクリームも場合によっては推奨したりしていますから救い様がありません。

この方の質問履歴とそのコメントも素晴らしいですが、その中の一つがこれです。
ちなみにここのベストアンサーも以前火傷に無知な回答を入れていて私に恥を書かされた医療関係者でした。
同じ質問者さんの6日後の質問でいかに無知だったかが良く判りますが、この後なぜかすぐに回答をやめています。
良い人そうだったのに残念ですが正しい真実を知った様です。

また、もう一人良く同じ様な内容の長い回答を入れる方も最近発生していますが、上記の方と同じ病気の様で、やはり夏井先生が嫌いなだけと言う事が良く判ります。

また、この方たちはそれなりのベストアンサー率ですが、殆どが投票だったりします。

最近は私の回答が投票受付になったとたん、10以上の投票が入りますが、まず知恵袋ではありえない投票数ですので、意図的に投票している可哀そうな集団が存在する事は容易に想像がつきます。
私がベストアンサーにならない様に必死に投票している方が誰なのかもすぐに見当が付きますがね(笑)。




※ 閲覧されている方へ。

もし、私のこのブログに来た方で、湿潤療法の良さが理解頂けた方が見えましたら、この正しい治療の認知度を上げるためにも、宜しければ現在投票受付中の私の回答に1票入れていただければ幸いです。




医療の世界もそうですが知恵袋でも、新しい治療を推進する者とそれを認めたくない(理解出来ない)頑固な無知とが対立しており、情報も混乱してる状態です。

私は知恵袋では多くのベストアンサーを頂いていますが、殆どが投票ではなく本人からのコメントで良い評価をもらっており、最近はリクエストも増えています。
最近はリクエスト私だけしか回答していない質問でもでも投票受付直前にこんな回答を入れて投票にしたがる上記の可哀そうなストーカーもいます。

しかし、私だけではなく他の湿潤療法を勧める方たちの回答を増やすためにもしばらく様子を見ても良いかなとも思っています。

もちろんリクエストや私にしか答えられない様な質問には回答しますが、知恵袋で湿潤療法に無知な回答が入って悩んだ時には遠慮なくこのブログに遊びに来て参考にして頂ければ有難いです。
もちろんこのブログのコメントを読めば判りますが、質問も遠慮なくして頂いても構いません。
経験上判る範囲でお答え致します。

私も経験者なので良く判りますが、火傷をした時はとても不安になりますし、ましてや小さなお子様が火傷をされた時のお母さんのご心境は相当だと思います。

また現在ガーゼでの火傷治療を受けていて担当医から「火傷の深さは2週間経過しなければ判らないし、痕が残るどうかも判らないし、植皮の可能性もあります」などと言われて悩んで見える方たちに対して、正しい治療を知る事によって不安が減って勇気づけてあげる事が出来れば良いなと思って、知恵袋での回答とこのブログを更新しています。
ちなみにこのブログの1日の平均アクセスは300件程度ですが、そう更新していないのに多くの方が興味を持って来て見えるのが良く判りますし、夜中に「火傷」で必死で検索してこのブログにたどりついて希望をもった方も多い事と思います。


私は経験者だから言える事です。

医療は日進月歩で進化しています。

湿潤療法未経験者の集団が発信する無知で低レベルの間違った情報に惑わされない様にしましょう。







追伸です。(10月22日)

その後、新たに私に対して<こんな回答>を入れる無知な方が増えました。


しかしこの方は次の<別の質問>で回答を入れてすぐに、ぱったりと回答を止めていますが、私以外に湿潤療法を勧める回答が多く、また、このブログを見た事で、無知から知識人になって恥ずかしくなったのでしょうね。

普通の方は殆どがこのパターンなのですが、前出の無知で可哀そうな方たちは症状が深いのでここでもまだまだ元気なのが良く判ります。

そしてさらに彼らはこの後もエキサイトしていく事になります。
湿潤療法について教えてください。…

これで彼らがいかに感情だけで回答しているのかが良く判る例です。

こちらは私がすぐにベストアンサーを頂きました。
湿潤療法について

ここではいつもの「基地外ニンニク蘭方医」「無知な看護師」「夏井先生嫌い」の3人組が説得力の無い「脅し」や、正しい処置に「残念」などと入れているのがとても笑えます。

挙句の果てには私のリクエストの<プラスモイストでの治療について>にまで押しかけて来て回答を入れていますが、これはすでに常軌を逸しています。
どちらが質問者さんをを翻弄しているかは皆さん直に判ると思います(笑。

必死に湿潤療法を否定する希少な方たちの今後の活躍も期待しましょう。
これも知恵袋の一つの楽しみだったりします。







再び追伸です。(12月4日)

現在発売中の週刊朝日増刊号の『新名医の教える最新治療 2012』に「創傷の湿潤治療」が掲載されていると言う事で、さっそく書店に行って買って来ました。

これです。

b0178879_13535469.jpg


内容はこんな感じですが「湿潤療法の名医」として夏井医師と川崎協同病院の和田医師が紹介されています。

b0178879_13544149.jpg



スプレー缶の爆発による火傷で植皮と言われた方が、夏井医師の治療で簡単に治った事も掲載されています。

ちなみにこちらは和田医師の素晴らしい治療を受けた方の知恵袋の質問です。

現在こちらの質問で異常に食いついて来ている夏井医師が嫌いな回答者はこれを読んでもまだ、夏井医師の治療は一般の湿潤療法では無く、特殊なある一派の治療であると言い張るんでしょうね。

○○に付ける薬はないとはよく言ったものですが、こういった連中はもとより2ちゃんで必死に夏井先生の悪口を書き込んでいる小心者の根暗な形成外科医たちも含めて一度脳にゲーベンクリームを塗った方が良いかも知れませんね(大笑。

この質問者さんを始め、ここへ来た人は現在もまだ販売しているので、今後のためにも是非とも一度買って読まれる事をお勧めします。
[PR]
Commented by 木の葉っぱ at 2011-10-12 16:44 x
2106racingさん、お久しぶりです!
急に秋らしくなり風邪が流行ってる様ですが、お元気でいらっしゃいますか?

我が家のチーの火傷した日から、11日で1年半になりました。
2度目の夏も無事に乗り切り、今では痕も気にならないくらいになりました。
昨年の夏とは違い、日焼けしても白く抜ける事もなかったです。
瘢痕も、色も薄くなりボコボコも平らになってきてます。
やはり火傷の治療も時間が癒してくれるのでしょうね。
そしてここまで火傷の痕が気にならなくなったのは、きっと湿潤療法のおかげなのだと改めてしみじみと実感してます。
1年半経ちましたが、火傷した翌日のガーゼを剥がす時のチーの泣き叫びは忘れられません。
従来の治療法を続けていたら、きっと私の気持ちももっと違ったものになっていたと思います。
自分を責めてただろうなぁ、と思います。

本当に、もっと多くの方に湿潤療法の良さが伝わるといいですね。

Commented by 2106racing at 2011-10-12 19:45
>木の葉っぱさん

本当にお久しぶりです。
9月15日の「自転車らしきモノ」の記事までは拝見させて頂いてましたが…

チーちゃんの痕も更新される度にかなり良くなっているのが判りますね。
まだまだ綺麗になる筈ですので楽しみにしましょう。

現在は以前よりも、湿潤療法の認知度が上がって来ており、素晴らしい回答を入れる方も増えています、逆に知ったかぶりの否定する連中も相変わらずウジの様に湧いてきます。
しかし、このブログで紹介している通り、余りにも低レベルですので、「こんな○○な連中が湿潤療法の普及を邪魔しているが、逆効果である」事にも気付いていないので笑えます。

そんな錯誤した情報が氾濫している中、迷わず正しい治療を選ばれた木の葉っぱさんに対して、チーちゃんは大きくなってから大いに感謝する事になると思います。
Commented by 山本研一 at 2012-01-13 08:01 x
はじめまして
湿潤療法が有効な場合もあることは理解していますが、全ての年齢性別の方の全ての症状に対してベストな治療法だとは言えないと思います。
素人が医療に関してあまり断定的な発言をすべきではないのではないでしょうか?
湿潤療法を勧める方々が、異様に他の意見に対して攻撃的なのも気になります。

http://togetter.com/li/240275
Commented by 2106racing at 2012-01-13 16:48
>山本研一さん

私のこのブログを全て読み、なおかつ多くのリンク先の、知恵袋の私の回答で湿潤療法を受けた方の質問や、湿潤療法を受けた方たちのブログを読んでからのそのコメントであれば、余りにも理解力が無さ過ぎますね。

湿潤療法を推奨しているのは、その治療を行っている医師とその治療を受けた患者たちですが、その患者の殆どは従来の治療を受けてから転院していて、どちらの治療も経験した上で湿潤療法を推奨しているのですからどちらが良いのかは考えるまでもありません。

逆に湿潤療法に否定的なのは、それを行った事が無い医師と、従来の治療しか受けた事がない方たちばかりですので、ただの知ったかぶりにしか過ぎませし、そんな無知な連中よりはたとえ素人でも経験者の方が治る治療を良く知っていたりするのが残念な現実です。
Commented by 2106racing at 2012-01-13 16:48
続きです。

以前テレビ番組「深イイ話」で夏井先生出演された時にも、湿潤療法は現在「地動説を唱え出した状態」であり、それに反対の感情の有る者は「天動説」を一生懸命信じているだけの事だと説明されていましたが、新しい治療が広まりだすと、それを良く思わない頭の悪い連中が邪魔をするのはいつの時代でも同じです。

湿潤療法を推奨している医師や経験者は、ひたすら従来の「合法な傷害治療」を続けている不勉強な医師に対しては憤りさえ感じています。

こういったコメントが入ればここに来た方がなぜこの素晴らしい治療がもっと早く広まらないのかの理由が判ると思います。

もちろん私にそんな無知な方の返事は無用です。
Commented by そら at 2012-01-18 21:29 x
はじめまして。
本日、yahoo知恵袋でのご回答ありがとうございました。

2106racingさんのおかげで
より、湿潤療法を学ぶ事ができました。

低温火傷という、先の長い治療になりましが、頑張ります。

Commented by 2106racing at 2012-01-19 22:28
>そらさん。

先程はベストアンサーを頂きまして有難うございました。

また、このページでも特集している「なかなか減らない知恵袋での無知な回答者」がちゃんとストーカーの様について来て、すでに湿潤療法の病院で処置を受けているのに何を思ったのか今更「水疱は潰すな」などとアホな回答を入れた事にも十分笑えたと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1079624690

私の回答通り、壊死組織が存在する低温火傷は治癒までに長い期間を必要としますが、他に出来る治療は植皮しかありませんので、あせらずゆっくりと治療されると良いです。

また、不安になったり判らない事があれば、遠慮なく知恵袋で私にリクエストの質問をされるか、こちらにコメントを入れられれば良いです。

ただ、知恵袋ではたとえ私へのリクエストでも、非常識な上記ストーカーが回答を入れて来る事がありますので気を付けて下さい。(大笑

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1079572005

大事にして下さい。
Commented by じゅん at 2012-02-04 10:41 x
初めまして。早速質問なんですが・・・。
先週、湯たんぽで低温やけどしてしまって湿潤療法をしようと思ってモイストプラスを購入してあてていました。
みずぶくれがあったのですがどうしていいかわからずそのままモイストをあてて過ごしていました。
3日前に水ぶくれがつぶれて、皮ははがさずにそのまま今までと同じようにモイストを貼っていたのですが
昨夜交換するときにモイストと一緒に皮が少しはげてしまってとても痛かったのです。
皮を取り除かなかったためでしょうか?
ちなみ今はラップに変えてそのまま湿潤を続行中です。
古い皮を取り除いてモイストに変えたほうが良いでしょうか?

知恵袋に・・とも思ったのですが直コメのほうが早いかなと思いましてこちらに書き込ませていただきました。

Commented by 2106racing at 2012-02-04 12:36
>じゅんさん。

遅くなりました。
水疱が出来た上皮は一度組織と切り離されていたのですから、すでに死んだ細胞であり、細菌の温床となるので湿潤療法では早々に除去するのが普通です。
これは眉毛カットのハサミを使うとうまく切り取る事が出来ます。

乾燥気味でこびり付いていた場合は、剥がした時には痛かったかも知れませんが、ラップを貼って潤ってくればその痛みはすぐに止まる筈です。

ラップでも良いですが、滲出液が多い場合は吸収力のあるプラスモイストの方が良いかも知れません。
ワセリンを塗って貼れば、湿潤度が上がってなお良いと思います。

湿潤療法で治療しているのは滲出液だけであり、ラップやプラスモイストはその補佐をしているだけに過ぎず、「常に新しい滲出液で程良く潤っていれば、どのような被覆材を使用しても効果は同じです。

ただ、低温火傷は時間をかけて受傷しており、白い壊死組織が存在する深い火傷である事が多いので、早めに湿潤療法を行っている医師の治療を受ける事をお勧めします。

Commented by じゅん at 2012-02-04 16:58 x
ありがとうございます。
医者嫌いで自分でどうにか…なんて思ってしまっていたのですが^^;
月曜日にでも湿潤療法の医者に行ってみます。

回答、どうもありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-02-04 17:54
>じゅんさん。

水疱が出来る浅達性Ⅱ度の火傷はご自分での治療で簡単に治してしまう方が増えましたが、
水疱の下に白い壊死組織が存在するような深い低温火傷の場合は、滲出液で自己融解させる「保存的デブリードマン(除去)」を行わないと上皮化が始まりませんので、間違いなく医師の治療を受けた方が良いです。
もちろん湿潤療法以外では植皮しかありません。

大事にしてください。
Commented by まりん at 2012-02-23 01:14 x
2106racingさま 

アメブロに励ましのコメントを頂きまして 本当に有難うございます。

アメブロ初心者ですが 今はアメブロが一番人気ということで 検索をかけると 湿潤療法がいくつもhitしたので アメブロで 治療の過程を書いていこうかな・・・と 思い書き始めました。書く事で 自分自身を 見つめられるかと 思っていたのですが 思いがけず 2106racingさんに 初めてコメントをいただけて とても嬉しかったです。まさか コメントをいただけるとは 思っていませんでした。

その後も 私の事を アメブロの他の方に紹介していただいたり 本当に有難うございます。

落ち込んで いろいろと悩んでいる時ですので コメントを頂けて 本当に本当に 嬉しかったです。

これから先も 暖かく見守っていただけると嬉しいです。
Commented by 2106racing at 2012-02-23 13:02
>まりんさん。

コメント有難うございます。

私のブログで紹介している湿潤療法経験者の方たちは、皆さん一度は「植皮をしなければ治らない」と言われて不安になり、それから必死で調べて湿潤療法を受けてその目からウロコの治癒力に驚いている方たちばかりです。

もちろんそんな経験をした方たちは、今後、一人でも多くの方に、この天と地程も差がある治療を知ってもらって広めようと、ブログで経過をつづり、同じ様に悩んでいる方には励ましのコメントを入れられる様になります。

現在、一応湿潤療法を受けては見える様ですが、「消毒は百害合って一利なし」ですので、1日でも早く、夏井先生が推奨する病院で正しい湿潤療法を受けられる事を祈ります。

Commented by プチ・ベリイ at 2012-03-13 18:20 x
広島市在住です。
3日前に、湯たんぽで火傷してしまいました。
ネット検索していてこちらにたどりつき、落ち込んでいた気持ちがものすごく楽になりました。涙が出るほどありがたかったです。
病院に行くことを躊躇していた私でしたが、この中で、広島市中区白島の伊藤内科医院と、そちらにかかられた方のブログが紹介されていたことで、安心して診察を受けることができました。

この治療法をこんなに熱意をもってご紹介下さり、また、伊藤先生につなげていただけたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私も、ブログで自分の状態を記録していこうと思っています。
本当に本当にありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2012-03-13 23:19
>プチ・ベリイさん

コメント有難う御座います。
実はすでに11日にアメブロ検索でプチ・ベリイさんのブログは発見していましたが、コメント欄が無かったのでコメント出来ずにいました。
低温火傷は治癒には時間が掛かりますが、湿潤療法では植皮しなくてもちゃんと上皮化しますので、根気良く治療を続ける事が大事です。

きっと伊藤先生のサイトでも、何カ月か後には一番下のクミさんのお子さんの症例の次にプチ・ベリイさんの治癒例が紹介される事になると思います。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~itonaika/nesyo.html

また、湿潤療法での低温火傷での治癒経過はこちらの横浜の女性のブログを参考にされると良いです。
http://ameblo.jp/spicy--vanilla/theme-10036839418.html

ブログ等で低温火傷の湿潤療法での経過を載せている方は少ないので今後の経過を更新して頂けるのはとても有難いです。

また、遠慮なくコメントを入れて下さい。
Commented by プチ・ベリイ at 2012-03-17 11:38 x
2106racingさま

お返事ありがとうございます。
私がこちらに書き込むより早く私を見つけてくださっていたとか。
見つけて下さってありがとうございます。
ごあいさつ遅れてすみませんでした_(_ _)_

ってことは、火傷の記録のブログを新たに作りましたが、たぶんすでに発見されちゃってますね(笑)

そのブログでも、もちろんこちらのブログの事、書かせてもらっちゃいました。←また事後報告ですみませぬ(汗)

横浜の女性のブログも読ませていただきました。
ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-03-17 17:52
>プチ・ベリイさん

もちろんすでに発見しちゃってます。

3月12日の写真では無かった壊死組織が14日にはしっかり出来ていますね。
これが滲出液によって自己融解して無くなれば上皮化が始まります。

また、浮腫みや鈍痛もある様ですが、手先、足先の火傷では毛細血管が損傷を受けていて、特に下肢は血流の関係でジーンとした痛みが続く事があります。

それはいたって普通の事であり、何日かすると治癒が進んで痛みも全く無くなります。

<質問に回答>より
【下腿熱傷の患者さんで時々,非常に痛がる人がいます~中略~なぜでしょうか?】
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#087

愛知県の<きよすクリニック>の説明
http://www.kiyosu8823.com/se3_diary/se3_diary/24.html

こちらの、お母さんが右腕に広範囲の火傷を負った元看護師の方のブログも参考になります。
http://ameblo.jp/oda-u/theme2-10047771168.html
受傷後10日~15日までは右腕がパンパンに浮腫んでいましたが、自然と引いています。

今後の順調な経過の更新を楽しみにしています。
Commented by プチ・ベリイ at 2012-03-18 12:15 x
やはりっ♪
見つけてくださってありがとうございます。

浮腫みや鈍痛の不安も、的確なアドバイスから、治っていくプロセスだととらえることができ、安心しました。
伊藤先生から、あまり歩き回らない様にと言われましたので、同じだ~と思いました。

お母さんが右腕に広範囲の火傷を負った元看護師の方のブログも、読ませていただきました。
ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-03-18 16:33
>プチ・ベリイさん

私もそうでしたが火傷を負うととても不安になります。
ましてや初めての治療法であればなおさらです。

しかし、湿潤療法に無知だったり、知ったかぶって否定する医師たちは、それを良い事にありもしない嘘で固めたデメリットの説明をしてまで痛い旧式の治療を受けさせようとしますが、患者の方で調べて逃げる様に転院して、正しい治療を選択する方が増えました。

それは、湿潤療法経験者の皆さんによるブログのおかげも多いと思います。

プチ・ベリイさんも仲間入りしましたので、今後も閲覧された方にも良く判るブログを作って頂けると有難いです。

きっと同じ様に不安になった方を救う事になるのは間違いありません。

また、解からない事があれば遠慮無くコメントして下さい。
Commented by プチ・ベリイ at 2012-03-20 11:42 x
私の場合、初めから2106racingさんにたどり着けたのが、本当にラッキーでした。

経験者しかわからない、ものすごく不安な気持ちを、誰よりもわかってくださっていて、すぐにコメントを下さり、本気で支えて下さってると実感しています。
すくわれます。ありがたいです。


そして、こちらも私にとってのラッキー♪伊藤内科♪

伊藤先生は、古いものにこだわらず、患者に良いものは取り入れていくという姿勢を感じます。
とても患者想いで、とても勉強熱心だと思います。

湿潤療法についても、よくご存じですが、現在も週一で勉強に行かれてるようです。
患者として、本当にありがたいです。

湿潤療法、もっと一般的になってほしいものですね。
また、何かあれば相談にのってくださいませ。
いつも、ありがとうございます。感謝☆


Commented by 2106racing at 2012-03-20 21:30
>プチ・ベリイさん

いえいえどういたしまして。

湿潤療法を受けた経験者の殆どの方には、まだ数少ない病院でしか行っていないこの最新の治療を最初に受けた時点でなぜか「もっと広めなければいけない」と言う使命感が湧きます。

ご自分のブログを持っている方はブログで経過を綴り、そうでない方は出来るだけご自分の周りの方にこの治療がいかに良いかと言う事を一生懸命伝える様になります。

そうやってこの治療を選択して受ける方が増えて行く事によって、この治療に切り替えざるを得ない病院が増えて行く事になります。

湿潤療法に移行する過渡期にある現在、私たちがどれだけこの治療法の素晴らしさを他の方に伝えられるかが大事だと思います。

すでに多くの方の参考になっている例の横浜の低温火傷の女性のブログも昨日1年後の経過を更新されました。

今後、プチ・ベリイさんのブログも多くの方が閲覧される事になると思いますので、腕の良い名医の手できっちり治しましょう。
Commented by 森郁弥 at 2012-03-22 05:03 x
俺は5歳のころに85%やけどしました。

今二十歳なので15年前です

顔だけはやけどしませんでした。

がんばってください!
Commented by 2106racing at 2012-03-22 07:32
>森郁弥さん。

応援のコメント有難う御座います。

5歳で85%熱傷とは…、良く助かりましたね。
顔だけでも火傷しなかったのは、さらに奇跡ですね。

森郁弥さんも頑張って下さい。
Commented by mamoken at 2012-03-29 19:16 x
3月27日に、ヒーターの前で寝てしまい、ふくらはぎを(低温)火傷してしまいました。
朝目が覚めた時には、水ぶくれができていて、今さら冷やしても駄目かと思い放置。
仕事に行き、知人にも話していたのですが、皆声をそろえて「水ぶくれは潰しちゃダメ。」だとか、「アロエがいいけど、ないんならオロナインでもいいんじゃない?」などなどアドバイスしてくれました。家に帰り見てみると、朝の2倍ほどの大きさに!?
500円玉くらいで、厚みは7~8mmくらいだったかな?
まん丸に肥大した水ぶくれを見ながら、そういえば動くたびにピリピリ軽い痛みが走っていたのが、水分に持ち上げられて皮膚が剥がれる感覚だったんですね~(>_<)
このままでいいわけない!とインターネットにかじりつき、検索しまくったら2106racingさんに出会えました。すぐに水ぶくれをつぶして、皮もきれいに取り除き、水で洗ってワセリンがなかったので拭かずにラップで巻きました。
ラップを巻いたとたんうそのようにヒリヒリ感がなくなり、びっくりしました。
それからも今日に至るまで、暇さえあれば携帯で検索してました。
Commented by mamoken at 2012-03-29 19:17 x
湿潤療法が、なぜ一般的に知られていないのか、2106racing さんのご努力もほとんど読んだと思います。
私は、ブログなどやっていないのでとりあえずアドバイスをしてくれた知人に教えたりしてます。
一応、経過を楽しむ為、知人に見せてあげる為に写真撮影は毎日しています。
いつかこの写真も役に立つ事があるかもしれませんしね。
火傷の治療がこんなに楽しい物になるとは思いませんでした。
無知でいる事が、こんなにも恐ろしい事だという事も…。
本当にありがとうございました。
私も微力ながら、湿潤療法を広めて行きたいと思います。
ワセリン買ってこなきゃ(^^)
パワーパッドも見てみます。
Commented by mamoken at 2012-03-29 21:23 x
初めてのコメントなのに、長文で失礼致しました。

コメント入れたりするのも初体験だったので、文字間もあまりなく読みづらいですね。

ごめんなさい(>_<)
Commented by 2106racing at 2012-03-29 21:36
>mamokenさん。

いえいえ。私のブログがお役に立てて何よりです。
また知恵袋での素晴らしい回答フォロー有難う御座います。とても心強いです。

ただ、低温火傷はその回答通りに深い火傷となる事が多く、1週間以上経過してからでも白い壊死組織が発生する事があり、その場合はご自分での処置は無理ですのでお近くの湿潤療法の病院を受診される事をお勧めします。

また、低温火傷を湿潤療法で治癒例を掲載された症例やブログも少なく、mamokenさんの写真も、今後もきっと何かの役に立つと思いますのでちゃんと記録しておいて下さい。

また、キズパワーパッドは低温火傷の様に滲出液がたくさん出る火傷では、すぐに膨らんで液が溢れ出して早めの交換を余儀なくされますので、とても不経済です。

そう言った火傷には、夏井先生が開発されたプラスモイストや穴あきポリ袋と紙オムツのセットを使用された方が吸収力もあり経済的で良いのではないかと思います。

Commented by 2106racing at 2012-03-29 21:40
続きです。

プラスモイストは大きなサイズを切って使うのでお値打ちです。
http://www.zuiko-medical.co.jp/P_indi.html
http://www.wound-treatment.jp/next/wound355.htm#shop

その創面に当たる部分だけのプラスモイストトップはさらにお値打ちです。
http://item.rakuten.co.jp/anzianashop/pmtp/?scid=af_ich_link_txt

穴空き穴あきポリ袋と紙オムツのセットはこちらの回答を参考にして下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1283247052

もし、最終的にご自分で壊死組織がある低温火傷を治癒させる事が出来たら、夏井先生のサイトで「ガーゼ治療のプロである医師でも植皮しなければならない様な低温火傷を素人さんが簡単に治してしまった」例と紹介してくれるでしょう。
そうなると良いですね。

そのためにも、もし何か判らない事があればいつでも遠慮なくコメントを入れて下さい。

Commented by mamoken at 2012-03-30 02:19 x
わぁお。
お返事ありがとうございます!
今まで、私でもお役に立てる書き込みがないか調べていたので、遅くなりました。

何件か詳しい説明は、まだまだ勉強不足で出来ないので、湿潤療法と2106racingさんのブログ?「火傷の治療日記」を紹介させていただきました。

よろしかったでしょうか。

でも本当に湿潤療法を知らないもしくは、知っているのに目を閉ざしているのか、すごい回答がほとんどなのにはビックリでした。

プラスモイスト、穴あきポリ袋、紙オムツですね!分かりました。ありがとうございます!

幸運な事に、私は一応女性ですが、少しくらい痕が残ろうが、別にどーってこともないと思うような人種のようなので、(別に湿潤療法を疑っている訳ではありません)自分の体で検証してみるのも面白いかと思っています。

また何かあったらコメントしますね。

うわ、もうこんな時間だ!もう寝なきゃ!Σ( ̄□ ̄;)

明日時間があったら、薬局行ってみます。

ありがとうございました。おやすみなさい。
Commented by 2106racing at 2012-03-30 07:17
>mamokenさん。

了解しました。

ご自分で治療されるのであれば、くれぐれもこちらの夏井先生のサイトの説明を良く読んでおきましょう。

<低温熱傷はなぜ深くなるのか?>
http://www.wound-treatment.jp/wound151.htm
<低温熱傷の症例,及び,植皮術について考えること>
http://www.wound-treatment.jp/wound046.htm
<下腿低温熱傷>
http://www.wound-treatment.jp/next/case/945.htm
<低温熱傷の治療>
http://www.wound-treatment.jp/next/case/946.htm

上記症例には白色や黒色の壊死組織がありますが、これをデブリードマン(除去)しないと、絶対に上皮化(治癒)しないどころか内部から感染症を起こして最悪な事態になる事も有ります。

また、下肢の低温火傷の場合はジーンとした痛みが発生する事がありますが、これは3月17日の「プチ・ベリイさん」への私のコメントを参考にして下さい。

「プチ・ベリイさん」のブログも参考になります。
http://ameblo.jp/p-b-yakedo/

Commented by mamoken at 2012-03-31 11:40 x
こんにちは\(^o^)/

昨日は、火傷してから今までインターネットを見るために、だいぶサボっていた家事をしていたら、あっという間に夜でした。

仕事帰りに、薬局へ行ってみましたが、プラスモイストが見つけられなくて、白色ワセリンと防水フィルムを買って来ました。

紙オムツは、うちのワンコのトイレシートにしようかと思います。

キズパワーパッドの値段にもビックリでした。高いですね~( ´△`)

プチ・ベリイさんのブログも拝見致しました。

そう!まさにあのこぶたちゃんのような水ぶくれ!!

やっぱり私もプチ・ベリイさんの後をたどるのでしょうか。

今日で5日目ですが、腫れもないし痛みもありません。

傷口は、白っぽい部分が少し広くなったような…?という感じで、まだ劇的な変化はありません。

私の場合、ラップを水を拭かずにしかもワセリンも塗らずに巻いているからか、滲水物?もどの程度出ているのか分かりません。



Commented by mamoken at 2012-03-31 11:40 x
たくさん出ていれば、ラップから漏れてソックスが濡れたりしそうだけどそれもない。たしかに、ラップを替える時は臭いです^^;

皮膚も丈夫なようで、ずっと濡れたままラップされてるのに、まだかゆみもないです。

洗う時に、周りはゴシゴシしますが、傷口は怖くてさわれず、シャワーの水をあてるだけですが、いいんでしょうか?まったく触ってもいません。

痒くなって、耐えられなくなるまで、このままの処置にしてみようかと思ったりしてます。

ワセリンをつけたら、洗う時に傷口もゴシゴシしなきゃかなと思うと、つけられない…。
Commented by 2106racing at 2012-03-31 18:30
>mamokenさん。

プラスモイストは取り扱っている店は全国でも少ないので、私はネットで取り寄せました。
今後のためにも一つは買っておかれるのが良いと思います。

また、患部の周囲は滲出液によるカブレを防ぐために洗った方が良いですが、患部自体は滲出液が常に出てきて医学用語でいうドレナージ(余液の排出・排膿)が行われていますので無理に洗う必要はありません。
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#088

もちろん石鹸も使いません。
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#105

湿潤療法で火傷を治療しているのは細胞成長因子を含んだ滲出液だけであり、被覆材はその補佐をしているに過ぎず、創面さえ程良く潤って入れさえいれば何を使っても同じ効果ですので、ラップでも安くて、気軽に頻繁の交換が出来るので良いと思います。

ちなみにこちらの方は壊死組織が出来ずにキズパワーパッドで1カ月半で治癒しています。
http://ameblo.jp/sato-gokoro/entry-11193692449.html

こういう経過をたどる事を祈っています。
Commented by ma at 2012-03-31 22:51 x
知恵袋からも回答いただき、ありがとうございます。
私も湿潤療法で、何事もなかったように火傷が治った経験があったので、今や、世の中 湿潤療法が主流で消毒とか軟膏ガーゼが少数派だと思い込んでいたんです。
ですが、健康保険範囲外だとかなんやで多分・・・・知識のある(理解のある)医師も治療できないのかも?と思っています。

今は、軟膏+ガーゼ治療なのですが、自身で モイスキンP入手。プロペド中です。(何かあったら主治医に質問くらい)

今の先生以外にかかった インターンみたいな人は、なんと「イソジン」を。
心が折れました。自衛しかないのかな?と思うんです。

湿潤療法が一番いいって世界中で臨床例をあげる必要があるのかもしれないです。ね
Commented by 2106racing at 2012-03-31 23:21
>ma atさん。

さて、どの質問の回答だったかが思い出せずにいます。どうもすみません。

やはり旧式の古臭くて間違っていた治療を学会(熱傷学会や形成医学会)が勧めているので、それに従っている医師が多いのは仕方が無い事かも知れません。

とりあえず今のところは、湿潤療法を受けた経験者がその治療の素晴らしさを広めて行く事も大事だと思って、知恵袋での回答をバカの一つ覚えの様に続けています。
Commented by mamoken at 2012-04-01 10:02 x
コメントありがとうございます。

やっぱりネットですよね。
買っておこうと思います。

昨日撮った写真は、一昨日撮った物と見間違えるほど、何の変化もありませんでした。

でもこんな傷口が、痛くもなく、瘡蓋もないのに化膿せず、今に至るのが、不思議な気持ちです。

痛くはないのですが、細胞が動いているような?変な感覚があります。

きっと見た目はよく分からないけど、私の細胞たちが何かしら一生懸命頑張ってくれているんだるうな~。

話は変わりますが、そろそろ私の丈夫な皮膚も、限界が近いようで、痒みはないものの毛穴?のあたりが、少し赤くなってきたようです。

このままだとちょっと可哀想なので、ラップ巻きをやめよかと思うんですが、あまりこの環境を変えたくないので、防水フィルム直張りなんてどうかと思ったのですが、乱暴すぎですか?

Commented by mamoken at 2012-04-01 11:22 x
はっ(((・・)

傷口より少し大きめにラップを切って、その上に防水フィルムはどうでしょう?
Commented by mamoken at 2012-04-01 12:00 x

ん?

ラップの上におしめでテープの方がいいのかな?

何か分からなくなってきました。

防水フィルムの注意書きをよく読んでみたら、「防水目的後はすみやかにはずしてください。」とあるので、長期間使用は避けるべきみたいですね。

まあその前に、「傷口を消毒し、ガ-ゼ等を当てて貼ってください。」ですから、何のめやすにもなりませんけど…(>_<)

この注意書きも書き替えないと、これから湿潤療法が当たり前になっていくにしたがい、訴訟等の対象になるんじゃないかしら。

製造元さん大丈夫かな~。

その注意書きに騙されてしまう人がいると思うと、またそれも可哀想(T-T)

すみません。今日は仕事がお休みなので、無駄に色々な事を考えてしまう1日です。
Commented by 2106racing at 2012-04-01 15:51
>mamokenさん。

実は防水フィルムもフィルムドレッシングと言って、湿潤療法でも保護用の被覆材として使われますが、直接傷に貼らない様に謳ってある物が殆どです。

その理由はこちらで回答しています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284568772

フィルムは滲出液の少ない浅い擦り傷やかなり上皮化が進んだ火傷の処置で使用しますが、吸収力が全くない事を理解してこまめに貼り替えるので有れば治療初期に使用しても全く問題有りません。

また、水は遮断しますが、空気は透過させますので、ラップやハイドロコロイドよりは患部周囲の皮膚への負担も少なく、長時間貼っていても皮膚炎も起こし難いどころか、貼っている事を忘れてしまうくらいです。

私のブログの2010年の1月のページでも溶接の火の粉による小さな火傷をキズパワーパッドと防水フィルムで治療していますが、参考になると思います。
http://ooyakedo.exblog.jp/m2010-01-01/

湿潤療法の最終で防水フィルムでケアしている方の写真入りの質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1247399097

参考にして下さい。
Commented by mamoken at 2012-04-02 08:14 x

おはようございます。

昨日4日目と5日目の写真がまったく変化なし。と言いましたが、間違いでした(-_-;)

私の写メの腕も上がったかと思ったら、同じ写真でした…。

実際は、少し傷口の周りが赤みを帯びていました。

昨日も変わらずです。昨日の夕方あたりから、物に当たったり上から押さえると少し痛いです。

でも、歩いたりしてても触らなければ痛くありません。

今日、直貼り試してみます!

毎日ご指導ありがとうございます。もうしばらく…て、いつまでかかるのか分かりませんが、お付き合いください。

よろしくお願いいたします。
Commented by 2106racing at 2012-04-02 13:06
>mamokenさん。

湿潤療法での治療中に、患部を押した時に痛みがあるのは、全く普通の事であり、痛みを感じない深い火傷の状態から毛細血管が復活して来て神経が反応する様になって来たのではないかと思います。

まだしばらくは同じ状態が続くと思いますが、頑張って治療を続けましょう。
Commented by mamoken at 2012-04-03 02:17 x

うおおおっ!?

スゴいです!!
今日は忙しくて、朝防水フィルムを直貼りしたままこんな夜中になってしまったので、心配でしたが!

剥がす時に、周りがペッタリくっついていたので、滲水液がほとんど出てないって事は、まずい感じのやつなんじゃ…と、少しビビりましたが、ゆ~っくり剥がしたら傷口の右側、写真だと上の方の白っぽい部分がペロッと少しだけめくれました。

全然痛くもないし、白っぽかった部分が全体的にトロトロに(゜ロ゜)

こ、こ、これはやはり、あってはいけない物が蓋をしてたと言うことなんでしょうか!?

あわてて写真を撮っていたら、傷口から滲水液のしずくが!!しずくごとバッチリ撮れました-\(^o^)/

もう夜中なので、明日も朝から仕事。コメントは明日の朝にするつもりだったのですが、テンション上がりまくりです。

いやいや、でももう寝なきゃー。徹夜じゃ明日が怖い。頑張って寝ます(;_;)
Commented by 2106racing at 2012-04-03 14:41
>mamokenさん。

写真?はないので判りませんが、その白っぽい部分が壊死組織だとすると、滲出液によって自己融解して一部が取れ始めたのだと思います。

これは滲出液による壊死組織の保存的デブリードマン(除去)となりますが、滲出液の出が悪いときは、プチ・ベリイさんの3月19日の記事の様に注射針やメスで穴や切り込みを入れて滲出液が出やすい様にする事もあります。
http://ameblo.jp/p-b-yakedo/entry-11198016765.html

その白い部分が無くなれば上皮化が始まります。

Commented by mamoken at 2012-04-03 19:25 x

すみません。
写真はありません。

自分で見た感想を述べただけでした。と言うか、ここに写真も載せられるんですか?

今まで、コメントなんかした事なかったので、まったくスキルがありません。

載せられるなら見てもらいたいのですが残念(T-T)

今日は、かなり痛いみたい(;_q)
仕事の時は人の目があるからか、普通に歩いてたりしてたけど、家に帰って来たらびっこひいてる私がいる。

横になったり、足を上に上げたりするとなるほど痛く無くなります。

でも、プチ・ベリイさんのように足が腫れる事もないし、傷口も昨日よりトロトロしてて、シャワーを数分当ててたら周りのほうから剥がれてきました。

剥がれ落ちるまでいかなかったからまだご健在ですが、どんどん浮いてきてるみたいです♪

恐るべし防水フィルム効果です。
夜のシャワーが楽しみ(^-^)♪
Commented by mamoken at 2012-04-03 23:48 x

こんばんわ(__)

夜シャワーあててたら全然痛くないし、いけんじゃね?と思い、初めて傷口をこすってみました。軽くですけど…。

そしたら、昨日少しめくれたところが半分くらいまでペロペロめくれたんですが、そこでピリッと痛みが走ったので、そこまでで断念。

なんか触った感じ、柔らかいけどしっかりしてるような湯葉?のような感触でした。

前にコメントした時より、痛みは軽減したような感じです。

痛いというより立った時とか、つっぱるようです。傷が収縮しようとしているんでしょうか?

じっとしていた後に、動き出すとつっぱり感が強くて、うっ(>_<)、となりますが、しばらく動いていると気にならなくなります。
Commented by 2106racing at 2012-04-04 12:55
>mamokenさん。

とりあえず順調そうですね。
壊死組織も溶け出している様ですし。

写真についてはメールに添付する方法がありますね。
もし宜しければ非公開コメントでメールアドレスを教えて頂ければこちらからメールしますよ。
捨てメールアドレスを一つ作っても良いのではないかと思います。
Commented at 2012-04-04 13:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamoken at 2012-04-05 06:23 x

おはようございます。
今日で受傷10日目になりました。

昨日は、一昨日より痛みもつっぱり感も少なかったです。あの湯葉のような壊死組織が半分めくれたからでしょうか?

昨日昼に替える事ができなくて、夜防水フィルムを剥がすと、滲水液が今までで一番たまっていたようです。

シャワーで洗う時めくれてたとこは取れて、すっきりしました。

今朝まだ替えてませんが、痛みはさほどありません。

昨日もあったけど、たま~に「イタタタ」と言ってしまうほどの痛みが走ることがあります。何だろう?ほんとたまにですけどね。


Commented by 2106racing at 2012-04-05 08:32
>mamokenさん。

壊死組織がある程度取れた事で、滲出液のドレナージが順調に行われている様ですね。
これで感染症を起こすリスクは激減したと思います。

感染症ではズキズキとした疼通が続きますが、たまの痛みは気にしなくても良いと思います。
Commented by mamoken at 2012-04-06 13:19 x

昨日は、ほとんど痛みもなく1日快適でした。

朝シャワーした時に、タオルに石鹸つけて、ゴシゴシしたからかな?

軽く痛痒いくらいですけど、壊死組織も、少しづつ取れているようです(^-^)

2106racing さんのお陰です。いつもコメントありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2012-04-06 22:04
>mamokenさん。

メール有難う御座いました。
写真を拝見しましたが、とても順調な経過で有る事が確認できて安心しました。

受傷4日目で壊死組織が表面を覆いましたが、8日目に防水フィルムに変えた途端、滲出液による融解を始めたのが良く判ります。

中心部の壊死組織は継続して溶けて行くと思いますが、その間にも周囲からゆっくりと上皮化が進んで来るのでは無いかと思います。

低温火傷を「素人の名医?」が治して行く経過が楽しみです。
Commented by mamoken at 2012-04-07 14:26 x

やっぱり順調なんですね♪
ありがとうございます。ホッとしました。

全然痛くなかったので、たぶん大丈夫だろうとは思っていたのですが、写真見ていただけてホントに良かったです(T-T)

私の周りの知人にも、続々経過報告中ですが、やはり皆痕が残らないかどうかが気になるようです。

普通に病院へ通って治るパターンが残念ながら分かりませんが、なるべくキレイになるといいな~。

私自身は、前にもコメントさせて頂いたように、痕が残ってもいいんですけど、この治療方だと痛くもなく、こんなにキレイに治るんだよ!と、見せてあげたい~\(>▽<)/♪♪
Commented by 2106racing at 2012-04-07 17:57
>mamokenさん。

1月中旬に足首に低温火傷を負って、やっと今日上皮化された方のブログも参考になります。

http://ameblo.jp/yume788/theme-10052720457.html

この方は元々湿潤療法はご存じで、最初はキズパワーパッドによる処置でご自分で治療して見えましたが、貼りっぱなしにしていたため悪化してしまったので、10日後に皮膚科へ行ったところ消毒して乾燥させる様に言われた事を記事にされました。

しかし、それを見た私のコメントで、最近リストに登録された湿潤療法の病院へ転院され、無事上皮化されました。

mamokenさんの場合、この方よりは多少早く上皮化するのではないかと思います。
Commented by mamoken at 2012-04-08 06:42 x

12日目の写真見ました!?

10日目と比べると、傷口が一回り小さくなっているみたいです。

周りから上皮化してるんですね。

今残っている壊死組織も早く取れないかな~。

でも、2106racing さんがおっしゃる通り、もうすぐ上皮化しちゃうんじゃないかな?て、勢いで変化しているように思います。
Commented by 2106racing at 2012-04-08 12:41
>mamokenさん。

写真は拝見しましたが、本当に一回り小さくなっているのが良く判りますね。

壊死組織が無い部分は上皮化が驚く程早いのに対して、壊死組織があると上皮化が全く始まらないと言うギャップがスゴイですね。

毎日の変化を楽しみに?治療を続けましょう。
Commented by mamoken at 2012-04-09 06:50 x
昨日は、昼も夜もシャワーの時、痛くない程度にゴシゴシしてみましたが、まったく剥がれる気配もない感じです(T-T)

だいぶ深い火傷だったと、言う事なのでしょうか?

焦れったくて、ときどき針とかでほじくってしまいたい衝動が湧いてきます。もう少し様子を見た方がいいですか?

前は押さえると痛かったのですが、今は痛痒い感じです。

傷口もだいぶへこんでいるので、防水フィルムを貼る時、端の方からグッと押さえながら貼らないと、空気が入ってしまいます。

最初は、難しかったのですがだいぶ慣れました。

と言うか、空気は入らない方がいいんでしょうか?勝手にそう思っているのですけど…(- -;)
Commented by 2106racing at 2012-04-09 07:05
>mamokenさん。

壊死組織はゆっくり溶けて行く筈ですが、余りにもじれったければ鋭い切っ先のハサミや針等で切れ込みを入れてデブリードマンを行うのが良いでしょう。

以前紹介した夏井医師の説明です。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/946.htm

この方たちもデブリはしています。
http://ameblo.jp/yume788/entry-11168930746.html
http://ameblo.jp/p-b-yakedo/entry-11198016765.html

痛くは無い様ですが、やはり怖い様ですね。

また、空気は入っていない方が良いとは思いますが、多少は入っても問題ないと思います。
Commented by mamoken at 2012-04-09 08:43 x
コメントありがとうございます。
今朝もしつこくこすってみましたが、全然ビクともしませんでした。

きっと今晩何の変化もなかったら、我慢の限界な気がします。
そのときは、デブっちゃうと思います(>▿<)~♪

また報告しますね~。
Commented by 2106racing at 2012-04-09 21:23
>了解しました。

先程メールも送りましたが、頑張って下さい。
Commented at 2012-04-10 10:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamoken at 2012-04-10 14:15 x

昨晩、とうとうデブリました!

やっぱり全然変化がなく、つまらなかったので…。

でも壊死組織は、触った感じゴムのようで柔らかいかと思いきや、ハサミも歯が立たず、針で刺してみるとプラスチックに刺してる ような感じ!

か た い((((゜゜)!!

一皮一皮、薄く針で刺してハサミでチョキチョキ。しまいには、カミソリまで使い何とか一筋デブれたか?

ふくらはぎを除きこむ姿勢にも限界になり、今回はこれくらいで許してやろう(- -;)て、感じでした。

また様子を見ながら、デブっちゃうかも!?

実は今朝、時間がなくて替えておりません。キャ~

これから様子を伺います。ドキドキ
Commented by 2106racing at 2012-04-10 17:01
>非公開コメントさん。

いえいえ、お礼には及びません。私のブログがお役に立てて何よりです。

また、夏井先生ご本人に最終のチェックで「グッジョブ!」の太鼓判を押して頂いたとの事ですが、お近くに夏井先生が転勤されてラッキーでしたね。

きっと同じ様にこのブログを見て自信を持って自分で治療されている方も多いと思いますし、その様な経験をされた方たちは、知恵袋で私の回答について来るストーカーたちがいかに無知で可哀想な方で有るかが良く判っている事と思います。

余りあってはいけない事ですが、また夏井先生の病院に行かれる様な事があれば、私の事も宜しくお伝え下さい。
Commented by 2106racing at 2012-04-10 17:01
>mamokenさん。

写真拝見しましたが良く頑張りましたね。
その切れ目から滲出液が出てきて、壊死組織の融解を促進させます。

それを、溶けないどころか人体組織にも有害なゲーベンクリームをひたすら塗られ続けたり、メス等を使って除去される方がいかに痛い思いをしているかを考えただけでも可哀想です。

しかし、もっと可哀想なのは知恵袋で湿潤療法を否定するの私のストーカー回答者たちですが、そんな事は気にせず、また今日もひたすらおバカな回答を続けて恥をさらし続けているのです。
Commented at 2012-04-10 17:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-10 17:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2012-04-10 18:35
>非公開コメントさん。

低温火傷にしろ、靴擦れにしろ湿潤療法はまだ十分間に合います。
水疱を潰したのは正解ですが、消毒や絆創膏は患部を乾かして傷や火傷悪化させますので、水疱膜を眉毛カット用のハサミを使用して除去した後、ぬるま湯で洗って湿潤療法を行いましょう。

まず、瘡蓋になった部分は除去しなくてはいけませんが、これはしばらくぬるま湯を付けて少しふやかしてから、ワセリンを塗った食品用ラップやキズパワーパッドをしばらく貼りつけておけば保湿効果によって自然と自己融解して浮いてきますので、その後で簡単にツルンと取る事が出来ます。
これはお風呂に入っていると瘡蓋が溶けて剥けてくるのと同じ事です。

<痂皮の扱いについて>
http://www.wound-treatment.jp/wound137.htm
写真ではキズパワーパッド等と全く同じハイドロコロイドの医療版であるデュオアクティブを使って滲出液によって瘡蓋を自己融解させています。
Commented by 2106racing at 2012-04-10 18:38
続きです

また薬局で売っている防水フィルムを貼っておいても効果があります。
これは上のコメントのmamokenさんも現在行っているれっきとした「フィルムドレッシング」と言う湿潤療法の一種となり、とても経済的です。

この後ラップやパッドや防水フィルムを毎日1~2回以上のこまめな洗浄と貼り替えの湿潤療法での処置を続ければ、靴擦れの場合は2~3日で治ります。
こちらの回答を参考にして下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1281695347

しかし、白い瘡蓋がすぐに取れない場合、それは深い低温火傷での壊死組織の可能性が高く、ご自分で治療されるのは無理だと思いますので、お近くの湿潤療法の病院への早急な受診をお勧めします。
こちらの回答を参考にして下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1281951167

また判らない事や不安に思う事があれば遠慮なくコメントして下さい。

Commented at 2012-04-10 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2012-04-10 21:50
>非公開コメントさん

心強い励ましのコメント有難う御座います。

私のブログも、この様に火傷で不安になった方に対して、少しでも参考になっている事が判るとやはりとても嬉しいですし、湿潤療法を知りもしない癖に知ったかぶって否定するおバカな連中の相手に疲れたりしても、再びやる気が起きます。
Commented by mamoken at 2012-04-11 06:01 x

いつもありがとうございます!

昨夜、足りない気がして、もう少しデブってみました。

今晩変化があるといいな~。
Commented by 2106racing at 2012-04-11 07:29
>mamokenさん。

メールの写真では、追加デブリもうまく出来た様ですね。

これを知恵袋で写真付きで質問でもしようものなら、いつものストーカー連中は気が狂ったように「病院へ行け」と叫び続けるでしょうね。

また「医師でもないのに処置を指導すると医師法に低触する」などと脅す医療者連中の回答も発生するでしょう。

しかし、医師でも素人でも匿名の世界のネットの書き込みで医師法に引っ掛かる事はありえませんが、無知なストーカーたちは余りの悔しさに良くそんな回答をします。

上皮化した後にやってみるのも良いかも知れません。
Commented by mamoken at 2012-04-14 13:30 x
コメントだいぶ空いてしまいました。ごめんなさい(>_<)

2回目デブリをした次の日から、うす~くですけど毎日剥がれています♪やって良かった♪

私も微力ながら、1人でも多くの人に新しい創傷治療である湿潤療法を知って頂くべく、知恵袋の回答で、2106racing さんのこのブログや新しい創傷治療を紹介させて頂いてます。

まだまだ勉強不足ですが、間違った治療方を受けて、悲しい目にあう人がいなくなるためにも、1日も早く、創傷治療には湿潤療法が常識! の世の中になるといいな~。
Commented by 2106racing at 2012-04-14 14:58
>mamokenさん。

知恵袋で回答を始めて良く判ったと思いますが、いかに湿潤療法に無知な癖に知ったかぶった回答を入れる連中が多いかに驚きます。

その頭の悪さもスゴイですが、性格も陰湿でしつこく、確実に人には好かれていない連中で有ることも容易に想像出来ます。
こういう恥知らずな連中は死んでも治らない筈ですので相手にも出来ません。

夏井先生の苦労も良く判りますね。

Commented by mamoken at 2012-04-18 13:40 x
今日で受傷23日目になります。
順調に回復中だと思いますが、まだまだこの火傷との付き合いも終わりそうにないですね。

最近、この火傷と共に生きていると言うか、だんだん愛着のような物も生まれてきたような気がしています(^.^)♪

これもきっと、痛くない湿潤療法のお陰ですね。

知恵袋の回答で、別の方が投票によるベストアンサーに選ばれたものですが…

>黒く変色した皮膚はすでに壊死を起こしています
しかし下の皮膚を保護する働きがあり最新ではめくりません
しかしそのままでは二次感染を起こしますので抗生剤を含む
軟膏をガーゼに伸ばし貼り付けます
張り替えるとき皮膚に残っている薬はそのままにして
ねりかさねます、壊死した皮膚は最後までめくらない

とありましたが、これは?
科学的デブリードマンと言う事でしょうか?
しかも壊死組織が下の皮膚を保護するとは???

投票によるものだったので、質問者さんが正しい治療法をしている事を願うばかりです(;_;)/~~~



Commented by 2106racing at 2012-04-18 19:37
>mamokenさん

それは古い知識しかない薬剤師の個人的な意見の回答ですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1484882134

従来の治療ではゲーベンクリームを塗ると壊死組織が融解すると信じられ、科学的デブリードマンが行われていましたが現在は「言い伝え」である事が判っています。

夏井先生の<「症例とQ&Aで学ぶ最新の熱傷診療」を読む>の2番目の質問が参考になります。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound230.htm

ある意味人体の組織にとても有害なゲーベンクリームから、壊死組織がその下の組織を守っていると言えなくも無いですが、どちらにしろ上皮化せず、植皮コースまっしぐらですので一緒の事です。

投票受付になると、質問者さんはその後、一体どうなったか気になるので、質問履歴で投票受付が多いに質問者さんには、余り回答しない様にしています。
Commented by mamoken at 2012-04-19 06:02 x
そう。その回答です!

夏井先生のサイトは読んだ事があったので、科学的デブリードマンは全く意味のないものかと認識していました。

そこにあの回答だったので???何を言ってるの?みたいなね。

なるほど、壊死組織がゲーベンクリームから下の皮膚を保護しているのなら納得です(^_^;)

あの解答者さんは、その後に他の悩みを相談されていたので、とりあえず火傷に関しては、大丈夫なようでした(>_<)

Commented by 2106racing at 2012-04-19 07:21
>mamokenさん

知恵袋では医師や看護師や薬剤師等の医療関係者ほど、湿潤療法を知らないどころか、間違った知識を信じ込んでいるお○カな方が多く、そう言う連中に限って湿潤療法を経験された知識人の回答には、勉強とはならずにすぐに嫉妬される様です。

そんな方たちが私のブログネタとなり、より一層多くの方がそれを参考にして正しい事実を知る事にもなりますので、ある意味必要な存在だったりもします(笑。
Commented by mamoken at 2012-04-24 16:10 x
お久しぶりです。
今日で受傷29日目になりますか。

2~3日前から、上皮化した周りの皮膚に防水フィルムがくっつき気味になりました。

剝す時((+_+))イテテテって感じで、そのせいか傷口もチクチク痛かったので、昨日から防水フィルムの傷口に当たる部分にラップをくっつけてみました。

今朝起きたら全く痛みが無くなったので、しばらくこれで様子見てみます~♪

2106racingさん、まだまだご指導よろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-04-24 20:12
>mamokenさん

コメント有難う御座います。

防水フィルムでは通気性があるので少し乾燥気味ななるのかも知れません。

また、ご自分での治療もそうですが、知恵袋での素晴らしいご活躍も本当にご苦労様です。

先程、3歳のお子さんの火傷の質問に少し補足をしておきました。
質問者さんが参考にしてくれると良いのですが…
Commented by mamoken at 2012-04-25 19:24 x
ラッププラスで様子見と言いましたが、今朝は2106racingさんに教わったワセリンプラスにしてみました(>_<)

正直、ラップを創面に合わせて切り取るのと防水フィルムにキレイに貼り付けるのは神経を使う作業で、今までお手軽治療をしていた私には少し不向きかと思いました。

知恵袋の補足ありがとうございます。

私も補足で付け加えさせて頂いた通り、最初にあの質問を読んだ時は良く分からなくて(薬はワセリンでOKだと思っていたので、薬の名前などまったく覚えていないと言うか、興味がなかったです)、turuchan_40さんにリクエストしたほうが早いと回答しようかと思ったのですが、前に2度程そう回答した事があり、その2件ともリクエストしてくれなかったので、またそうなるかと思い、自分なりに調べて回答したんです。

小さいお子さんの火傷だし、早急に正しい治療法を知ってもらいたかったので。

だから補足して頂いてホッとしました。


Commented by mamoken at 2012-04-25 19:24 x
続きです。

その質問の次に入っていた質問「火傷のかゆみとその後の対処法について 」の方には、少しテンション高めの回答を入れてみました(^_^;)

後半にturuchan_40さんにリクエストした方がいいよと、紹介させてもらいましたがどう反応を返してくれるか楽しみです。不発に終わるかもしれませんが…。
Commented by 2106racing at 2012-04-25 22:19
>mamokenさん

湿潤療法では常に「程良く」潤っている状態が良いので、滲出液の量によって被覆材の種類や貼り替えの間隔を変えて調整する様にします。

また知恵袋ではやはり例のストーカーが現れましたね。
誰にも相手にされていないのに、必死で純粋な湿潤療法を否定し続ける可哀想な方ですが、殆ど病気の様相を呈していますね。

また、知恵袋ではどのような治療を選ぶのかは質問者さんの自由ですから、余り気にする事はありません。

気があればご自分でいろいろ調べる事と思いますし、いくつか回答をしている内の1人でも正しい治療を選んで頂ければそれで良いのです。

その方がただ単にラッキーであり、それ以外の方はアンラッキーなだけの事です。
Commented by mamoken at 2012-05-02 13:31 x
テンション高めの回答は不発でした(^_^;)

でも→軟膏を塗ってからサランラップで患部を軽く巻いた上で包帯で巻いたら治りが早くなる。とにかく、乾燥させてはダメ。
と回答された方がベストアンサーで、軟膏って所がちと?ですが、まあ湿潤療法らしいから良し?

質問者さんのコメントも→湿潤療法についても調べました。今はこんな療法になってるんですね~怪我をしたのが十年以上ぶりなので、医学の進歩にびっくりw
だったので、良かったです(^-^)

さて私の火傷は受傷37日目になりましたが、前回コメント入れたあたりからでしょうか、創面の壊死組織の上に薄い膜が出来てきて、最初は上皮化してるの?と思いましたが、 2106racingさんに相談した所、フィブリン層だと言う事が判明!

道理で、滲出液の量も減り停滞してた訳ですね。

昨日、被覆材もキズパワーパッドに変え今朝剝してみたら、そのフィブリン層が昨日より柔らかくなったようです。

これなら除去出来そう♪

明日の朝連休初日ですし、格闘したいと思います。

昨日注文したプラスモイストも今日届いたので、明日は格闘後に貼ってみようかと思います(>▽<)♪キャ~
Commented by 2106racing at 2012-05-02 18:25
>mamokenさん

知恵袋の回答でも、最近はかなり詳しい内容で回答されて見えますので、相当勉強されているのが良く判ります。
今後の活躍が楽しみです。

逆にこのブログで特集している、「湿潤療法に無知で嫌いな方たち」にとっては、「また厄介な火傷の湿潤療法経験者が一人増えた」と苦々しく思っているのでしょうね。

また、以前mamokenさんの回答を私の自作自演だと回答」していたバカ女医は、私のリクエスト回答でさえも投票受付になる直前にアホな回答を入れるネクラさんになりましたが、湿潤療法が嫌いなバカ医者は知恵袋でもやる事が大バカだったりして笑っちゃいますね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1085857155

知恵袋で湿潤療法を否定する医療関係者は、自分の無知さ加減を棚に上げて他人の知識に嫉妬する様な連中が多いですが、これは知恵袋だけでは無く、実際に湿潤療法を認めず、旧式の治療を行っている医師の考えの象徴として捉えても良いと思いますし、このブログに来た方たちにも良い参考になります。
Commented by 2106racing at 2012-05-02 18:28
また、このバカ女医は、当然のごとく、次の私の良いブログネタになるのは間違いないのでもう少し好きにバカをやらせてあげようと思ってます。

また、プラスモイストを使用した場合、防水フィルムやパワーパッドと比べて経過にどれくらいの違いが出るかを、また報告して頂けると有難いです。
Commented by mamoken at 2012-05-11 07:09 x
受傷46日目になりました。

前回のフィブリン膜除去は、ムリでした(ーー;)

このフィブリン君、薄いのになかなか頑丈で…すぐ気が付けばまだ柔らかかったかもです。

でも一応切れ目を入れたり、穴を開けたりする事は出来たので、キズパワーパッドを貼っていたら、くっついて少しずつ取れたのかすっきりしてきました。

壊死組織も融解されてきているようです。

おあずけになってたブラスモイスト、今日から試してみたいと思います。
Commented by 2106racing at 2012-05-11 16:56
>mamokenさん

先程メールで患部の写真を拝見しましたが、壊死組織の融解もかなり進んでいて良い感じだと思います。
あれだけ滲出液が出ているのであれば、ドレナージはちゃんと行われていると思われますので、残ったフィブリンは無理せずに自然に取れるのを待っても良いと思います。

プラスモイストは閉鎖性は無いのでキズパワーパッドの様なテープ負けやカブレは起き難く、とても良いのですが、それを止めるテープにやられて悩む方も多いです。
Commented by furiku at 2012-05-13 18:47 x
知恵袋の続きになります。
先生からは治癒期間を言われていませんが、教えていただいたブログの方を拝見すると2か月近くは見ておいたほうがいいですね。

となると、デュオアクティブをずっと使い続けるのは辛い気がします。

自宅にネットで購入したプラスモイストPは用意しました。


今の医院では、デュオアクティブET及びアクアセルを用いた治療になり、そして、ガーゼにて患部をこすり取ることは今後も行っていくと思います。
なので、ずっと痛みは続きます。
それで今後の通院はどうしようか悩んでしまいます。
今後もお世話になります、よろしくお願いします。
Commented by mamoken at 2012-05-13 21:10 x
おおっ!
furikuさんだ!!
ビックリした!
2106racingさんにメールします!
Commented by 2106racing at 2012-05-13 21:58
>furikuさん。

先程はベストアンサー有難う御座いました。

さて、実際の所、回答に有る様に湿潤療法を行う医師にも個人差があるので困った物です。
また、その医師は夏井先生のリストに登録している医師でしょうか?
そうでなければリストの病院に転院されるか、もしリストの病院であっても他の病院に問い合わせても良いかも知れません。

ただ、現在、何のために壊死組織のデブリードマンをするのかと言えば、壊死組織が蓋をしてしまってその下で細菌が増殖して感染症を起こす事を防ぐためだけですので、滲出液が出ている場合は医学用語で言うドレナージ(余液の排出)が行われているので感染症を起こす事はまずありません。

基本的に感染症さえ起こさなければ傷や火傷は自然に治癒するものなのですが、その感染症が怖いだけの理由で今までは人体細胞に有害な消毒+ガーゼ+抗菌クリーム軟膏での治癒の邪魔をする無意味な治療を続けて来たのです。
それでも感染症を起こす事が多かったのですが、湿潤療法では殆ど無いと言って良い程、極端に発症率が減りました。
Commented by 2106racing at 2012-05-13 21:59
続きです。

余りお勧めではありませんが、通常の湿潤療法での処置は被覆材を貼り替えるだけで、医師は何日か置きの診察時に感染症の有無と治癒の経過を確認するだけの事ですので、あくまでも自己責任とはなりますが、現在の医師の治療は中止して、mamokenさんの様にご自分での処置で治癒させる事も可能ではないかと思います。

また、まず無い事だと思いますが、感染症が起きた場合はそこら辺の病院へ行って抗生剤を処方して頂けばそれで済みます。

私は医者では無いのではっきりとした事は言えませんが、アドバイスくらいは出来ると思いますので判らない事があれば遠慮なくコメントを頂ければ出来る限りの対応はさせて頂きます。
Commented by 2106racing at 2012-05-13 22:03
>mamokenさん

先程メール有難う御座いました。

後ほど返事をしますね。
Commented by furiku at 2012-05-13 22:45 x
アドバイスどうもありがとうございます。
同じ湿潤療法でリストの医院であっても、医院によって微妙な違いはあるようですね。
とても親切で良い医師なので、申し訳ないくらいですが、あの激痛は考えてしまいます。
今の医院で、デュオアクティブをやめたいとか、プラスモイストを持っていき、これにしてほしいとか、患者が勝手に、色々指示っぽくするのもなあとは思って、悩んでしまいました。
でも、今の医院でも2週間経過後は、材料をどうするか話が出てくるでしょうか?

今日も、浸出液は傷口を覆う位でしたが、これから張替します。
今後もよろしくお願いします。

Commented by 2106racing at 2012-05-13 23:08
>furikuさん

リストの病院の医師であれば、ちゃんと相談すれば処置も考えてくれるのではないかと思います。
ましてや夏井先生の考え方に賛同してリストに登録されている訳ですから、夏井先生が開発されたプラスモイストを持ちこんで拒否される事は無い様な気がします。

湿潤療法はまだ歴史の浅い治療法であり、医師によっては患者の反応や意見を聞きながら現在勉強している可能性もありますので、まずは相談されてから今後の事を考えても良いのではないかと思います。
Commented by furiku at 2012-05-14 21:09 x
お返事ありがとうございます。
色々アドバイスいただき、完治まで頑張りたいと思います。
またお世話になりますがよろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-05-14 22:38
>furikuさん

いえいえ、どういたしまして。

また、判らない事があればいつでも遠慮なくコメントして下さい。
Commented by furiku at 2012-05-15 07:24 x
おはようございます。
お言葉に甘えまして、質問宜しいでしょうか

基本的なことですが、プラスモイストのメッシュ面に毎回付着する、濁った黄色いものは、浸出液ですか?それとも餓死組織でしょうか?

プラスモイストが、昨日晩から、傷口にくっついてしまっています。取ると、やっぱり濁った黄色いものがはりついていました。

指先なので、炊事やシャワーで、手袋をしますが、ムレ等が心配なので1日2回交換しています。
傷に張り付くということは、かなり浸出液が減っていると思われますが、この状態で1日2回も交換するのはやめてほうが良いですか?(浸出液で傷を治す目的から)
今日は、白色ワセリンをプラスモイストに少し載せてから貼ってみたいと思います。
宜しくお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-05-15 16:22
>furikuさん

今日はたまたま朝早くから仕事に出掛けてしまったので返事が遅くなってしまいました。
どうもすみません。

さて、プラスモイストに付着している黄色い物体はお察しの通り、滲出液と融解して取れて来た壊死組織の一部だと思います。

プラスモイストで乾燥気味になる場合は、貼り替えの間隔を1日1回に開けると共にワセリンを併用すれば湿潤度が上がります。

創面の変化を良く観察して置きましょう。
Commented by furiku at 2012-05-15 23:11 x
お忙しい中、お返事どうもありがとうございます。
プラスモイストのメッシュ部分に吸い取られて、メッシュが黄色くなっている部分は浸出液で、メッシュ部分に吸い取られず、ねばっこい黄色の塊が付いてる場合は、壊死組織であってますか?
浸出液が固まったものと、壊死組織の区別が良くわからないのです。
基本的なことですみません。

傷口の外周から薄い皮が出来ていますが、黄色く変色してきました。着色でしょうか

プラスモイストをサージカルテープで止めていますが、テープをはがして、傷口をちらっと見てみるのはアリですか?
少し観察してから問題ないなら、またテープ止めて、1日1回の交換にしていきたいのですが。
お時間のあるときで結構ですので、もし宜しければまたお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-05-16 06:58
>furikuさん

基本的に黄色く変色→滲出液、黄色い塊→壊死組織のカスと考えて良いでしょう。
壊死組織は滲出液によって融解していますので、見分ける必要はありません。

また、創面を観察する事に遠慮はいりません。
剥がして見て、また貼れば良いです。

湿潤療法は誰にでも出来る、とても簡単な治療法ですので、あまりいろいろな事を気にせずに気軽に考えれば良いです。

まず、起き無い事ですが、患部がズキズキと疼く様な痛みが発生して続く様であれば、その時だけ気にして、病院で抗生剤を処方して頂けば良いだけの事です。
Commented by mamoken at 2012-05-16 15:20 x
こんにちは(>▽<)/
受傷51日目になるmamokenです。

しばらく、furikuさんのジャマをしないようにコメント控えさせて頂きました。

そろっといいですかね?

私もプラスモイストを1日だけ試してみたのですが、創面は平坦になり良いのですが、フィブリン膜を除去するには、過湿潤気味なほうがいいのかと思い、またパワーパッドに戻して様子をみていました。

だいぶフィブリン君も剥がれたのか、スッキリして来ましたが、余計な物が無くなった部分から、少~しずつ上皮化が進んで行きそうで…。

実は2106racingさんからプラスモイストを貼るテープにビニールテープがいいかもと教えて頂き、試したくてしょうがないのです(>_<)何色も買っちゃったし。

壊死組織が無くなるのを待ってたら、同じ時期に上皮化まで完了しそうで(/ _ ; )

Commented by mamoken at 2012-05-16 15:21 x
続きです。

待ちきれず、何でもない部分にパッチテストをしてみましたが、2日以上貼り続けても痒くも何ともなりませんでした!

パワーパッドを2日間貼りっぱなしにした時は、さすがに私の丈夫な皮膚も負けてしまったので、いいんじゃないのコレ?て、感じです。

furikuさんは肌が弱い様なので、一度試してみる価値あると思いますよ。めちゃくちゃ安いし。

私もそろそろプラスモイストにしようかな~。
Commented by 2106racing at 2012-05-16 20:47
>mamokenさん

furikuさんもですが、短期間で治ってしまう?普通の火傷や傷の様とは違って、2カ月以上掛かる深い火傷や低温火傷ではいろいろな被覆材を試す事が可能ですし、やはり治癒期間が長い分だけ被覆材の違いによる創面の変化を(不謹慎ですが)楽しみ?ながら治療を続ける事が出来ます。

従来の教科書通りの治療であれば2週間経過しても上皮化しない火傷は植皮の適応となりますから、2カ月以上掛かって治っていく火傷の経過はそこら辺の医師には判らないのですが、判らない癖に否定する「知恵袋のバカ女医」の様な医師が多いのは事実です。

また既に、mamokenさんは私の知識を上回っている事は間違いありません。
Commented by furiku at 2012-05-17 00:01 x
>mamokenさん
ここ数日、コメント占拠してしまい、気をつかっていただいてすみませんでした。

>2106racingさん
詳しくありがとうございます。安心して続けられます。

最初に相談したときは、傷口がクレーター状態でしたが、急速に変化して、今は、平らとまではいきませんが、陥没はなくなりました。
「1日1回の交換で浸出液溢れ出す」まではクレーター状態でしたが、1日2回の交換をはじめたら、急激に変化をはじめ、更にプラスモイストにして、更に変化していきました。
上皮化に見えるのですが、まさかこんなに早く進むなんて。
本当に上皮化なのかどうか傷をじっくり見てみます。
Commented by 2106racing at 2012-05-17 07:29
>furikuさん

それは新しい肉芽が上がってきたのだと思います。
いわゆる上皮化の始まりで良い兆候です。

ただ、余り過湿潤を続けると過剰肉芽になったりするので気を付けましょう。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound277.htm



Commented by また繰り返してしまいました at 2012-05-23 04:32 x
以前(4月)に低温やけどについて質問させてもらった者です。
あれから、アドバイス通りにキズパワーパッドを1週間強貼り続けました。
跡は残ってしまいましたが、感染もなく傷はあっという間にふさがっていました。
こちらのサイトを見ていなかったら不安でどうしようもなくなっていたと思います。
冷え性なのでどうしても足元の湯たんぽが手放せず、昨日もまたやってしまいました・・・。
傷の位置は前回のちょうど真横辺りです。
前回は放置状態でしたが、今回は気がついたのが早かったので水で急いで冷やしたのですが(今は真っ赤な状態が多少引いた感じになりました)まだ水膨れもなく小康状態な感じです。
水ぶくれが出来るまではどのようにしておくのがベストでしょうか?
足の甲なので靴を履いた時にすれてしまうのがすごく心配です。
家にいる時は冷やし続けた方がいいのでしょうか?
入浴中も足をどうしたらいいのかも合わせて教えて下さると大変助かります。
Commented by 2106racing at 2012-05-23 08:21
>また繰り返してしまいましたさん

4月10日の17:29に非公開でコメントをされた方ですね?
現在も水疱が出来ていなければ、しばらく様子見で良いと思います。

キズパワーパッド等の被覆材は皮膚が欠損した火傷に有効であり、正常な皮膚の上から貼るとテープ負け等の皮膚炎を起こしますので貼らない方が良いでしょう。

保護のためであれば通気性があって皮膚への負担が少ない防水フィルムを貼れば良いと思います。
また、今後水で冷やす必要はありませんし、お風呂で濡れても全く問題有りません。

もし水疱が出来たり、皮膚が剥けたりした場合は既にご存じの湿潤療法でいつもの様に治されれば良いですよ。

Commented by mamoken at 2012-05-23 13:21 x
また繰り返してしまいましたさんは、1週間強で完治されたのですね…いいな~。

私はもうすぐ2カ月経つというのに、まだまだです(/ _ ; )

壊死組織もだいぶ厚かったので、しかたないんですけどね。

2カ月近くもラップや防水フィルムやキズパワーパッドを貼っているので、とうとう私の丈夫な皮膚も負けてしまいました(>_<)

明日から、プラスモイストにしてみます。
Commented by 2106racing at 2012-05-23 18:47
>mamokenさん。

3月13日にコメントを入れられている半月ほど低温火傷の先輩である「プチ・ベリイ」さんがいよいよ上皮化まで一歩手前に来ています。
http://ameblo.jp/p-b-yakedo/

本当に参考になりますね。

mamokenさんも上皮化した暁には、是非何らかの形で公表して頂きたいです。
日本で初めて、ご自分で深い低温火傷を湿潤療法で上皮化させた素人として、とても有名になる事は間違い有りません。

宜しければこのブログで紹介しても良いですよ。
写真は全て保存していますので。
Commented by mamoken at 2012-05-24 19:01 x
見ました!!
プチ・ベリーさん本当にもう少しですね♪

私も前からプチ・ベリーさんにコメントしたかったのですが登録しないとダメみたいなので、考えてしまいます。

上皮化完了したら、コメント入れようかな~。

>宜しければこのブログで…

えぇ~ホントに!?
私もブログ初トライしなきゃかと思っていたのですが、そうして頂けるとありがたいかも…。

う~ん。でも違う世界にトライしてみるのもまた魅力的…時間があるかどうか、またどうまとめたらいいのか難しいのですが、(凝り性なので)もうしばらく健闘してみます。

ムリそうだったら、その時はぜひお願い致しますm(_ _)m

でも大変じゃないですか?甘えてしまっていいのでしょうか?
Commented by 2106racing at 2012-05-24 20:49
>mamokenさん

プチ・ベリイさんのブログの「メッセージを送る」からでもコメントを入れられませんか?
アメブロ会員でないとだめかも知れませんね。

そうであればアメブロ会員になってアメブロを作れば良いのではないでしょうか?
そうすればmamokenさんの治療記録のブログ制作も可能です。

私のブログで紹介するのも可能ですが、やはりご本人で作ったブログの方が信頼性も説得力もあると思いますよ。

やり手のmamokenさんの事ですからブログなんかは簡単に出来ると思います。

頑張って下さい!
Commented by furiku at 2012-05-24 22:30 x
ご報告遅くなりました、すみません。
おかげさまで、完全に上皮化しました!
前回のコメント時、急速に上皮化が進んでいたようで、あっという間にふさがりましたが、薄い黄色味がかったカサブタが覆い、それをそっとはがしたら、中心のところを除き、下が透けるくらいの薄い皮が出来ていました。
その後、中心部分も、またカサブタが覆いましたが、本日、そっとはがそうとしたら、ぽろっと取れました。
上皮化後も、ずっとワセリン+プラスモイストで保護しています。
指先なので、接触も多いし、日焼けしやすいので、この先もプラスモイストかなあと考え中です。
プラスモイストに代わるものがあればそちらにしたいのですが。
上皮化後、少し盛り上がった感じがあるのですが、プラスモイストで抑えているといい感じがします。

壊死組織があったことと、火傷した直後、痛みが全くなく白い皮膚がむき出しだったということは、深達性Ⅱ度だったのでしょうか?
それにしても上皮化まで早かったです。

ここまで来れて、本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。
Commented by furiku at 2012-05-24 22:37 x
追記。
受傷して15日目で、薄い黄色味がかったカサブタをはがしたら、中心部分1ミリ程度を残し、上皮化していました。
その後、中心部分にふたたび、カサブタが覆いましたが、ほおっておき、本日、はがしてみたら、ちゃんと上皮化していました。
急速に良くなって、びっくりしています。
Commented by 2106racing at 2012-05-25 06:58
>furikuさん

コメント有難う御座います。また、上皮化おめでとうございます。

もちろん壊死組織がある火傷は深達性Ⅱ度以上ですが、そんな速度で治ったのは驚きです。
最初の知恵袋の質問ではクレーター状だったものが、17日のコメントでは平たくなっていましたが壊死組織さえ取れてしまえば上皮化は早いのですね。

さすがプラスモイストです。

宜しければ、知恵袋に質問形式で現在の写真を掲載して頂けると、今後閲覧される方の参考になるので有難いです。

しばらくは白色ワセリンで保湿ケアをされるのが良いでしょう。
Commented by mamoken at 2012-05-25 07:16 x
>2106racingさん

そうですよね~やっぱり自分で作ったブログの方がいいんですよね~(^_^;)

プチ・ベリーさんが、完治したら時間をみて何とかやってみたいと思います。

昨日から私もプラスモイストにしましたが、今日これから替えるのでまだ見ていませんが、楽しみです(^ ^)

また、報告します。
Commented by mamoken at 2012-05-25 07:28 x
>furikuさん

おめでとうございます!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

どうされたのかと思っていましたが、2106racingさんがメールで、便りのないのは元気な証拠だとおっしゃっていましたが、その通りでホントに良かったです。

それにしても凄まじい速度でしたね。

痛いの我慢して壊死組織ゴシゴシした甲斐があった?のでしょうね。あと、やはり範囲の問題なのでしょうか?

私も先が見えてきた気がします。

ありがとうございました♪( ´▽`)
Commented by 2106racing at 2012-05-25 18:38
>mamokenさん

了解しました。

また、例の知恵袋の中途半端な湿潤療法を受けた方は、残念ながら理解出来なかった様です。

水疱膜を潰しても残すのは、保存的治療と言って昔からあり、少し調べればすぐに判る事です。
ですから古い教科書通りに、その水疱膜がしばらくしてボロボロと取れて下の組織が顔を出すまでは火傷のレベルは判らないと言った説明を昔からしているのです。

また、例のストーカーも久しぶりにやってきて、とても無知な回答を入れていましたが、自分が混乱を招いている事に気づいていません。

せっかく最初に医療関係者の方の素晴らしい回答が入ったのに、今回は質問者さんも、BA回答者も残念な方たちの組み合わせとなった事がとても残念です。

Commented by kaz_s800 at 2012-05-26 01:35 x
あゎゎわ。ツルチャンさんのブログで紹介されても、大した回答できないですよ(笑)
ここ数ヶ月本業が忙しく、あまり回答入れてませんでした。
つたない回答ですので、援護射撃どうぞよろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-05-26 07:27
>kaz_s800さん

コメント有難う御座います。また、知恵袋ではお世話になっています。

最近は回答が少なかったので少し気になっていましたが、傷(特に落車)では経験を元にした素晴らしい回答がたまに入っているのを見ると安心したりします。

kaz_s800さんも同じストーカーに付きまとわれていましたが、良く我慢できますね。

本当は、○カは死ななければ治らないので相手にしない方が良いと判っているのですが(夏井先生にもそう言われました)私は短気ですのでどうしても我慢出来ずについ補足してしまいます。

私は出来るだけ回答を減らす様にしていくつもりですが、kaz_s800さんの今後のご活躍を期待しています。
Commented by mamoken at 2012-05-28 12:42 x
受傷63日目になりました。

前回のコメントからプラスモイストで様子を見ていましたが、昨日2106racingさんにメールで聞いてしまった「もしかするとビニールテープ直張りもいいかも」発言により、好奇心が抑えられず、昨夜からやってしまいました(>▽<)

昨日、周りの荒れてしまった皮膚が痒くて、どうしようかと思っていた所だったので。

替えたとたん、痒くなくなりました!

これは経験上いい状態だと思われます。今まで出会った痒みや疼きは何かしらのサインだったので。

恐るべしビニールテープパワーです。医療用でもないのに。

肌荒れが治るまで、このまま様子見てみます。治ったらまたプラスモイストにしようかな♪

2106racingさん、もうしばらくよろしくお願い致します。
Commented by 2106racing at 2012-05-28 18:28
>mamokenさん

先程メールで「白や赤のカラフルなビニールテープドレッシング」の素晴らしい写真を拝見しました。
とても楽しそうな様子が目に浮かびます。

従来の間違っていた治療でもガーゼ等の固定に皮膚が弱くてテープ負けを起こす方には、医療界の「伝説の裏技」としてビニールテープが良いとは聞いていましたが、最初に迷う事なく、直接創面に貼ってしまう様な根性を持っているのは世界広しといえどもmamokenさんしかいないと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/epozin22/24992791.html

医療用以外(以上?)の素材としてはラップ、台所用穴空きポリ袋に続き、第3のドレッシングとして注目を浴びるかも知れません。
これからはドレッシングは「色にこだわる」時代になるかも知れませんね。
Commented at 2012-05-28 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2012-05-29 07:47
>非公開コメントさん

いえいえ、無理に知恵袋に経過を載せる必要はありません。
そう言えば知恵袋でも非公開IDになっていましたね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1487258929
こちらこそ無理を言って申し訳ありませんでした。

何はともあれ、あのクレーターがちゃんと上皮されて良かったです。
mamokenさんも、こちらの回答で、非公開コメントさんの余りにも早い上皮化を羨ましがって見えました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1088105945
Commented by mamoken at 2012-05-31 18:16 x
受傷66日目のmamokenです。

62日目の夜からビニールテープ直貼り試していましたが、どうやら肌荒れにはいいのですが、肝心の創面には優しすぎ?たようで、64日目の昼過ぎに貼り替えようと思ったら、くっつき気味でした。

洗った後、少し乾かしてよく見てみると、またフィブリン君が!

なかなか難しいです。

針であちこち突っついた後、今度は創面ギリギリにキズパワーパッドを貼り、その上からビニールテープ。

こうすると、創面は過湿潤気味で周りの皮膚には滲出液が付かず、いい感じです。

2106racingさんがキズパワーパッドの上に防水フィルムを貼っていたあのバージョンです。

防水フィルムがビニールテープに変わっただけ。

2106racingさんから教えて頂いたサイトを参考に、昨日はフランス、今日はイタリアカラーで楽しんでます♪( ´▽`)

肌荒れも治まり、壊死組織ももうちょいかな~。

色々試し過ぎて、遠回りしてる感もありますけど、治ってしまったらもう試し様がないのでいた仕方ない。

自分の好奇心にも勝てません。それもこれも痛くないから!なんでしょうね~。

私の場合、湿潤療法は、ある意味治癒を遅らせます(ーー;)
Commented by 2106racing at 2012-06-01 07:39
>mamokenさん

知恵袋での例の植皮の衝撃的な写真付きの質問ではベストアンサーを頂いてましたね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1388215363
本当に素晴らしい回答でしたし、質問者さんにも気持ちが十分伝わった事と思います。

「時と場合によっては消毒、ガーゼ、植皮も必要」などと回答していた、最近おとなしい私のストーカーはこれを見ても同じ回答を入れていたでしょうかね。

植皮を勧められている方には、それを思いとどまらせる例になる事は間違い有りません。


フランス、イタリアと、国旗ドレッシングによる二カ国制覇おめでとうございます。
また低温火傷ライフを十分エンジョイされているのが良く判ります。

私もそうでしたが、治ってしまうと何か寂しいかも知れません。
Commented by mamoken at 2012-06-02 10:22 x
受傷68日目になりました。

あの知恵袋の質問は…ホントに回答しようかどうしようか悩みました。

でも植皮してしまった手はどうでも、せめて皮膚を切り取った頭の傷が早く治ってほしいと思いました。

ベストアンサーになっても質問者さんのコメントにまた泣けてしょうがなかったです。

早く治って髪の毛が生えてくるといいですね…。

本題に戻りますが、私の火傷治療ももう2カ月を過ぎ、楽しいけどまだ完治しませんね~。

壊死組織君が相当頑固です。

どうせ治るんだからと、痛くないように優しくし過ぎている気もしてきました。

最近こまめに針でツンツンしてます。被覆剤も変えてみます。

国旗を貼れないのは寂しいですが、今度はキズパワーパッド+防水フィルム!2106racingさん方式です(^ ^)





Commented by mamoken at 2012-06-02 10:24 x
続きです。

この間私の知人が転んで、膝や肘を擦りむいてしまったと見せてくれましたが…肘は放置で瘡蓋になっており、膝にはまだ出血があると言う事でガーゼが…(/ _ ; )

でも話を聞いたら、「乾かさない方がいいかと思って少しやってみたけど、ダメだね。全然治らない。」と断言しちゃってたし、周りに他の人も数人いて、この人に私が今何を言っても無駄な気がして、「瘡蓋にしない方がいいんだけどな~。」と独り言のようにいっただけでした(^_^;)

第一私の低温火傷が、2カ月も経つのにまだ完治していないという事実もあり(それだけ深かっただけなのに)説得力に欠けるのでorz

話を聞いていると、その知人は瘡蓋が出来て滲出液が出なくなった状態を治ったと言ってるみたいでした。

かなり親しい人なんですが、そんなにたいした怪我でもないようだし、何よりも助けを求められた訳でもない。

その処置でも感染したりせず治るようならそれでもいいか。という気持ちです。

深い火傷や怪我をしないと、湿潤療法の凄さには気付けないのですね(^_^;)
Commented by 2106racing at 2012-06-02 21:25
>mamokenさん

湿潤療法で診察するのは当然医師ですが、普段処置するのは殆どご自分だったりします。
つまりご自分で治していると言っても過言ではないと思います。

これが教科書の知識だけで、プライドの高い医師にはとてもじゃないけれど認められる事では無いので、条件反射的に湿潤療法を否定して、知りもしない癖に有りもしないデメリットで脅す連中が知恵袋でも多いのです。

ましてや手技を基本とする形成外科医たち程、自分の出る幕が無い治療が普及すると当然のごとく死活問題になりますので、認めない連中が多く、逆に普段の診療している科目が創傷や火傷に関係ない小児科や内科の医師たちが受け入れやすくなっているのも現実だったりします。

Commented by 2106racing at 2012-06-02 21:25
続きです

今は湿潤療法に変わって行く過渡期にあるのですから、これは医師でも患者でも先駆者たちが「痛くなく、早く綺麗に治る治療で得をしている」訳ですが、逆にそれが理解出来ない医師や患者に「それは損だ」と言っても判らない事なのですから、無理に勧めても反論されたりして自分が嫌な思いをするだけです。

コペルニクスがずっと「太陽が地球の周りを回っている」と信じている方に、地動説を唱えても判ってもらえなかった事と同じです。

その上、医師も患者も自己満足の世界だったりします。


Commented by mamoken at 2012-06-03 20:41 x
今日メールを送る前に、違う件で、名前が入ると困る状況があり、少しいじったので名前自体がmamokenになってる可能性があります。

迷惑メールになってるかもです。すみません(>_<)
Commented by 2106racing at 2012-06-03 22:11
>mamokenさん

メールは無事届いていて大丈夫でしたよ。
心配して頂いて有難う御座いました。

後、現在私へのいくつかのリクエスト質問にやはりあの「バカ女医」が投票受付にするために連続で回答を入れていましたね。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/candis_white_ardley1901
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3680

相変わらず「バカ」なのを晒していますが、もう少し続けて「本当のバカ」が証明された所で私のブログネタにさせて頂こうと楽しみにしています。

ご自慢の本IDにも突っ込ませて頂くつもりですが彼女は「やったらやられる」という事が判っているのでしょうかね。

本当に楽しみです。
Commented by りぃーーー at 2012-06-15 13:47 x
今日アメブロでコメントをいただいた者です。
2106racingさんからコメントいただけるなんて思ってもみませんでしたw
湿潤療法を知ったのはもちろん2106racingさんが色々なところで勧めてるのを見たからですw
知恵袋で質問したら絶対お返事をいただけるんじゃないかとも思ったんですけど投稿ができないのでブログで友達だったらどうするか聞いてみたんです^^;
今日朝今行ってる病院に電話で湿潤療法をしてもらえないか聞いたら今やってるのもそれのうちで次回診察の時に詳しく話しますと言われました。
今つけている軟膏はゲンタシンなのでネットで調べてたらワセリンの代わりにもなるようで安心してはいるんですけどやっぱりガーゼがダメなんですよね?
やっぱり次回診察(月曜日)を待たずして他の病院へ行くべきですかね・・?(と言っても明日の午前とかしかたぶんやってませんが。。)
ネットで自宅でもできるというのを見たので月曜日までそれをやってみようかとも思ってるんですけどやっぱり湿潤療法をやってる医師の判断のうえでやるべきでしょうか?
Commented by 2106racing at 2012-06-15 18:17
>りぃーーーさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

現在は湿潤療法に変わって行く過渡期にあり、最近の創傷治療の考え方として「傷は乾燥させずに湿潤させた方が早く治る」事が推奨される様になりましたが、従来のガーゼ治療から脱皮出来ない医師は、保湿効果の高いワセリン基材の軟膏を厚めに塗って保湿すれば、これも一種の湿潤療法であるという「無理やりな理由」を付けた中途半端な治療を行う事が多いです。
また、多くの方が、この下らない理由で丸め込まれて結局ガーゼを使う治療を続けられたりします。

この質問の方が良い例です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137075031

これは私のブログの2010年1月の<サギ湿潤療法病院について>で説明しています。
http://ooyakedo.exblog.jp/12721352/

湿潤療法とは基本的にラップを含む湿潤療法用の被覆材(ドレッシング)を使用して始めて湿潤療法と呼ぶのであって、ガーゼを使用した場合はたとえ保湿状態を保てたとしても湿潤療法とは言いません。
Commented by 2106racing at 2012-06-15 18:18
続きです

大体から、患部を閉鎖して外部からの細菌の侵入を阻止するドレッシングに対して、わざわざ細菌が侵入しやすいとても通気性の良いガーゼを使用するのには、明確な説明が出来ない筈です。

また、たとえ軟膏を厚塗りしたとしても、治療初期の滲出液が多い時期は、軟膏も液に溶けて、ガーゼの毛細管現象によって完全に一緒に吸収され、確実に乾燥が始まって固着しますので、毎日2回は病院に行ってガーゼを交換しなくてはならなくなります。

湿潤療法の場合は、何日か置きの診察時に医師に患部の状態を確認にして頂くだけで、通常の処置はご自分でするのが普通ですので、一度湿潤療法を受けた患者さんは同じ程度の傷や火傷ではもう病院へ行かずに自分で治してしまう方が多いです。

とりあえず自己責任とはなりますが、一度患部を洗って、軟膏も塗らずに(塗っても良いですが余り意味はありません)ラップを貼ってみる事をお勧めします。
皮膚の剥き出しになった神経が湿潤効果によって空気と遮断される事によって殆ど痛みを感じなくなりますので、お子さんの機嫌もすぐに良くなる事と思います。

Commented by 2106racing at 2012-06-15 18:29
続きです

もちろん、その時点から治癒が促進されるのは言うまでもありませんし、痛みを
みを感じなくなる事で、その処置が正しいと言う事を体が教えてくれている事が理解出来ると思います。

その処置をしたまま明日、湿潤療法の病院へ行けばこの質問者さんたちのコメントの様に褒められる事になります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1344723318
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1468497034

きっとその医師には、「これは○度の火傷で○○程度の期間で上皮化します」と言った明確な診断を下されると思いますが、それでも不安が残る様であれば、その後、掛かりつけの医師にその処置を診てもらっても良いのではないでしょうか?
きっとそれはしない事になると思いますが…

また、判らない事があれば遠慮なく質問して下さい。
Commented by りぃーーー at 2012-06-15 20:52 x
ご丁寧にありがとうございました。
このお返事を見る前に子供は寝てしまったので今日は今までの処置をしてしまいました。。
明日病院を変えようと思ってます。
HPで夏井先生のサイトを紹介されてたのでたぶん正しい方法だと思いますが行ってみて疑問を感じるようでしたら月曜日まで自宅でラップなどでやってみて月曜日にまた違う病院へ行ってみます。
ありがとうございました!
Commented by 2106racing at 2012-06-15 21:01
>りぃーーーさん

先程そちらのブログにもコメントを入れさせて頂きました。

HPで夏井先生のサイトを紹介されていたのであればたぶん大丈夫だと思います。
明日、「目からウロコが落ちた」記事が更新されるのが楽しみだったりします。

子供さんが起きたりしたら、ゲンタシンで良いのでベッタリと厚塗りしてあげて下さい。
ある程度保湿状態が持続しますので治癒は促進されます。
Commented by こんばんわ at 2012-06-16 20:40 x
今日行ってきました。
ただなんだかしっくりこず・・・^^;
とりあえずデュオアクティブを貼ることになり湿潤療法らしくはなったんですけど最初の病院で処方されていた軟膏(アンテベートとゲンタシン)をとりあえず持っていってそれを塗ってた事を話したら「せっかくそれ出てるならそれ塗っておこうか」と言われそれを両方塗ってからデュオアクティブを貼りました。
これは正しいのでしょうか・・・?
娘の火傷は「Ⅱで深めになるかなぁ・・」と言われました。
病院で軟膏2つを塗ってデュオアクティブを貼ったんですけど帰ってきてから見てみたら軟膏で滑ってるようでデュオアクティブがずれてきてました。。
患部がちょうど脇に近いところで腕を動かすと皮膚がよく動くので余計にずれやすいんだとおもいますが・・・。
色々見させてもらって湿潤療法は本来軟膏なしでもいいようなので夜寝返りでまたずれると思いデュオアクティブだけにしてみたんですけどマズイですかね?
次は月曜日に診せてと言われてるんですけど軟膏を塗ってから貼るように言われてるのに勝手に軟膏をなしにするのもいいものかな・・?とも思っているのですがどうなんでしょうか?
もしよかったらお返事ください。
Commented by りぃーーー at 2012-06-16 20:41 x
↑名前がこんばんわになってるの私です^^;
すいません間違えて名前のところをタイトルとかと勘違いして名前入れ忘れました^^;
Commented by 2106racing at 2012-06-16 23:18
>りぃーーーさん

コメントお待ちしていましたよ。

リストにある病院でも夏井先生曰く「湿潤療法への理解は医師によって温度差があるんですよ。」なのです。

こちらのブログの方は、リストの病院を受診したのに消毒されていて、最終的に夏井先生に診てもらっています。
http://ameblo.jp/aymhkr5/entry-11224102935.html

こちらの回答も参考になります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1288738262

この方たちに比べればまだ、まともな治療を受けていると思って良いでしょう。


Commented by 2106racing at 2012-06-16 23:19
続きです

ちなみに水疱膜は除去されたと思いますが、皮下組織は赤やピンクの状態で有れば浅達性Ⅱ度熱傷で2週間程度で上皮化します。

アンテベートやゲンタシンは塗っても問題ありませんが、仰る通りデュオアクティブ等の粘着性のある閉鎖型のドレッシングの場合には塗らないのが普通ですので心配いりません。

その医師の知識がどうであれ、湿潤療法で治療しているのはお子さんの滲出液に含まれる細胞成長因子による自己治癒力と、それを補佐する被覆材ですので、そう気にする事はありません。

また、判らなかったり、不安に思う事があれば遠慮なくコメントを入れて下さい。
Commented by mamoken at 2012-06-18 16:32 x
受傷84日目になりましたmamokenです。

前回のコメが6月3日だったので、もう15日も経過していましたね(>_<)

もともとまめな方ではないため、すみません。

あれから被覆剤を変えてみたり、いろいろやってますが、そろそろラストスパート?壊死組織もだいぶ薄くなり、デブリもほとんど出来ないくらいになりました!

周囲の肌荒れと壊死組織の融解との狭間で試行錯誤を繰り返しましたが、もう少しです。

壊死組織がほとんど無くなってきたせいか、滲出液の量が増えたようで、1日1回の貼り替えでは間に合わないようです。

肌荒れが改善されたのと思ったら、また滲出液で覆われたせいで悪化しちゃいました(/ _ ; )

今日はこまめに貼り替えてみます。

ブログもそろそろ始めなきゃかと思うと、少しドキドキですが、2106racingさんもうしばらくお付き合いお願いしますm(_ _)m
Commented by 2106racing at 2012-06-19 13:03
>mamokenさん

経過はとても順調?そうですが、私の23日で上皮化した深達性Ⅱ度と違って、Ⅲ度の低温火傷は本当に根気が必要ですね。

滲出液が増えて来た事で本格的な湿潤療法になりますが、同時に周囲の皮膚炎との戦いも発生します。

私の時も範囲が広かっただけに本当に痒みは辛かったですよ。

根気良く頑張りましょう。
Commented by mamoken at 2012-06-20 23:32 x
受傷86日目です。

昨日とうとうブログ始めましたー
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

2106racingさんには、教えなくてもすぐ見つけるだろうと思ってました(^ ^)

まだほんの序盤ですが、ぼちほちいこうと思います。

でも私の低温火傷もそろそろ壊死組織がほとんど無くなり、終わりが近付いてきているようなので、そううかうしてられなかもです(>_<)!

がんばりま~す!
Commented by 2106racing at 2012-06-21 12:45
>mamokenさん

既に楽しく?読まさせて頂いてます。

http://ameblo.jp/mamo-ken-8080/

低温火傷の治療経過ブログなのに、とても楽しそうに治療されているのが面白いです。
その明るさは、今年の冬に暖房器具の餌食となる方たちに一筋の光を与える事になるでしょう。
Commented by りぃーーー at 2012-06-27 22:58 x
こんばんわ。
先日は色々お世話になりました。
娘の火傷ですが今日病院で「もういいでしょう。デュオアクティブはもう貼らなくていいよ」と通院が終わりました。
ですがその後どうしていったらいいかとかのアドバイスもなく聞くのも忘れ帰ってきてしまいました。
確か紫外線対策をする事と保湿でいいんでしたよね?
保湿に関してはワセリンを塗ろうと思うんですけど塗るとベタベタするのはどんなもので保護したらいいのでしょうか?
紫外線対策については娘の火傷した場所がTシャツならギリギリ隠れる場所なんですけどそれならしなくても大丈夫なんでしょうか?
袖の隙間から・・なんて事もあるかもしれないのなら対策すべきでしょうか?(心配ならしたら?ってぐらいかもしれませんが^^;)
何かアドバイスがあったらいただきたいです。
よろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2012-06-28 13:11
>りぃーーーさん

返事が遅くなって申し訳ありません。
予定通り2週間で上皮化しましたね。

上皮化したばかりの皮膚は赤っぽくてすぐに乾燥しますのでワセリンでの保湿が一般的ですが、そう厚塗りしなくても薄くても(拭き取ってしまっても)問題ありません。
ワセリンはたとえ薄くても皮膚のしわに残って薄い膜を作ります。
常に水をはじく状態であればちゃんと保湿していると言えます。

服に擦れて完全に取れてしまう様であれば、こまめに塗る様にすれば良いですよ。

また、脇の受傷ですので、服を着ていれば露出する事は無いと思いますので紫外線は余り気にしなくても良いと思います。

早く治って良かったですね。
Commented by ありこ(=・ェ・=) at 2012-06-28 17:00 x
初めまして!いつもベストアンサーをとられているのを拝見していました(^-^)ここにやっと辿り着きました…
1週間ちょい前に右手首を揚げ油で火傷してしまい、近所の皮膚科に行き治療してもらってきました。しかしガーゼと何かの軟膏を塗ってもらって帰ってきて夜剥がそうとしたらくっついてしまっていて、痛くない剥がし方を検索しようとして主様の回答の数々を拝見し、ラップ療法に変えました。1週間ほどラップのみを貼って、保護の為に包帯を巻いていたのですが、あせもができ、臭いも気になってしまい、家事の時はラップも何も貼らずにいたら、水ぶくれが剥がれピンクっぽくなっていた所が乾燥?のせいかピリピリしてしまい、焦ってワセリンを買いに行きました。
水ぶくれが剥がれた所と、水ぶくれにもならず、茶色くなった所とあるんですが…もうひとつ質問なんですが、ピンクになったばかりの時に、転んで若干皮膚が裂けて?しまったんです…
今は白っぽくなっていて、液体等もでていません。しわのような物も寄っていて、このままひきつってしまうのかも不安なのですが…
お暇な時でいいのでお返事頂けると助かります(´;ω;`)
Commented by りぃーーー at 2012-06-28 20:44 x
お返事ありがとうございます!
2106racingさんのアドバイスは病院の先生以上で安心できます^^
今後ワセリンでしっかり保湿をしてキレイになるのを待ちたいと思います。
本当に色々お世話になりありがとうございました!!
Commented by 2106racing at 2012-06-28 21:40
>ありこさん

ラップを使用する場合は、範囲が広いと正常な皮膚にカブレやアセモを起こしますので、患部に限定するか、こまめに洗ってワセリンを周囲にも塗っておくと皮膚のバリアとなって皮膚炎は軽減されます。

臭いについても、湿潤療法で臭いのは普通の事ですので、こまめに洗う様にしましょう。
大体から体から分泌される液体で良い臭いの物はありませんので我慢しましょう。

また、湿潤療法でのラップを始めとする被覆材は、欠損した皮膚の代わりとして患部に潤いを持たせるために貼るのですから、そのまま湿潤療法を続けられば良いと思います。

また、変色している部分はⅠ度の軽い火傷ですので、ターンオーバーで角質層が修復されると共に綺麗になって行きますのでご心配なく。

また、判らない事があれば遠慮なくコメントして下さい。
Commented by 2106racing at 2012-06-28 22:03
>りぃーーーさん

いえいえどういたしまして。軽い火傷で良かったですね。

またブログの方に良い経過の記事を写真付きでUPして頂けると有難いです。
また、身の回りの方にもこの治療の良さを教えてあげて下さい。

Commented by ありこ(=・ェ・=) at 2012-06-29 11:52 x
お返事ありがとうございます!!

なるほど!このまま続けても大丈夫なのですね╰(*´︶`*)╯♡
主人から臭くない?笑。と言われ余計にきになってしまい…湿潤療法にもあまり理解が得られずで不安になっていました。゚(ノ□`。)゚。。
火傷自体あまりしたことなかったので、痕になってしまうのではないかと怖かったんです(゜ーÅ)
火傷ですが、手首の直径15センチ程にブーメラン型?に点々となってしまっていて、面倒くさくて長方形に切って使っていたので、これからちゃんと形に切って使いたいと思います(。ì​ _ í。)
丁寧なご説明本当にありがとうございました(=・ェ・=)
また分からない事がでてきたらコメントさせて頂きたいです(´ω`★)
主様のご活躍、応援してます!!
Commented by 2106racing at 2012-06-29 20:41
>ありこさん

湿潤療法での臭いと言うのは、納豆や汗をかいて蒸れた足の臭いに近いですが、これは最新の治療の唯一のデメリットです。

ラップでカブレたりする場合は薬局で防水フィルムを買って来て貼っておいても、フィルムドレッシングと言う湿潤療法の一種となり、簡単に治癒させる事が出来ます。

防水フィルムは、水は透過させませんが空気は透過させますので、ラップよりも皮膚への負担も少なく、貼っている事を忘れてしまうくらいです。

ちなみに私はいつも大した事ない傷にはこういった物を使っています。
<ニチバン 防水フィルム ロールタイプ>
http://www.nichiban.co.jp/health/bosuifilm/index.html
<デルガード 防水フィルム>
http://www.aso-pharm.co.jp/products/wpfilm.html

私のブログの2010年の1月のページでは、溶接の火の粉による左手の小さな火傷をキズパワーパッドと防水フィルムで治療していますが、読まれれば参考になると思います。
Commented by merino at 2012-07-01 23:46 x
はじめまして。nerinoと申します。
6/20に火傷して、痛みに耐えられずなんとかならないかと調べていると、こちらのブログに辿りつき、湿潤療法を知りました。6/24から湿潤療法を始めて、無事上皮化しました!これも、こちらのブログのおかげです。本当にありがとうございました。(私も治療日記つけました。もしお時間がありましたら見ていただけると嬉しいです。http://yakedochan.blog.fc2.com/)
Commented by mamoken at 2012-07-02 07:13 x
おっ!また助けられた方がお一人♪

受傷98日目になりましたーmamonkenです。

私のブログもやっと最近、今に追いつきました~。

2106racingさんには、治療のアドバイスに加え、私が途中で携帯を変えたために、それまでのメールが消えてしまい、それを全てまとめて送って頂いたりで、ホントご迷惑おかけしましたm(_ _)m助かりました。

私ももう少しで完治しそうなところまで、やっと治癒が進みました。

2106racingさん、もうしばらくよろしくお願い致します。

最近、糖質制限も始めたので、それもブログにしようかと書き溜めていますよ(^ ^)♪

近々公開します♪
Commented by 2106racing at 2012-07-02 18:53
>nerinoさん

コメント有難う御座います。

さっそく「火傷日記」のブログ拝見させて頂きました。
素晴らしい経過ですね。私のブログがお役に立てて何よりです。

mamokenさんも既にコメントを入れられていましたが、後で私もそちらのブログにも遊びに行かせて頂きます。
Commented by 2106racing at 2012-07-02 18:56
>mamokenさん

ブログの更新が上皮化に追い付きましたね。
とても明るいブログで見ていても楽しいです。

また、糖質制限ネタも面白そうですので是非ともお願い致します。
Commented by mamoken at 2012-07-05 17:55 x
受傷101日目になりましたー!mamoknです。

昨日の100日目記念?にコメント入れようと思っていたのに…忘れてしまいました
(/ _ ; )

でもホントもう少しです!

最近は、周りの肌荒れにだいぶ悩まされましたが、創面部分にだけキズパワーパッドを貼って、周りを開放し、白色ワセリン塗布のみにしたので、あっと言う間に改善されました。

ワセリンを塗らないとガビガビになっちゃうので、保湿は欠かせませんけどね。

今から、最後の日の国旗ドレッシングはどれにしようか考え中で~す(>▽<)♪
Commented by 2106racing at 2012-07-05 22:57
>mamokenさん

101日記念日おめでとうございます。

低温火傷の経過もブログの更新も順調そうですね。

今日の糖質制限ネタのクレイジーソルトってなんかよさげですね。
私もケンタ好きなのでさっそく買ってみようと思います。

また、私は糖質制限を始めてから、今まであまり好きではなかった肉の脂身等も美味しいと感じる様になりました。
とても不思議ですが、多分味覚も変わったのだと思います。
Commented by popokikicat at 2012-07-09 15:23 x
以前5月の中旬頃に知恵袋で1歳の子供の左手の甲に火傷をおわせ、質問したものです。最初はフィブラストを信じて熱傷後一週間はつづけていましたが、 とても悩んだ末夏井先生に湿潤療法をしている先生を紹介していただき、3度の熱傷が一か月で上皮化しました!!その節は大変お世話になりました。感謝しています。治療経過の写真を夏井先生に見せたところ驚かれ、夏井先生の6月分の更新履歴に掲載されています。
ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-07-09 18:48
>popokikicatさん

いえいえどういたしまして。お礼には及びません。
いつもの事ですから(なんちゃって)。

こちらの質問の方でしたね。よ~く覚えていますよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087490715

また、popokikicatさんの過去質問で札幌在住である事が判っていましたので、夏井先生のサイトで6月13日に旭川の病院で治療を受けている方として紹介された時に、すぐにpopokikicatさんの事と判って安心していました。
本当にあの深い火傷が無事に上皮化されて良かったです。


あと、既にご存じかも知れませんがあの時回答できなかったリクエスト先の方のブログはこちらです。
http://mamama-sa.cocolog-nifty.com/blog/cat22609465/index.html

こちらのページでコメントを入れておいた所、1週間後に返事を頂きました。
http://mamama-sa.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-143d.html

もちろん、夏井先生のサイトで紹介された事も私のコメントでご存じです。
http://mamama-sa.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-ebcb.html
Commented by 2106racing at 2012-07-09 18:58
続きです

ちなみにこの方はこの時の返事のコメントでpopokikicatさんのためにご自分の知恵袋のプロフィールにメッセージ入れられましたが、見られましたでしょうか?
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/mi10ma55
もし見られていない場合はとても心配して見えましたので、宜しければ知恵袋でのリクエストやブログにコメント等を入れてあげられるのが良いと思います。

また、この方は上皮化した後も痕が残ってしまった事で、もしかして植皮の方が良かったのかもとずっと悩んで見えましたが、そこに付け込んで知恵袋で私のストーカーをしていた夏井先生が大嫌いのkantsubaki2006がKAN やポコmama等のIDを使ってくどいコメントを入れてさらに翻弄させていました。

しかし、その後の夏井先生のサイトで紹介された頭皮を採取した植皮の症例やpopokikicatさんの治癒例を見てやはり湿潤療法を受けて良かったと思われた様です。

湿潤療法で深い火傷を治癒された患者から言わせてもらえば、やはり、植皮は悪なのです。
Commented by popokikicat at 2012-07-09 22:39 x
お返事ありがとうございました。
夏井先生のホームページで、私だともうお分かりだったんですね!!さすがですね。
あと、同じような火傷をされたからが知恵袋のプロフィールに追加された件知りませんでした。お礼のコメントを入れたいと思います。こちらの方もブログもracingさんからの情報で拝見することができ、当時はとても心強い写真でした。
私はブログをしていませんが、(パソコンが得意じゃなく・・・)私の子供の写真が今後同じような火傷をしてしまったかたの希望になってくれればと思います。まだ治療の途中ですが、跡が残ったとしても植皮手術をして幼い子供にたくさんの痛い思いをさせるよりは湿潤療法をして本当に良かったと思っていますし、情報をくださったたくさんの方に感謝しています。
Commented by 2106racing at 2012-07-09 23:26
>popokikicatさん

夏井先生のサイトの写真では上皮化までの物が殆どですが、あのレベルの火傷が湿潤療法で治癒した後、どの様に変化していくのかはその個人にしか判りません。

現在、過渡期である湿潤療法を幸運にも受けて無事に上皮化した私たちは、今後、同じ様な火傷を負った方たちのためにも、その後の経過を報告していく必要があるのではないかと思っています。

圧倒的に多い筈の植皮後の経過の情報がとても少ないのに対して、少し検索すれば湿潤療法後の経過ばかりが出て来ると言う時代は、すぐそこまで来ているのは判っていますので。

Commented by kaz_s800 at 2012-07-10 01:14 x
turuchanさんご無沙汰しています。
糖質制限されてるんですね(笑)
私も1月末頃から糖質制限スタートで、6kg近く減量し、超標準体重になることができました。
糖質制限に対して信頼性の低いデータに基づいた論文がニュースで取り上げられていましたが、ラップ治療も危険と、これまた熱傷学会による自分たちのことを棚に上げた広告記事が出ていましたね。
夏井先生の更新履歴に掲載されていた、この記事に対して「読者からの札幌美容整形外科をチクるメール」は、もしかして(というか、私は確信をもってそう思っていますが)turuchanさんですか?

夏井先生にしてみれば、アホは放置プレイに限るとおっしゃるでしょうが、同じくアホな素人の夏井Dr信者な私は黙っていられなかったのでついあっちのブログにコメントしてしまいましたww

1回目の投稿は、無事返信していただけたので、さらに2通目をカキコしました。返信していただけるかワクワクです。
Commented by 2106racing at 2012-07-10 06:55
>kaz_s800さん

私も糖質制限で5㎏減の上、150有った血圧が120に落ちました。
その上脂肪肝も治ってγ-GTPも正常値に戻って医者も驚いていました。

そうです。あのメールはもちろん私です。
また、あの夏井Dr信者コメントはkaz_s800さんでしたか。さすがですね
そのまま口に入れる食品を包装するラップの方がそこら辺の被覆材よりも衛生的なのは考えるまでもないのに、エビデンスだの国の指針だのと下らないコメントが入っていましたね。
つまり自分で考える力は全く無いと言う事が良く判ります。

私もその後でさっそく、このブログをリンクさせて、湿潤療法経験者としてのコメントを入れさせて頂いたところ、しばらくは管理者の承認待ちでしたがやがてそれも消されました。
それを夏井先生にメールで報告したおいた所、今朝の更新で紹介されていました。

湿潤療法で失敗した例は重く取り上げても、治癒した例は見たくない様です。
それも国の指針かな?

お互い返事が楽しみですね。(大笑。

Commented by mamoken at 2012-07-12 05:38 x
受傷108日目になりましたmamokenです。

106日目より、創面付近の肌荒れが酷くなって来たので、プラスモイスト&ビニールテープ国旗ドレッシング復活しましたが、いい感じです(^ ^)♪

そろそろ本当にラストスパートのようで、創面も平坦になってきました。

2106racingさん、kaz_s800さん、さすがでございます(>_<)!

私も、札幌美容整形外科のブログのコメントするページまでは開いたのですが…結局コメントしませんでした(/ _ ; )

少し後悔してます。

でも、あれから湿潤療法に触れていないようなので、凄い反響だったのでしょうね(^ ^)

やっぱりコメントしとけば良かったな~。
Commented by 2106racing at 2012-07-12 18:45
>mamokenさん

札幌美容整形外科の院長のブログは承認待ちにされるだけで、これからでもコメントを入れるのは別に遅くないと思います。

私はブログが更新される度にちゃんとコメントを入れさせていますよ。
その内容も全て夏井先生の更新履歴で紹介されていますし、今日は朝日新聞の方にも抗議のコメントを入れてお子ましたが、それも紹介されています。

また明日は、mamokenさんもコメントを入れられたmerinoさんのブログが紹介される筈です。
http://yakedochan.blog.fc2.com/

乞う!ご期待!!です。
Commented by nerino at 2012-07-16 00:51 x
火傷、とても順調です!
今日、娘と私のとびひで病院にいったら、「ブログ、ありがとう」と言われ、何で知ってるの?となりました(笑)
私の拙い文章ですが、夏井先生にもご紹介いただきまして、ありがとうございます!
これから私も、できる限り湿潤療法を広めていければと思います!
Commented by 2106racing at 2012-07-16 17:23
>nerinoさん

ブログでの経過が余りにも素晴らしかったのでつい、夏井先生に報告しちゃいました。
http://yakedochan.blog.fc2.com/

あの広範囲熱傷が10日で上皮化するのは通常ありえませんよ。
まさに富井先生もnerinoさんもgood job!です。

またブログの方にも遊びに行きますね。

Commented by Risa at 2012-07-17 11:06 x
突然すみません。
知恵袋などでよくお見かけし、息子が火傷した際に
とても参考にさせていただいてました。
かかりつけの湿潤治療の先生が今日明日と連休のため
どうしていいか分からず、コメントさせていただきました。
ご迷惑でしたら削除して下さい。すみません。
2歳の娘が昨日、花火をやるのに使っていたライターを
熱を持った状態のものを足の裏に当たってしまったようで火傷をしました。その時は見落としてしまい、今朝気づきました。大きさは5mmほどですが、白く硬くなっており、刺激を与えても痛がりません。壊死しているというこどですよね?傷パワーパッドを貼っていますが、このまま壊死した皮膚が取れるのを待てばいいでしょうか?木曜まで先生が不在なため、どのような処置をしたらいいのか分からず不安です。
Commented by 2106racing at 2012-07-17 12:12
>Risaさん

壊死組織とは表皮が欠損してその下の真皮が損傷を受け、壊死している状態を言いますが、お子さんの皮膚が残っていてそれが白く硬くなっている場合は、表皮が刺激を受けて水膨れが出来かけただけのとても軽い火傷だと思います。

こんな感じでは無いでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1436422419
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441329964
この場合は、やがて下から新しい皮膚が再生されてボロボロと剥けて治ります。

壊死組織はこういう状態の事を言います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254134047
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387525843

どちらにしてもパワーパッドを貼っておいても問題ありません。
ただの皮膚の場合は剥がす時に一緒に剥けるかも知れませんが、そのまま湿潤療法を続ければ良いでしょう。
Commented by Risa at 2012-07-17 15:02 x
お忙しい中、お返事いただきありがとうございます。
URL見ましたが、うちの子の状態が珍しいのか、どの状態が近い感じなのかわかりません。
ただ、表皮は欠損していないと思います。
火傷後、冷やすことなくすぐ家の中を歩き回っていたので水脹れが破れかけて硬くなったのでしょうか?
写真を載せられたらと思いましたが、やり方が分からずです。
パワーパッドがだいぶ膨らんできました。
様子を見て自然に剥れるのを待ちたいと思います。
ご丁寧に本当にありがとうございます。
不安な気持ちが少し軽くなりました。
Commented by 2106racing at 2012-07-17 16:49
>Risaさん

皮膚が欠損していなければ大丈夫だと思います。

掌や足の裏の皮膚は厚くて硬いので、水膨れにならずに少し浮きあがって白くなる事が多いです。

パワーパッドが白く膨らんでいるのであればどこかから滲出液が出ているのだと思いますし、その浮いた皮膚も湿潤効果でふやけてベロンと剥ける筈です。
今夜にでも一度剥がしてみて様子を見て、また新たに貼った方が良いですよ。

この時期の火傷の治療初期での、被覆材のこまめな貼り替えは必須です。
Commented by mamoken at 2012-07-17 22:13 x
受傷113日目になりましたmamokenです。

ついに!
上皮化完了致しましたー(>▽<)♪

昨日で既に完了していたようですが、念のため1日様子を見ましたが、やはり全て治癒しておりました!

2106racingさん
長々大変お世話になりましたm(_ _)m

火傷治療も2106racingさんへのご報告も、既に習慣のようになっていたので、何か嬉しいけど寂しいです(/ _ ; )

今後は、ブログにてキズ痕がどのくらいの時間を掛けて、どの程度まで綺麗になるか時々ご報告する事になると思いますが、見て頂けるとありがたいです。

ホントに本当に、ありがとうございました~~(T ^ T)
Commented by 2106racing at 2012-07-17 23:35
>mamokenさん

いえいえ、どういたしまして。

上皮化おめでとうございます。

長い戦い?でしたが無事に上皮化されて良かったです。

日本で初めて、深い低温火傷をご自分での湿潤療法で楽しく?治療されたmamokenさんの今後の経過も楽しみです。
http://ameblo.jp/mamo-ken-8080/

もちろん糖質制限とシャンプー石鹸レス記事の更新も楽しみにしています。
Commented by Risa at 2012-07-18 10:18 x
こんにちは!
昨日の夜張替え、先程また張替えの際に白い皮膚が
浮き上がってきていたのではさみで取り除きました。
そうしましたら、下の皮膚は真ん中が白く、周りは
赤っぽいピンクっぽい色でした。
このままパワーパッドで上皮化を待てばいいでしょか?
皮膚の白くなっている部分は火傷が深かったのでは・・・
とまた心配になってしまいました。
これから暑い日が続きますし、子供なので裸足で過ごしているので
早く上皮化してくれることを願うばかりです。
Commented by 2106racing at 2012-07-18 11:10
>Risaさん

実際に見てみないと何とも言えませんが、多分白っぽいのは皮下組織の色だと思います。
壊死組織は受傷後すぐでは無く、何日かしてから現れるのが普通です。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/952.htm

どちらにしてもそのままパワーパッドでの処置を続ければ良いですよ。
私の推測では浅達性Ⅱ度で10日もしないうちに上皮化すると思います。
もし、壊死組織だったとしても私の右手の中央部や上記症例の様に、滲出液によって自然に自己融解して浮いてくるので洗い流せば取れます。
Commented by らい at 2012-07-23 09:55 x
はじめまして。
私はこの記事と、知恵袋のいくつかの回答しか読んでないので、調べ不足なのは重々承知の上なのですが、コメントさせてください。

やけどに対する治療でどの方法がいいのか、私にはわかりませんが、あなたが湿潤治療を真剣に広めたいのであれば、その表現の仕方は効果的ではないと思うのです。
表現の仕方というのは、湿潤治療の反対の方たちに対するコメントについてです。
湿潤治療に対する知識については、ずぶの素人の私から見ても、ものすごい知識量と説明力だなぁと感じたのですが
反対派の方たちに対するコメントはひどく感情的で、正直品がないというか…推進派の方たちは同じ気持ちでしょうし共感なさるかもしれませんが、どちらの立場でも無い人たちからすると、その辛辣な発言から盲目の信者だと捉えられかねないと思います。
そのどちらの立場でも無い、治療を決めかねている見ず知らずの人に勧めるのに、あなたの印象はとても大事です。
Commented by らい at 2012-07-23 09:56 x
治療を求めている人にはそれほど時間はないでしょうし、また素人がどちらの意見も調べて理論的に答えを出すのは難しいでしょう。
だいたい知恵袋で質問するのは、自分で十分に調べることができないからでしょうし。
そんな時に結果を左右するのは、勧めてきた方の印象だと思うのです。
聴衆を煽るのは時として効果的ですが、やりすぎです。言い方だけなら2chと変わりませんよ?
反対派の方たちも各々の場所で醜い言い方をされているのかもしれませんが、仮にそれに応酬しているのだとしたら、無駄だと思います。
貴方の推す治療法にそれだけの自信があり、広めるための行動をそれほどされているのですから、やり方を考えてみてください。
湿潤治療推進派で目立つ方の態度が悪いと、提唱者に対するイメージダウンにもなりかねませんよ。

もちろん、今のままのあなたの態度でも共感される新規の人はたくさんいるのでしょうが、
反対派に対する素直な愚痴は内輪だけにととどめておいて、表向きに感情を吐露するときは抑えめにした方がさらに増えるのではないでしょうか。

批判ばかりになってしまいましたが、あなたの熱心な活動は応援させてください。
長文失礼いたしました。
Commented by 2106racing at 2012-07-23 12:18
>らいさん。

私は自分が治療を受けた経験から、このブログを立ち上げ、知恵袋でも自由に回答しているのであって火傷をされた皆さんに湿潤療法を強制する物でもなんでも有りません。

私は素人であり、自由な世界で感情も遠慮なく出させて頂いてますが、医師では無いのでそう見ている方に影響が有るとは思っていません。

私のブログや知恵袋を読んで、理解出来た人だけがその治療を受けて得をされれば良いだけの事で、理解出来ない方は間違っていた痛い治療を受けられれば良いのです。
その方はきっと後で後悔される事になるでしょうが、それは自分が決められた事なので仕方の無い事なのです。
それを私の性格の責任にされるのは、どう考えても間違っています。

それよりも知恵袋で湿潤療法に反対する医療関係者の連中の方が、感情的でとてもレベルが低いので逆に相手にしない様にしています。

私個人に意見が有るのであれば、非公開で良いので返事が返せるコメントを入れられるのが筋であり、匿名の世界では口先だけでの綺麗事は何とでも言えます。

もちろんこのコメントへの返事は無用です。

Commented by 2106racing at 2012-07-23 21:14
続きです。

ちなみに私は、先日、こちらの医師のブログに、らいさんと同じ様に意見を入れさせて頂きましたが、残念なことに承認待ちのままです。

http://s-bi.com/wp_diary/kou/2012/07/07/post-24465.html

夏井先生のサイトでも私と同じ様にこの医師にコメントを入れて承認待ちになっている方がたくさん見える事が紹介されています。

もちろん私のコメントではこのブログも判る様にしてあるので個人的に返事をくれても良いとは思いますがそれをする度胸も無い様です。

この医師の様に、ご自分のブログで言いたい事だけ書いて、他の意見には耳も貸さずに無視するのは、「卑怯者」とか「逃げた」と思われても仕方が無いと思います。

少なくとも私はこういったクソ医師とは、自信がある分だけ違うと思っています。
Commented by mamoken at 2012-07-24 19:38 x
実はね、私も人の批判をするのは好きではない方なので、最初あまりいい気はしなかったのですよー(^ ^)
でも、それを批判する事は…同じ事で、矛盾してるでしょ?
ああこう言う一面もある方なんだな~と思って長い事お付き合いしてたら、そのズバッと切り捨てるようなコメントが入ってないと、あれ?今日は元気がないのかな?なんて思うようになりましたよ♪( ´▽`)
2106racingさんには、ぜひとも今のままでいてほしいですね。
Commented by 2106racing at 2012-07-24 22:07
>mamokenさん

匿名のブログや知恵袋では好き勝手が出来ますが、夏井先生は実名で戦っていらっしゃるのですから凄いです。
もちろん私は素人ですから比べるまでもありませんが…。
でも機会があればいつでも表に出ても良いとさえ思っています。

ですから匿名で意見を言ってくる者など、たとえ医師でも私と同じかそれ以下のレベルですので「取るに足らず」です。
もう少し簡単に言えば「チャンチャラおかしい」です。

先程夏井先生に「クソ医師」の事でメールしておきましたが、更新履歴に載せられるかは判りません。
Commented by yochico at 2012-07-25 23:51 x
いきなりすいません。
知恵袋は検索するだけであなた様にどう伺うか分から無かったのでコメントさせて頂く事お許し下さい。

23日に足の甲の真ん中らへんに1センチくらいの擦り傷ができていたのでシーツに傷から出る液体がつかないように絆創膏を貼りました。

2日間絆創膏を貼って寝ましたが本日25日の朝絆創膏を剥がし1日過ごしました。

夕方正座をしようとしたら痛くてできませんでした。

傷をみると赤茶色で腫れていました。朝の時点では腫れいなかったです。
Commented by yochico at 2012-07-25 23:53 x
慌ててネット検索しワセリンをつけてラップをし靴下を履きました。

我慢できないほどではありませんが痛みがあります。

このまま貼っていて大丈夫なのでしょうか?

よろしくお願いします。

長くなってすいません。
Commented by 2106racing at 2012-07-26 07:53
>yochicoさん

ガーゼ付きの絆創膏は傷を乾燥させますので、何の役にも立たないどころか、悪化させてしまうだけという事が良く理解出来たと思います。

その処置で正しいですが、悪化させた後ですので1日2~3回くらいはこまめに貼り替えて、その都度洗って患部の病原菌を減らしましょう。

また、たとえ痛みを感じない筈の湿潤療法でも全く無痛という訳ではなく、下肢の傷や火傷では血流の関係でジーンとした痛みが続く事があります。
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#087
http://www.kiyosu8823.com/se3_diary/se3_diary/24.html

ズキズキとした疼く様な痛みが発生して続く様であれば、病院へ行って抗生剤を処方して頂いて、そのまま湿潤療法を続ければ良いですよ。
Commented by yochico at 2012-07-26 09:14 x
早速のご解答ありがとうございます。

傷の真ん中にクリーム色っぽいのが出てきました。

石鹸の泡で洗ってワセリンを付けてラップして靴下を履きました。

本当にありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2012-07-26 20:48
>yochicoさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

真ん中のクリームっぽいのも気にせず洗っちゃいましょう。
別に石鹸で洗わなくても良いのですが、洗ってもそんなに問題有りません。
(じゃあどっちなんだと言われそうですが、石鹸は患部周囲の滲出液を洗い流すのには有効ですが、患部には必要ないだけの事です)

すぐに治ると思います。
Commented by yochico at 2012-07-26 23:48 x
お返事ありがとうございます。
早速水だけで洗いました。
今の状態は相変わらず腫れていてちょっと赤いです。傷口は赤紫みたいなな感じです。
座っていたり寝ている状態だと痛みはありませんが歩くと結構痛いです。
写真を見て頂きたいのですが知恵袋で画像つきだとリクエストができないようです。
図々しいお願いですが画像を見て頂くことはできませんか?
お願いばかりで本当にすいません。
Commented by 2106racing at 2012-07-27 06:51
>yochicoさん

リクエストでなくとも知恵袋で「湿潤療法」のキーワードを入れて質問されれば、簡単に見つける事が可能です。
また、私の回答が投票直前になるとこちらのおバカなストーカーが「医者でもない素人のくせに」とやって来ると思いますが、からかってあげると面白いです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1490850784


Commented by yochico at 2012-07-27 08:35 x
お返事ありがとうございます。
知恵袋に入れてみましたが初めてで不慣れでちゃんとできているか不安です。
名前もyochicoでは駄目でyochicodonで登録しました。
お忙しいのに本当にありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2012-07-27 12:24
>yochicoさん

今見てみましたが該当する質問が見当たりません。
宜しければその知恵袋の質問のURLを教えて下さい。
Commented by yochico at 2012-07-27 13:16 x
すいません。
画像を貼る場合はメールでしかできないと書いてあったのでメールで登録したのですが?
私のやり方が駄目なのでしょうか?
昼休みに見たら指の方まで腫れてきましたがラップをはりかえました。
ネット関係に不慣れですいません。
Commented by 2106racing at 2012-07-27 18:49
>yochicoさん

既に絆創膏による間違った治療で感染症を起こしかけていた可能性があるので、腫れが引かずに疼通が続く様であれば最初のコメに有る様に、そこら辺の病院で良いので抗生剤を処方してもらった方が良いと思います。

とりあえずラップはこまめに貼り替えて、ドレナージ(排膿)を行って感染症のリスクを下げましょう。
Commented by yochico at 2012-08-01 22:40 x
こんばんは。
その後、腫れと痛みが酷くなり抗生剤の点滴と薬を飲んで腫れも痛みもとれました。
ワセリンを塗りラップを貼り靴下を履いてますが傷口はピンクになり周りに皮みたいなのがあります。あと真ん中が肌色っぽいです。
終わり時が分からないのですが、まだワセリン、ラップ、靴下を続ける方が良いですか?
それとあと4日間抗生剤を飲むよう指示されております。
お願いします。
Commented by 2106racing at 2012-08-02 05:47
>yochicoさん

順調な経過の様で良かったです。

湿潤療法は、上皮化した時点で早々に終了した方が良いです。

ラップは正常な皮膚の排泄機能の邪魔をしてアセモ等の皮膚炎を起こしますので、上皮化後はワセリン塗布のみの保湿ケアで良いです。

また、靴下で擦れて取れてしまってもこまめに塗れば良いです。

抗生剤は、上皮化してしまえば必要ないと思います。
Commented by yochico at 2012-08-02 11:13 x
早速ラップを剥がしワセリンだけにしました。
剥がしで約3時間ほどです。
肌色っぽかったところが少しオレンジ?みたいな色がつきました。
このままワセリンだけで大丈夫でしょうか?
Commented by 2106racing at 2012-08-02 12:15
>yochicoさん

もちろんワセリンを塗るだけで良いです。

もし上皮化していなくても、湿潤療法で傷を治療しているのは、傷を治そうとして出てくる細胞成長因子を含んだ滲出液だけであり、ラップでもキズパワーパッドでも防水フィルムでも、常に患部を「程良く」潤わせる(湿らせる)補佐をしているに過ぎず、創面が乾く事が無ければ何を貼っても(またはこまめにワセリンを塗り続けるだけでも)治癒効果は大して変わりません。

また薬局で売っている防水フィルムを貼っておいても効果があります。これはれっきとした「フィルムドレッシング」と言う湿潤療法の一種となり、値段も気にせず頻繁に交換できますし、水は透過させませんが空気は透過させますのでラップよりも皮膚への負担も少なく、貼っている事を忘れてしまうくらいです。
Commented by yochico at 2012-08-03 08:18 x
おはようございます。
寝ている時に患部をぶつけてしまいました。
とっても痛かったです。

昨日Ⅰ日ワセリンだけで過ごしました。仕事が休みだったので裸足で過ごしましたが寝る時は靴下だけ履きました。今朝みると真ん中らへんが靴下にくっついて剥がす時に痛く何となく瘡蓋になりそうだったのでラップを貼りました。

自宅にいるときはワセリンだけで外出時はラップに靴下でも大丈夫でしょうか?
毎日ありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2012-08-03 19:05
>yochicoさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

靴下が患部にくっ付きそうになっていたのであれば、まだ、完全に上皮化していないかも知れませんね。
とりあえず、もうしばらくはワセリンを塗り、外出する時はラップを貼って様子を見た方が良いかも知れません。
上皮化すれば、痒くなるのですぐに判ると思います。
Commented by A_MAM at 2012-08-10 23:20 x
はじめまして。知恵袋でこちらに質問した方が良いと言われたのでこちらにコメントさせて頂きます。お返事いただけると嬉しいです。
火傷について質問です.一歳の子供が顔・首・胸あとゎ腕や背中に少しの火傷してしまいました.病院に行ったら場所が場所なので固定することが出来ないのでひたすらこまめにワセリンを塗り続けて下  さいと言われワセリンを塗っています.火傷してすぐに水膨れができ4日後には顔の火傷はピンク色になりあとのひどい所は(特にあごの下と胸)まだ赤い感じです.ちなみに現在火傷から7日目です.病院では二度の火傷と言われました.通院は終わりと言われたのですがワセリンをあとどれくらい塗り続けなければいけないのか分かりません.あと火傷の跡を残さないためにこれからどのような事をすればよいのですか?あと上皮化とはどのような状態ですか?場所が場所なので跡が心配です.質問ばかりしてすいません.ぜひ回答お願いします.あと火傷のまだ赤い感じの部分が痒いみたいで一日中かきむしってます.これは大丈夫でしょうか?跡になりませんか?
Commented by 2106racing at 2012-08-11 06:53
>A_MAMさん

=ayamama_jksさんですね。
知恵袋では回答出来ずに申し訳ありません。

浅達性Ⅱ度でもとても早い上皮化で良かったですね。
ワセリンを塗るだけでも、創面を乾燥させる事が無ければちゃんと治る事が良く理解出来たと思います。
これをガーゼで覆うとその通気性と吸収力で、創面が乾燥するので悪化してしまいますが、ひたすらガーゼを貼り続ける医師は多いです。

上皮化したばかりの皮膚は赤っぽくて薄くてとても弱く、すぐに乾燥が始まって痒くなりますので、しっかりするまでのしばらくはワセリンを塗って保湿ケアをされると良いと思います。

ワセリンは最高の保湿材であり、皮膚の痒みも止めますので湿潤療法の時だけではなく、普段塗っても良いですよ。
また、色素沈着防止のために3ヶ月程度は日焼けを避けましょう。
上皮化してしまえば肌に優しい日焼け止めを塗っても良いです。

お子さんの火傷は私の軽かった左手よりも早く上皮化していますので痕も残らず綺麗に治ります。
しばらくは保湿ケアを続けましょう。

また、判らない事があればいつでもどうぞ。
Commented by A_MAM at 2012-08-12 13:42 x
お返事ありがとうございます。
何だかホッとしました。
ワセリンをかなりこまめに塗っているのですがかなり痒がります。かきむしりすぎでせっかく良くなった火傷の傷がまた酷くなり血がでてまた少しだけですが黄色い液体見たいなのが出てきました。特にひどいのがアゴの下と胸のあたりなので胸の所にはワセリンを塗ってラップで保護してその上から病院でもらったパットを貼っています。アゴの下はラップをしてもすぐとってしまうしパットは貼れないのでワセリンをベタ塗りしています。胸の所もパットを貼っても掻いていつのまにかとってしまいます。あとの顔や腕などはほとんど綺麗になりましたが一応念のためワセリンを塗ってからパットを貼っています。顔は貼れないのでパット無しで塗るだけです。けれどパットの貼りすぎで肌が一部かぶれてしまいました。私のやり方は正しいのかとても不安です。
Commented by 2106racing at 2012-08-12 16:41
>A_MAMさん

やっと知恵袋で復活出来ましたので、さっそくayamama_jksさんの質問に返事を入れて置きました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1092069210

参考にして下さい。

Commented by いーちゃん at 2012-08-14 01:17 x
助けてください(;_;)


13日の11時に
鉄板を触ってしまい
火傷しました。
すでに
火傷したところが白くなっています

これは
水ぶくれでしょうか?

どうやったら治りますか?

水ぶくれだと仮定して
話します。

水ぶくれを潰す
手を流水で洗う
ラップをする

これで大丈夫ですか?(^o^;)
Commented by 2106racing at 2012-08-14 09:18
>いーちゃんさん

部位と範囲が判らないのではっきりとは言えませんが、指の腹等の皮膚が厚い部分が白くなっている場合はこちらの回答を参考にされると良いでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1071779050

それ以外の皮膚が薄い部分の火傷で、水疱が出来た場合は眉毛カットのハサミで潰して除去し、ぬるま湯で優しく洗ってからラップを貼れば良いですよ。
Commented by いーちゃん at 2012-08-14 09:49 x
早速の回答
ありがとうございました(^^)

同じ感じの火傷で
助かりました(^o^;)



白色ワセリン は
絶対塗らないと
ダメですか?

塗らずにラップでも
大丈夫ですか?
Commented by 2106racing at 2012-08-14 10:13
>いーちゃんさん

傷や火傷に塗って良いのは全く無害の白色ワセリンかプラスチベース(パラフィン)、又はこれらが基材の半透明の油脂系軟膏だけですが、これらには薬効は殆ど無く、ラップのゴワゴワ感を軽減させたり、乾燥気味の場合に保湿度を上げるためだけに使用するので、患部が十分に潤っていれば無理に塗る必要はありません。

指の火傷ならばこちらのブログも参考になります。
<プリン作ってて大火傷>
http://ameblo.jp/zero-mammy/entry-10544236667.html#main
<火傷治療その後>
http://ameblo.jp/zero-mammy/entry-10545115797.html#main
<火傷治療☆完治しました>
http://ameblo.jp/zero-mammy/entry-10547331575.html#main

参考にして下さい。
Commented by いーちゃん at 2012-08-17 23:59 x
こんばんは(^^)/


先日は
ありがとうございました(≧∇≦)

嘘のようにきれいに
治りました(^^)

感謝です!

本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-08-18 18:16
>いーちゃんさん

いえいえどういたしまして。
早く治って本当に良かったです。
Commented by hapi9210 at 2012-09-05 20:05 x
先ほどは、早々のご回答ありがとうございました。
初めて知恵袋で質問したのでお礼のコメントの方法が分からず申し訳ありませんでした・・・(^_^;)
turuchanさんからのコメントを見てとても安心し涙が出ました。これからも不安になった時お力になって頂けたらと思います。
出会えたこと心から感謝します(^-^)
Commented by 2106racing at 2012-09-06 07:31
>hapi9210さん

わざわざこちらにコメントを有難う御座います。
また、先の質問ではベストアンサーを頂きまして、有難う御座いました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1493567794

私の回答にある、他のお子さんの症例の様に、hapi9210さんの質問は今後、同じ様な火傷をされた方の参考になりますので、また質問がてら良い経過の写真を投稿して頂くと有難いです。

正しい治療で綺麗に治してあげて下さい。
Commented by at 2012-09-27 16:57 x
知恵袋の回答から一言お礼を述べたくてこちらのBLOGにお邪魔しました。
先週土曜日に左足首から下に熱湯をかけて
足の甲からくるぶしまでL字に火傷した者です。
救急で診てもらいその後2回通院しましたが痛みがひかず参っていました。
知恵袋の回答からのリンクを参考にガーゼをラップに交換しただけで劇的に痛みが引きました。
(近隣に湿潤療法を行っている医療施設がなかったもので自己責任で行いました)
有益な情報をありがとうございます。
心から感謝しております。
Commented by 2106racing at 2012-09-27 21:08
>海さん

コメント有難う御座います。
私の回答がお役に立てた様で何よりです。

現在はガーゼ治療しか知らない様な、自分で考える事が出来ない無知な医師の治療を受けているよりは、ご自分で湿潤療法での処置をされた方がより早く、綺麗に治ります。

頑張って綺麗に治しましょう。
Commented by at 2012-09-29 14:54 x
早速のお返事ありがとうございます。

ラップのおかげで傷の痛みはほぼなくなりましたが
今度は膨張感を伴う下肢痛にやられています。

夏井先生の助言に従いゆっくり休んでいる時間を
有効活用しようと思い、私も火傷ブログ作ってみました。
微力ではありますが、今後私のように無用な痛みに苦しむ人が
一人でも減ることを心から祈っています。

今回は本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2012-09-30 15:09
>海さん

いえいえ、どういたしまして。
ブログ拝見させて頂きました。
夏井先生ご本人から助言を頂いているのでしょうか?

結構広範囲ですがそのレベルならご自分で治癒させる事は簡単です。
さっそくそちらのブログにアドバイスがてら遊びに行かせて頂きます。
Commented by at 2012-09-30 16:00 x
ミスリードを誘うコメントになってしまって申し訳ありません。

正しくは
・夏井先生の「サイトから」の助言に従い~
です。

早速ブログご覧下さってありがとうございます。
我ながらラップに換えた木曜からの治癒スピードには驚愕しています。
湿潤療法がデフォルトになる日が一日も早く訪れてほしいものです。
Commented by 2106racing at 2012-09-30 17:21
>海さん

私もそうでしたが、湿潤療法に変えた途端に治癒速度が上がってとても驚くと共に、なぜかそれまでの鬱な精神状態から一変して、何となく治るのが楽しみな状態になります。
きっと痛みが消えた事による安心感からそうなるのだと思います。
(もちろん、小さなお子さんの火傷の場合は別です。)

こちらのブログの女性たちも同じ様な感じです。
http://yakedochan.blog.fc2.com/

http://ameblo.jp/ghagar-yuri/entry-11324453149.html
http://ameblo.jp/ghagar-yuri/entry-11336973217.html

どちらも広範囲の火傷ですが、火傷治療の悲惨さが有りません。
それは海さんにはなぜだか理解出来ると思います。
Commented by kaz_s800 at 2012-12-14 00:46 x
2106racingさまご無沙汰しております。
最近シュレディンガーのカピバラさんのご活躍で回答数が減っているkaz_s800です。
夏井先生の更新履歴で、キン肉マンのゆでたまご嶋田先生の火傷が取り上げられていましたね。
で、早速twitterで嶋田先生に湿潤療法を紹介しておきました。

先ほど参考になりましたとお返事をいただいたのですが、ゆでたまご公式サイトからもご連絡をいただいた方ですね?と書かれていまして。。。あれ、公式サイトからは何もしてないぞと( ̄□ ̄;)

多分、ワタシのようなお節介焼きの夏井先生ファンがいたんだろうなぁと思っています。
Commented by 2106racing at 2012-12-14 14:02
>kaz_s800さん

コメント有難うございます。
残念ながら、ゆでたまご嶋田先生の公式サイトにコメントを入れたのは私ではありません。

しかし、湿潤療法の認知度もかなり上がっているので、私たち以外に湿潤療法を勧める方がいても不思議ではありません。

また、schrodingers_capybaraさんのご活躍のおかげで私も回答を減らす事が出来ましたが、実は昨日のうちにヤフーのガイドラインに違反しているとして、ベストアンサー以外の回答が全て削除されて、turuchan_40のIDが使用停止となりましたので、これも良い機会だと思って知恵袋は卒業しようと思っています。

これだけ知恵袋で湿潤療法が広まっていれば私の役目ももう終わりにして良いと思いますし、今後はアメブロで火傷で悩んでいる方たちにおせっかいコメントを入れていこうと思います。
Commented by kaz_s800 at 2012-12-22 23:34 x
こんばんは、私も先ほどログイン使用としたらアカウント利用停止されていました。
schrodingers_capybaraさんの最近の回答も、夏井先生のサイトへの直リンクを避けて投稿されているので、もしかして、新しい創傷治療への直リンクやプラスモイストの宣伝と捉えられちゃったんでしょうかねぇ・・・

あるいは、アンチ湿潤治療の謀略・・・・まぁそこまでは深く考えすぎだとおもいますが。
なんかこう釈然といたしませんです。
Commented by schrodingers_ca at 2012-12-23 03:37 x
はじめましてです。schrodingers_capybaraです。
2106racingさんやkaz_s800さんの助手の気分で始めたので
2106racingさんの知恵袋での活動終了残念です。だいぶ湿潤療法の知名度は上がったので
こんどは正しい知識を広め湿潤療法で失敗する人がいないようにと思っています。しばらくは停止上等でやっていこうと思います。
もしだれも回答できないような状況があったらその時は是非お願いします。ちなみに経験上火傷中心なので、外傷や皮膚疾患はほとんど回答していません。
3人が同時期に処分を受けているということは何らかの関連性はあるのかもしれません。しばらくは様子見しながらですね。ちなみに嶋田先生は入院されて今も痛いそうです。私がネタにするほど気楽に治療しているのとの落差はなんでしょうね。
Commented by 2106racing at 2012-12-23 09:30
>kaz_s800さん

schrodingers_capybarさんと共にかなり回答が削除されて心配していましたが、やはり利用停止になっちゃいましたか。
もちろんアンチ湿潤療法の連中の通報による削除なのは間違いないと思います。

特定の医師のサイト等の掲載は確かに知恵袋のマナー違反でも、私たち以外にも多く見える筈ですがアンチの連中にとっては余程耐え難かったのでしょうね。

ただ、これにめげずに、怪我や火傷で苦しんでいる方たちのためにも、別のニックネームで復活されてのご活躍を期待しています。

Commented by 2106racing at 2012-12-23 09:31
>schrodingers_capybarさん

初めまして。コメント有難う御座います。
ブログも拝見させて頂いてます。ただ、アメンバー会員限定のコメントしか入れられない設定になっている様ですので、コメントは入れていませんが…。

3人共同時に処分されるとは驚きでしたが、知恵袋では複数のニックネームが使えるので私はいつでも復活可能です。
外傷の質問についてはkaz_s800さんもきっとすぐに復活されるのではないかと思います。

ただ、今後は夏井先生のサイトでは無く、「Wikipedia」や「やけどケア.jp」や私の過去回答例をリンクさせておいて、間接的に夏井先生のサイトを調べられる様にすれば余り利用規約に引っ掛からないのではないかと思います。

もちろん私のブログに誘導して頂いても結構ですよ。
Commented at 2013-01-06 17:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-06 17:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-01-06 23:23
>非公開コメントさん。

コメントに気付くのが遅れて返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
先程メールを送りました。
私で出来ることであれば協力させて頂きます。
Commented at 2013-01-15 22:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-01-16 21:38
>非公開コメントさん。

コメント有難うございます。
娘さんの顔の傷に湿潤療法を受けられて良かったですね。

もちろん従来のガーゼ治療ではもっと酷い痕が残っていたと思いますが、日にち薬できっと綺麗に治って行く事と思います。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

しばらくはワセリンによる保湿を続けて行くのが良いでしょう。

私も湿潤療法が1日でも早く広まる事を楽しみにして活動を続けています。
Commented by 2106racing at 2013-03-04 19:16
>さゆりさんとか言う方へ

私の知恵袋に対するご意見のコメント有難う御座います。

しかし、こちらから返信出来ない様な根性の無い卑怯者の相手をする暇はありませんので、遠慮なく削除させて頂くと共に、今後のコメントも拒否の設定をさせて頂きました。

ちゃんと返信できる様にして頂ければ、私の方からも返事をさせて頂きますが、本当にアンチ湿潤療法の連中にはこういった常識知らずのアホが多いです。

ちなみに、こちらの名誉教授などは私のコメントからは何度も逃げている卑怯者の代表格です。
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/18735590/
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/18898460/

2つ目のコメントには「マスコミの者」とか名乗る者の私への意見のコメントが入っていますが、やはり返信できない卑怯者だったりしますね。(゚д゚)バーカ
Commented at 2013-03-08 09:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-03-08 19:00
>chibisukeさん

返事が遅くなって申し訳ありません。
知恵袋での以前のturuchan_40のIDは利用停止となりましたので、現在はこちらのIDで回答しています。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/turuchan40

まず、現在の処置で問題ないと思います。
湿潤療法で心配なのは感染症を起こす事ですが、毎日2回程度ラップを交換して洗浄していれば、ちゃんとドレナージが行われていますのでまず、感染症を起こす事はありません。
感染症特有のズキズキとした痛みが無ければ大丈夫だと思って良いでしょう。

深い火傷の場合、受傷後しばらくしてから創面が白く変化する事はありますが、これも別に悪化している訳ではなく、いたって普通の事です。

また、アズノールはワセリン代わりに塗っても問題ありません。
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#025

今夜は出掛けるので返事が遅くなってしまいますが、心配であれば非公開コメントでメールアドレス(捨てメアドでも良い)を教えて頂ければこちらからメールさせて頂きますし、知恵袋で写真付きで質問されても良いですよ。


Commented by みなみ at 2013-03-17 23:52 x
こんばんは。
お世話になります。

夫がおでこをぶつけて結構出血しました。

私がオロオロしている間に自分で洗ってワセリンを塗りました。(ボクサーのマネをしたそうです)

ワセリンで湿潤療法を思い出しラップをはりガーゼをテープで固定しました。

今までの流れです。

昼12時頃おでこをぶつけて出血し洗ってワセリンをたくさん塗る。
ワセリンで血が止まっている感じです。

16時ワセリンの上からラップ、ガーゼ(滅菌ガーゼなのが気になります)テープをはる。

21時入浴してラップを取り替える。
Commented by みなみ at 2013-03-17 23:55 x
すいません。続きです。

傷の状態は2センチくらいで、うっすら血が滲んでいて少したんこぶみたいに腫れています。

痛みはないようです。

病院にも行きたがらないですし明日仕事行く時には何もしないで出勤すると言って困っています。

そこで質問ですが。

髪の毛の生え際でどうしても髪の毛がワセリンに入ってしまうのとガーゼが浮いてしまいますが大丈夫ですか?

会社では何もつけないで家にいるときだけワセリン ラップ ガーゼをするのでは意味がないですよね?
ワセリン ラップだけでも大丈夫でしょうか?

本人が傷を甘くみていて物凄く心配です。

よろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2013-03-18 07:59
>みなみさん

湿潤療法で傷を治療しているのは、傷を治そうとして出てくる細胞成長因子を含んだ滲出液だけですので、ラップやキズパワーパッドを使用しなくても、ワセリンを頻繁に塗り続けて創面を乾燥させない様にすれば同じ治癒効果を得られます。

湿潤療法の病院でも頭皮や髪の毛の生え際でうまくラップや被覆材が貼れない時や、小さなお子さんの顔面の傷や火傷ですぐに剥がしてしまう時には、ワセリン塗布のみを指示する事が多いです。

http://www.wound-treatment.jp/next/case/519.htm

参考にして下さい。
Commented by みなみ at 2013-03-18 23:34 x
こんばんは。

すぐのアドバイスありがとうございます。

先程お風呂でワセリンを洗い流したら痛くなり、すぐにワセリンを塗ったら痛みがなくなったそうです。

まだまだ傷は痛々しいですがワセリン続けられそうです。

ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2013-03-19 11:32
>みなみさん

いえいえどういたしまして。

痛みが消える事でこの処置が正しいと言う事を体が教えてくれていると理化されれば良いでしょう。

そのままそのケアを続けて行けば良いですよ。

大事にして下さい。

Commented by サク at 2013-05-30 14:34 x
アメブロの記事にコメント下さいましてありがとうございました。
傷痕が残らずに消えるという言葉に本当に励まされました。
娘ですので、例え見えないところだろうと痕を残したくなく、必死でした。
こちらのブログにお邪魔するのは初めてですが、きっと知恵袋の方は拝見させていただいたと思います。
ヒルドイドは塗らない方が良いのですね。
今は、おむつ替えの時にマカデミアナッツオイルを塗っていましたが、ワセリンに替えます。
今は、長ズボンで外には日が暮れた後に散歩程度で済ませています。
一昨日から湯船の中にも自分から入りだしました。
本当に事故が起こった時はどうなるかと思いましたが、早く上皮化してくれて良かったです。
これからは、ワセリンで様子を見ていこうと思います。

ご丁寧に、娘様のブログからのコメントありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2013-05-30 17:51
>サクさん

わざわざお礼のコメント有難うございます。

湿潤療法で早く上皮化して良かったですね。

そういえば前記事でリンデロンとアズノールの事が書いてありましたが、どちらも傷や火傷に塗っても全く問題ありません。

【ゲンタシン軟膏・リンデロン軟膏を傷に塗るのはどうでしょうか?】
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#081

【アズノール軟膏を傷につけるのはどうでしょうか?
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#025

参考にして下さい。
Commented at 2013-06-16 14:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-16 17:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-17 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-06-17 11:47
>ぴのこさん

了解しました

早くきれいに治ると良いですね

大事にして下さい。
Commented by at 2013-07-07 17:31 x
知恵袋から来ました。
梅酒を漬けようとガラス瓶を煮沸消毒しようとして大火傷をおいました。
私が運ばれた病院はジェル状のミックス軟膏と穴あきラップ、オムツの療法をしています。
私も写真を残そうと思います
Commented by ひろみ at 2013-07-08 07:02 x
はじめまして。
今年4月に1歳の娘に火傷を負わせてしまい、ガーゼ+消毒治療を受けていましたが、湿潤療法が良いと知り切り替えました。
今はただ、娘の火傷痕がどのくらいまで目立たなくなっていくのかとても心配です。
このブログに出会い、火傷痕を公開してくださっているということに、参考にさせていただいています。
2011年から、火傷痕はその後、変化はございましたか?
Commented by 2106racing at 2013-07-09 07:14
>簣さん。

コメント有難うございます。大変でしたね。
正しい治療で綺麗に治る事を祈ります。

Commented by 2106racing at 2013-07-09 07:21
>ひろみさん。

コメント有難うございます。
正しい治療に切り替えられて本当に良かったです。

現在も写真と同じく、少し色素脱色したままで変化はありません。

娘さんの火傷の深さが分からないので何とも言えませんが、小さなお子さんは成長に伴って綺麗になっていく事が多いので頑張ってケアしてあげて下さい。
Commented by なな at 2013-07-19 23:40 x
はじめまして、火傷をおって10日目です。水泡ができ病院で針を刺し水を抜き、軟膏ガーゼで治療しました。
湿潤療法のことは以前から知っていましたが、病院が遠く行けませんでした。
軟膏ガーゼは痛いとよくありますが、私は1度も痛くなく10日目の今日は湿潤療法の方々と同じような赤い上皮化した皮膚になりました。
上皮化したことで保護する薬は出されましたが、通院は終わりました。
なので、今日は美容皮膚科へ出かけ今後のケアの相談に行ってきました。
美容皮膚科の先生は「綺麗に治ったね」と仰っていました。
治療中何度も湿潤療法をやっている病院に行きたいと思いましたが、
今となってはこれでよかったと思っています。
しかし、湿潤療法をやっている病院がこの広い地域でたった一軒なのが不思議です、
今だ軟膏ガーゼが主流なのでしょうか。
Commented by はなまま at 2013-07-20 11:18 x
はじめまして。

熱傷2度でガーゼ+消毒治療を13日間受けてていました。
14日目からは治療なしで、18日目に状態を見せに来るよう
言われたので受診したところ壊死があるといわれました。

しかし、何の治療もなくズボンなどですれて痛いようなら
ガーゼをあてておくといいです。
と言われて熱傷の治療は全て終了となりました。

しかし、壊死といわれたのが不安で情報収集していて
こちらのブログに辿りつきました。

ガーゼをあてているだけでは不安なのですが
湿潤療法を受けたほうがいいでしょうか。

ただ、熱傷から20日が経過していて湿潤液?はなく
乾燥しているのですが湿潤療法は可能でしょうか?

お手間かけますが宜しくお願いします。
Commented by 2106racing at 2013-07-20 18:22
>ななさん。

浅達性Ⅱ度の火傷は湿潤療法でなくとも治りますが、水泡膜を残した事により、それが被覆材の代わりとなったので痛みも感じずに治癒した訳です。

逆に、水泡膜を除去してしまうと擦り傷と同じ状態になり、ガーゼがこびりついて治癒が遅れます。

火傷の教科書には、軟膏をガーゼにたっぷり塗って創面を乾燥させない様に書いてありますが、水泡膜が無い場合は全く無意味です。

浅達性Ⅱ度までならば、ガーゼ治療でも痛いながらもやがて治りますし、それより深い火傷は形成外科に紹介状を書いて逃げれば済むので、なかなか湿潤療法に変えない医師が多いのです。
Commented by 2106racing at 2013-07-20 18:39
>はなままさん。

バカ医者の障害治療を受けて見える様ですね。

もし、それが乾燥してできた瘡蓋の場合はワセリンを塗ってラップを貼っておくと、瘡蓋は自己融解してツルンと取れます。
これはお風呂で瘡蓋が溶けてふやけて剥けるのと同じ事で、もちろん痛くありません。
その後、滲出液が出てくる場合はそのまま湿潤療法を続けられれば良いです。

しかし、瘡蓋でなくて本当に壊死組織であればデブリードマン(除去)しないと内部から感染症を起こしてとても危険な状態になりますがそれも知らない低能な医者なのでしょうね。

この場合、早急に湿潤療法の病院へ行って正しい治療を受けられる事をお勧めします。
Commented by はなまま at 2013-07-21 02:01 x
こんばんは。
早々のお返事 有難うございます。

壊死があると言っているのに治療は終了ってどういうことなんだろう・
とは思いましたが、医者が言うことなので あとは、自然に治るのかと
考えてしまいました。

思いなおして調べてみて正解でした。

傷は4分の3位が黒っぽく(汚いような黒です)
化膿してはいませんが残りの4分の1は膿のような色をしています。
そして、その上に白いものが付いています。
また 周りが赤く痛みもあります。

素人なので違うかもしれませんが、正常な皮膚が
あがって来ているようには見えません。

やはり湿潤療法の病院を受診してみようと思います。
でも、もし壊死組織でデブリードマンというのをしなければならない
としたら痛そうでとても不安です。

どのように除去するのでしょうか?

何度もすみません。教えて頂けたら幸いです。






Commented by 2106racing at 2013-07-21 12:30
>はなままさん。

それが壊死組織だとすればかなり深い火傷であり、それで治療終了とする医師はヤブも甚だしいですね。

従来の治療では局所麻酔の上、メスによる外科的デブリードマン、又は細胞にも有害なクリーム軟膏によって溶かす化学的デブリードマンを行うのが普通です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

しかし、湿潤療法の場合は下記<低温熱傷の治療>の説明にある様に、滲出液によって壊死組織を自然に自己融解させる保存的デブリードマンを行う事が多いです。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/946.htm

壊死組織が完全に蓋をしている場合はメスや針で切れ目をいれて滲出液をそこから出てくる様にしておくと壊死組織の融解と同時にドレナージ(余液の排出・排膿)も行いますので治癒が進んで感染症のリスクも減ります。

もちろん痛くは無いのでご安心を。

Commented by はなまま at 2013-07-22 08:23 x
おはようございます。

重ねてのお返事有難うございます。
痛くないと聞いてホッとしていました^^

また、参考URLも有難うございます。
拝見させて頂いた所 壊死組織と確信しました。

幸い30分くらいのところに湿潤療法をされている整形外科が
ありましたので受診してみようと思います。

贅沢を言えば、湿潤療法の講演をされている先生に
診ていただきたいのですが
残念ながら通える範囲にいらっしゃいません。

あとは、外科処置を行わない湿潤療法オンリーの医師でありますようにと願うだけです。

有難うございました。



Commented by なな at 2013-07-22 16:52 x
お返事ありがとうございました。
私の場合水泡膜で難を逃れた感じなのですね。

疑問に思っていたことをお答えくださってありがとうございます。

夏も真っ盛りお元気でお過ごしください。
Commented by 2106racing at 2013-07-22 17:09
>ななさん

丁寧なコメント有難うございます。

ついでに上皮化後のケアの説明です。

上皮化したばかりの皮膚は赤っぽくて薄く、とても弱いので、皮膚がしっかりするまでのしばらくは、白色ワセリンを塗って保湿・保護をして、色素沈着防止のために遮光しておくのが上皮化後の一般的なケアです。

健康な肌でも乾燥は大敵なのですから、上皮化したばかりの皮膚は尚更の事、絶対に乾燥させてはいけません。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

こちらの「共和 エアウォールUV」と言うシールもお勧めです。
http://www.wound-treatment.jp/new_2013-06.htm#0612-0900-1



ついでに保湿にはなぜワセリンが良いのかの理由を貼って置きます。

<手荒れ・主婦手湿疹の治療,クリーム,尿素など>
http://www.wound-treatment.jp/next/wound351.htm

<皮膚の上の嫌気性菌-化粧品,シャンプー,石鹸,尿素クリームという虚構->
http://www.wound-treatment.jp/next/essay/026.htm

参考にして綺麗に治して下さい。

Commented by なな at 2013-07-22 19:20 x
いろいろ参考になることをありがとうございます。

今は、リンデロン-VGを処方されているので、それを塗ってガーゼで保護し、長いズボンをはいて過ごしています。

乾燥は大敵なのですね、乾燥させないようします。
共和 エアウォールUVはすでに購入したのですが、いつから使っていいのか分かりません、
ガーゼの上からならいいでしょうが、直接肌に貼るのはまだ先でしょうね?

リンデロン-VGが無くなったらワセリンでよさそうですね。

毎回の適切なアドバイスありがとうございます。
Commented by 2106racing at 2013-07-22 22:15
>ななさん。

エアウォールUVはフィルムドレッシングでもあるので、治療中に貼って、上皮化後も保護と紫外線防止のために貼り続けても良いはずです。

リンデロン、またはワセリンによる保湿とガーゼや衣服による遮光を続けても良いと思います。
Commented by なな at 2013-07-23 20:19 x
お返事ありがとうございます。
昨日からガーゼに薄っすらと少し黄色い液体がついていたので、
今朝と先ほど病院へ行ってきました、やけど跡も綺麗ですし
先生も不思議がっていました。

火傷は一進一退なのかと焦っています(焦りは明後日旅行にいくためですが)

病院へ通っているのですから、それでよいのについここへ来てしまいます(^^)

2106racingさんの優しいアドバイスのためですね。

今は2106racingさんが火傷をしたところから順にブログを拝見しているところです。
Commented by 2106racing at 2013-07-23 20:43
>ななさん。

私のブログの最初からの閲覧有難うございます。

うっすらと滲出液が出ているのは、まだ完全に上皮化していない証拠であり、それを不思議がる医師の方がおかしいです。

まあ、有機系の遺物として感染症を起こす可能性がある水泡膜を残すくらいの医師ですから、皮膚の再生についても詳しくないのは仕方がない事と思います。

とりあえずは上皮化直前なのですから、エアウォールUVや防水フィルムで良いので貼っておけば最後の治癒が促進される筈です。

火傷の湿潤療法の最終の仕上げで防水フィルムでケアしている方の写真入りの質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1247399097

当ブログのこの記事も参考なると思います。
http://ooyakedo.exblog.jp/m2010-01-01/

もう2〜3日で完全に上皮化すると思いますので頑張ってケアして下さい。
Commented by なな at 2013-07-24 17:10 x
いつもお返事ありがとうございます、ご迷惑と思いながらまたきてしまいました。

上皮化したら痒くなるとのこと、水泡膜が残って滲出液が出なくなり上皮化したと言われた時は痒みがありました。

上皮化したと言われたその日、美容皮膚科で水泡膜を消毒のようなもので全部はがされました。
その日から2日ほどヒリヒリと痛かったです、水泡膜は自然に剥がれるのを待った方がよかったのでしょうかね?

今は滲出液が出ているとこにラップをしてます。
Commented by 2106racing at 2013-07-25 06:47
>ななさん。

上皮化したら痒いのではなく、上皮化した皮膚や周囲の正常な皮膚に滲出液が付いたり、ラップで覆って発汗作用の邪魔をすると痒くなるのが普通です。

もちろん滲出液が出ている間は上皮化していませんが、無知な医師にはそれが分からないだけの事です。

水疱膜を温存すれば、痛みが少ない状態で上皮化する事が多いですが、湿潤療法の場合は、最初から感染症の原因となるすでに死んでいる不潔な水疱膜を除去して洗浄し、貼り替え可能な水疱膜として被覆材を使用するのです。

誰もが毎日下着を変えるのと同じ事なのです。
Commented by なな at 2013-07-29 16:02 x
いろいろとアドバイスどうもありがとうございました。

どうやらしっかり上皮化したようです。
お風呂から出て少し放置していたら、パリパリになる経験をしました。

これからは乾燥させないようにと日焼けに注意して過ごしていきます。

大変お世話になりました。

2106racingさんと私の住んでいるとこは案外近いんですよ。
どうぞお元気でお過ごしください、時々は遊びにきます。
                             なな
Commented by 2106racing at 2013-07-29 21:49
>ななさん

ちゃんと上皮化された様で良かったです。

7月9日の受傷でしたから20日間で上皮化された訳ですが、最初から完全な湿潤療法であればもっと早く上皮化したと思います。

こちらのブログは、私のブログに去年の3月29日から7月頃まで低温火傷ずっとコメントを入れられてみえたmamokenさんと言う女性のブログですが、先日油で腕の何か所かを受傷され、現在実験的に「湿潤療法VS水疱を残してワセリンたっぷりガーゼ(絆創膏)治療」での比較をされているところですが、経過が参考になると思います。

http://ameblo.jp/mamo-ken-8080/theme-10072006811.html

割と近いところに住んで見える様ですが、何かあった時は、また遠慮なく遊びに来て下さい。
Commented by こんにちは at 2013-08-22 15:55 x
さっき、熱湯を手にばしゃーっとかけました…痛くて痛くて仕方なかったですが湿潤療法で、痛みが収まりました(´▽`)ありがとうございます
Commented by 2106racing at 2013-08-22 18:54
>こんにちはさん。

こんばんは。

いえいえ、どういたしまして。痛みがすぐに止まって良かったですね。

早速、こんにちはさんの周りの方にも、この最新の処置を教えてあげて下さい。

お大事に。
Commented by ゆき at 2013-08-25 17:13 x
揚げ物をしていて気がついたら火傷していました…水ぶくれを大事にとっておいたのですが破れてしまって、即座に傷パワーパッドを貼っています。上皮化に備えワセリンも購入してきっと綺麗に治ると信じている最中です。湿潤治療の本を以前たまたま読んだことはあったので…愛犬が鎖が外れた犬に襲われ私もちょいと派手に擦り剥いたのもキズパワーパッドで綺麗に治しました。だいぶ前に読んだので記憶が定かではないのですが、動物に噛まれた、怪我の程度が酷い場合は病院に行くようにとか?あったような…それにつけてもここまで綺麗に治るとは凄い。自分の治癒力を信じてみます。
Commented by 2106racing at 2013-08-26 07:03
>ゆきさん。

すでに傷を湿潤療法で治癒された経験がおありならば、火傷も簡単に治せると思います。

油はねによる火傷の治療であれば、私のブログに3月29日から7月24日まで低温やけどでずっとコメントを頂いているmamokenさんのブログの「テーマ 湿潤療法と水疱膜温存治療」での治癒経過を参考にされると良いでしょう。

http://ameblo.jp/mamo-ken-8080/theme-10072006811.html

mamokenさん同様に、笑っちゃう位簡単に治る事と思います。

大事にして下さい。
Commented at 2013-08-27 22:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-27 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-27 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ななこ at 2013-08-27 22:39 x
すいません。
非公開になってしまいました。
Commented by 2106racing at 2013-08-28 20:09
>ななこさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

娘さん大変でしたね。

現在受けられている治療は湿潤療法ではなく、従来の治療そのものであり、担当の大学病院の形成外科医師は少し調べれば素人にでもすぐにばれる様な大ウソをつく頭の悪い残念な詐欺医師です。

大学病院でのヤブ形成外科医の手に掛かると、治るものも治らなくなりますが、その説明をすると長くなるので今までの知恵袋の回答例をリンクしておきます。

昭和医大で火傷治療を受けていた方の連続質問です。とても痛い思いをしてみえた様です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1147052316
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1247052397
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1347107963

こちらのブログの女性も、低温火傷で従来の治療を1ヶ月間受けた後、横浜の昭和大学病院を受診された時にすぐに植皮するしかないと言われました。
http://ameblo.jp/spicy--vanilla/theme-10036839418.html

Commented by 2106racing at 2013-08-28 20:10
続きです。

日本医科大学病院で浅達性Ⅱ度の熱傷なのに「2週間後、経過次第ですが、6割の確立で移植手術」と言われていた方の質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130803276

この方はこの後湿潤療法の病院へ転院され、植皮などする事なく治るということで、何度か私のブログにお礼のコメントを頂いています。下記のページのコメントで、知恵と同じpuipuiのIDですのですぐに判ると思います。
http://ooyakedo.exblog.jp/m2009-09-01/

先日も大学病院の形成外科で縫合後に消毒とガーゼによる拷問治療を受けていた質問者さんの救出に成功しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1095242115

ちなみにゲーベンクリームはⅡ度熱傷をⅢ度熱傷まで悪化させる程の人体の細胞組織への攻撃力を持っています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1272302442

同じ火傷経験者の私としては、娘さんのためにも手遅れになる前に1日でも早く、ヤブ医者の拷問治療から脱出して最新の正しい治療を受けられる事をお勧めします。

また分からないことがいつでも遠慮なく質問のコメントをして下さい。

Commented at 2013-08-31 01:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-09-01 08:38
>ななこさん。

返事が遅くなって申し訳ありません。

大学病院のヤブ形成外科医によるゲーベンクリームでの「拷問治療」から脱出できて良かったです。

彼らの思考には、ゲーベンで治癒を引き延ばしておいて、最終的には植皮で金を稼ぐ事しかありませんので、悪魔の毒牙に掛からないで良かったです。

ちなみに高橋先生とは、どちらの病院の高橋先生でしょうか?

湿潤療法による良好な経過とともに教えて頂けると有難いです。
Commented by ななこ at 2013-09-01 11:30 x
コメントありがとうございました。
幸いにもゲーベンクリームを使ってそれほど日数が経っていない事が救いです。
大学病院に外泊許可をもらい、勝手にセカンドオピニオンに行き昨日、退院させて下さいと主治医に話をしたら『ああ、そうでしたか、いいですよ。紹介状書きますから。では。』とあっさり姿を消しました…

主人と苦笑いしました。


先生は旭川大西病院の高橋美有生先生です。
Commented by 2106racing at 2013-09-01 13:02
>ななこさん

やはり旭川の大西病院の高橋先生でしたか。

高橋先生の症例は夏井先生のサイトの2012年6月13日の更新履歴やミニエッセイでも紹介されていますが、Ⅲ度熱傷でも植皮することなく簡単に上皮化されている名医ですので安心ですね。

http://www.wound-treatment.jp/title_new_2012-06.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/essay/dr_data.htm

実はこの症例のお子さんのお母さんは、夏井先生にメールされる前に知恵袋で質問されており、私の回答で転院される事を決められています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087490715

また、その後7月9日には私のブログにもお礼のコメントを頂いていますので参考にして下さい。

もちろんななこさんの娘さんも同じ経過をたどる事になると思います。

また、宜しければ経過のコメントなども遠慮なく入れて下さい。

大事にして下さい。
Commented by ななこ at 2013-09-01 15:49 x
夏井睦先生の新しい創創治癒から、熱傷医師一覧を見まして外泊許可をもらいすぐに見てもらいました。

本当に安心出来る優しい先生で、治療を変えて良かったと思っています。

そしてこの素晴らしいblogに出会えた事、本当に感謝しております。
ありがとうございました。
またご迷惑でなければこれからの経過をコメントさせて下さい。
一人でも多くの方がこのblogを見て、救われますように。。
Commented by 2106racing at 2013-09-01 18:08
>ななこさん

丁寧なお礼のコメント有難うございます。

今後、北海道で同じ様な火傷をされた方にとって、大いに参考になると思いますので、経過のコメント大歓迎です。

娘さんが1日も早く上皮化される事を祈っています。
Commented by ななこ at 2013-09-02 23:04 x
ありがとうございます。
私自身、blogやmixiなどに疎いためここにコメントを残す事で北海道で受傷された方に役に立てれば…と思っております。

札幌での情報になりますが大学病院形成外科では今のところ湿潤療法は取り入れていないように思います。
Commented by ななこ at 2013-09-02 23:09 x
大きな病院は手術で腕をふるいたいため、ガーゼ治療をしゲーベンクリームをぬり植皮させたいのだと思います。[娘が治療していた○○台病院ではそうでした]
ガーゼ治療+軟膏でも、湿潤は保っていますから湿潤療法ですと言い張ります。
Commented by ななこ at 2013-09-02 23:14 x
本当にここで言う、サギ湿潤療法師だと私も思っております。

コメントを何回にも分けて書いてしまい、本当に申し訳ないですが …
私のコメントで、サギ湿潤療法医師に出会う事のないように…
一人でも多くの方が救われますよう願っております。
管理者様 何度もコメントを残してしまい申し訳ありません…
ただただ皆様がいち早く湿潤療法に出会えることを願っております。
Commented by 2106racing at 2013-09-03 17:49
>ななこさん。

現在は、「儲からない湿潤療法」を認めない熱傷学会の教科書をうのみにしている形成外科や皮膚科医師以外の各種外科・内科・小児科の医師の方が抵抗なく湿潤療法に切り替える事が多いですが、大学病院の形成外科や皮膚科に救急で運ばれていつもの「カレンダー診断」や「ムンテラ」を受けて植皮をされるアンラッキーな患者さんは後を絶ちません。

http://www.wound-treatment.jp/new_2011-09.htm#0924
http://www.wound-treatment.jp/next/wound345.htm

私はそんな犠牲者を一人でも減らすべくブログを立ち上げて、知恵袋での回答を続けているのです。
Commented by のん at 2013-10-02 20:45 x
今晩は☆

早速アドバイスいただきありがとうございます。

リンク先を読ませていただき、なるほどよく理解できました。

子供の頃からの、「傷は乾燥させて治す。かさぶたができればもう安心」という先入観があるので、ラップを取替える時に剥がして“ジュクジュク”しているのを見ると一瞬不安になりますが(笑)、これが不思議なもので、そのまま何もせずに2-3分いると、ものすご~く痛くなってくるのです。

元々痛みに弱い私にとっては、もう、痛くてとても歩けないくらいです。

慌てて、ワセリンを塗ってラップを巻くと・・・
全く無痛という訳ではありませんが、普通に日常生活はおくれるし、デスクワークなんか普段と変わらずできてしまうんですよね。。

初めてのやけどが、湿潤療法が確立されてからで本当によかったです。

この傷口に消毒液かけられたり、傷口にくっついてしまったガーゼを剥がされる時の痛みを想像するだけで、もう失神しそうです。(笑)

それでは、また分からないことがあったら質問させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願い致します。
Commented by 2106racing at 2013-10-03 20:02
>のんさん。

被覆材を貼る事によって痛みを感じ無い事は、この治療が正しいと言う事を体が教えてくれていると思って良いです。

でもまだまだ湿潤療法は確立されていませんので、同じ様な火傷で現在も痛みと戦っている可哀想な方は多いと思います。(特に福知山の花火事件で被害にあった方たちなど…)

また分からない事があればいつでもどうぞ。
Commented by ねこみ at 2013-10-30 19:54 x
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
私は去年足に熱湯をかけてやけどしてしまいました。
最初はラップとアロマオイルでなんとなく温潤療法をしていたのですが、やけど跡があまりにも痛く、また両親から病院へ行けと言われてしまい病院へ行きました。

医師によると普通のやけどより深いやけどだが、ガーゼを当てて軟膏を塗れば治る、あとビタミンCを摂取すれば跡も無くなると言われてもうすぐで1年になりますが、まだ跡が残っています。

もう1年経過してしまいましたが、今から火傷跡をなくすためにできることはありますでしょうか?
ブログの記事も拝見させていただきました。
1年前にこちらのブログを知っていれば…と悔しくてなりません。
Commented by 2106racing at 2013-10-31 07:07
>ねこみさん。

湿潤療法を受けられなくて残念でしたね。

ただ、湿潤療法は自己再生能力を補佐する治療であり、従来の治療でもガーゼによる障害を克服して治癒しますので、植皮される事無く、無事上皮化されたのであればそれはそれで良かったと思います。

また、湿潤療法でも深い火傷では痕が残りますが、これも日にち薬でゆっくり様子を見ていくしかありません。

あってはいけない事ですが、今後、怪我や火傷をされた時には迷わず湿潤療法を受けましょう。
Commented by みお at 2013-11-22 13:35 x
こんにちは、初めまして、みおと申します。
10日前に250度の油を手の甲に被り皮膚科へ行ったところ、深達性2度~3度と診断されました。
テラジアパスタ+抗生物質を処方され今日まで言われたとおりにしてきましたが
焼けるような痛みに我慢できなくなり、先ほど傷口を見たところひどく潰瘍しておりました。
なれないネットで探してみたところ、こちらのブログを始め、やけどケアのポータルサイトや他の方のブログに辿りつき・・・涙がでるほど感激いたしました。

近くの小さな薬局にワセリンがおいてなかったので
今は傷口についた薬を綺麗に洗い流し、ラップのみで手の甲を覆っていますが・・・先ほどの痛みが嘘のように減り、潰瘍もなくなりました。

このブログに出会えて本当に感謝しております。
幸い、同じ市の中に湿潤療法をしている病院がありました。
先生がいらっしゃるのは来週月曜日の午前中からだそうなので、それまではラップのみで頑張ろうと思います!
Commented by 2106racing at 2013-11-22 14:22
>みおさん。

深達性Ⅱ度〜Ⅲ度の熱傷とは大変でしたね。
私の経験がお役に立てた様で良かったです。
あのテラジアパスタとこびりついたガーゼを剥がす時の痛みは未だに忘れられません。

また、私の時もそうでしたが、従来の治療を行う医師の目視での熱傷深度の判断はとても曖昧ですので、もしかしたらもう少し軽い火傷かも知れませんね。

そうである事を祈ります。

また、不安な事があればいつでも遠慮なくコメント下さい。

お大事に。
Commented by Uribe at 2013-11-23 10:42 x
はじめまして。Uribeと言います。18日に熱湯を手にかけて二度の熱傷になってしまいました。
最初に行った医者が水泡は破ってくれたものの、皮膚はとってくれずさらにガーゼで保護と言われました。痛かったので皆様の湿潤療法のブログを拝見して医者も変えて皮も取ってもらって、今はプラスモイストを貼っているのですがヒリつきがひどく動かすと痛い状態が続いています。手の甲から手首にかけてのやけどなので動いてしまうからでしょうか?この場合はラップの方が良いですか?広範囲であることと、かなり動く場所だからか痛くてたまりません。みなさん全く痛くないと仰っていらっしゃるので不安になってしまい、質問させていただきました。
お時間がある時で構いませんのでアドバイスをお願いします。
Commented by 2106racing at 2013-11-23 11:49
>Uribeさん。

湿潤療法は、被覆材で患部が潤う事で神経が空気と遮断されて痛みを感じ無くなります。

受傷直後で滲出液が大量に出ている場合は、吸収力のあるプラスモイストが良いですが、治癒が進んで滲出液が少なくなってくると乾燥気味となり、痛みが発生することがあります。

そんな時は白色ワセリン塗ると、湿潤度が上がって疼痛が緩和されますし、ラップを貼ってみても良いでしょう。

また、広範囲の火傷にはラップでも良いですが、吸収力が無いので、穴あきポリ袋とペットシートを組み合わせて使用する事もあります。

http://www.geocities.jp/pressure_ulcer_1/tokozurecare.htm
http://www.geocities.jp/pressure_ulcer/sub5201.htm

穴空きポリ袋とペットシートで治療されている女性のブログも参考になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/hello_brisk/44911768.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hello_brisk/44920116.html

一度試してみるのが良いと思います。
Commented by Uribe at 2013-11-23 19:30 x
2106racingさん、ご丁寧なお返事をありがとうございます。痛みは今朝よりはなくなりましたが、やはりプラスモイストが当たって痛みがでているのかもしれません。
滲出液はまだ出ている部分もあるので迷いますが、今晩はワセリンラップにしてみようかと思います。
というより、これだけの火傷をして全く痛くないわけはないですね^^;
少しでも早くキレイに治るように私も湿潤療法続けていきます。
また質問させていただくかもしれませんがよろしくお願いします。
ありがとうございました。
Commented by みお at 2013-11-23 19:42 x
早速のお返事、ありがとうございました。
非常に勇気づけられます!
朝起きて見ると、白~黄色に濁った液と塊が付着しておりました。
臭いや傷口の痛み、潰瘍はあまりなく
傷口の洗浄をしているときや、仕事にて手の甲を伸ばす時に少し強い痛みが走る程です。
今夜・明日もラップのみを使用を考えていますが大丈夫でしょうか。
必要であれば、何とかしてワセリンを購入したいと思っています。
また、水ぶくれのときに出来た皮や、やけどの時に変色してしまった皮が残っていますが、こちらは無理にはがさない方がよいのでしょうか。
お時間ある時に、お返事いただけると幸いです。
Commented by 2106racing at 2013-11-24 08:45
>Uribeさん。

湿潤療法は痛みが無いと言われますが、創面の刺激的な痛みを感じなくなるだけで、全く無痛という訳ではありません。

火傷した初期は毛細血管が損傷を受けていて、血流の関係で下肢はもちろん、手や腕の末端部の火傷でも下げた状態ではジーンとした痛みが続きます。

足は寝転がって上げた状態にするとその痛みは止まりますし、腕等も心臓より高い所にあげれば(挙上)止まりますが、それはいたって普通の事であり、何日か経過すると治癒が進むと共に痛みも消えて行きます。

私も受傷5日後のブログでは、同じように痛かった事が記録されています。
http://ooyakedo.exblog.jp/10898100/

参考にして下さい。

Commented by 2106racing at 2013-11-24 09:00
>みおさん。

返事が遅くなり申し訳ありません。

痛みを感じ無くなるのは、この処置が正しいという事を体が教えてくれていると思って良いので、自信を持って続けられれば良いです。

また、湿潤療法では、水疱の様に一度浮いたり剥がれたりした皮膚は組織から切り離されて死んでいますし、これを残しておくと、有機系の異物が残ってしまった事になる上にやがて劣化した体液が細菌の培養場となって増殖し、内部から深刻な感染症を起こしてしまう可能性も高いので、湿潤療法の病院では早々に全て除去してから被覆材を貼ります。

変色している皮膚も同様で、くっついている場合はやがてふやけて浮いてくるので、無理にはがさなくても良いですが、すでに浮いている場合は眉毛カット用のハサミを使えば綺麗に切り取れます。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound276.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#037
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#083

http://ameblo.jp/puffpuffpuff/entry-11214499168.html
http://sogawa.sblo.jp/category/909307-1.html

参考にして下さい。
Commented by Uribe at 2013-11-24 17:36 x
2106racingさん
色々アドバイスありがどうございます!本当に心強いです。
穴あきポリ袋とペットシーツの情報もすごく助かりました。ブログの方ととても似ている所の火傷なのでとても参考になりました。
私のは全周性ではないのですが、所々で深さが違うらしく、もう上皮化が始まっているところと、まだの所が入り混じっていて‥何で覆うか迷いますが今晩はプラスモイストを幾つかのピースに切って何とかしようかな、とか一番痛いところはまだラップにしようかな、とか考えています。
痛みは2106racingさんの5日目と全く同じです。安心しました。
ありがとうございます!
Commented by 2106racing at 2013-11-25 07:08
>Uribeさん。

湿潤療法であればちゃんと治るのが分かっていますので、いろいろ使って試してみるのも良いのではないかと思います。

痛くない最新の治療で、これからどんどん治っていく様子を(不謹慎ですが)楽しみながら観察していきましょう。

Commented by Uribe at 2013-11-26 23:36 x
こんばんわ!
すみません、もうひとつ質問させてください。
火傷はだいぶ綺麗に上皮化してきました!たぶんプラスモイストももう要らなくなると思います。
ただ医師が皮を取らなかった正常皮膚との境目のところの皮膚が、自分で洗ってもなかなか取れず、今日見たら一部が赤くブツブツと盛り上がってるんです。しかも触るとその部分だけ痛いんです。
これは加湿の状態でこのまま盛り上がって痕に残ってしまうのでしょうか?
心配になってしまって。
このような状態になった方はいらっしゃいますか?
自分でも探したですがなかなか見つからず、質問させていただきました。
お時間があればコメントよろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2013-11-27 07:15
>Uribeさん。

火傷は一般的に中央部分が深く、外周はそれよりも軽いのが普通ですので、中央部は浅達性Ⅱ度で外周部はそれよりも軽いⅠ度と思って良いです。

湿潤療法の場合、深かった筈のⅡ度の部分が先に上皮化してきれいに見え、その外周が茶色く残ったりますが、これもターンオーバーを繰り返す事で最終的にきれいに消えていきますので気にしなくても良いです。

こちらの連続質問の回答内容が参考になると思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1497750849
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1299171672
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13102205118

上皮化後もそのままワセリンでの保湿を続ければ綺麗に治っていきますのでご安心を。
Commented by Uribe at 2013-11-27 08:06 x
2106racingさん
お早いコメントありがとうございます!
すごい気になってしまって‥ホッとしました。
軽いはずの周りが一番痛いのでどうしたのかと思って不安になっていました。
本当に2106racingさんのように答えてくださる方がいて、私たちは幸運です。
ありがとうございました。
私もこれからもワセリンでの保湿をしっかりしていきます!
Commented by 2106racing at 2013-11-27 14:54
>Uribeさん。

いえいえ、どういたしまして。

あと、上皮化後のケアはこちらを参考にされれば良いと思います。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

健康な肌でも乾燥は大敵なのですから、上皮化したばかりの皮膚は尚更の事、絶対に乾燥させてはいけません。

頑張って綺麗に治して下さいね。

また、分からない事や不安になった時は遠慮なくコメント下さい。
Commented by 吉之助 at 2013-12-06 16:15 x
iPod touchからだと自分の質問が載っていないようです・・・ソーダ!にも質問を載せています。同じ名前です。パワーパッド買ったのですが、どうしていいかわかりません。よろしくお願い申し上げます。
Commented by 吉之助 at 2013-12-06 16:21 x
パソコンだとこのブログのコメントの1番下にコメントが見れます、コメント数68です。iPod touchからだと304番目になります。
Commented by みなみ at 2013-12-11 00:42 x
こんばんは。

3月にお世話になった みなみです。

その後夫のおでこの傷跡は全くなく綺麗です。
ありがとうございました。

色々検索したのですが見つからなかったので又ご相談させて下さい。

おへそが赤くなっています。
皮膚科に行こうと考えたのですが、もしかして、このような症状でもワセリンで良いのではと思いました。
ワセリンを塗り続けて大丈夫でしょうか?
Commented by 2106racing at 2013-12-11 09:45
>みなみさん。

旦那さんの傷が綺麗に治って良かったですね。

おへそが赤い事については原因が分からないので、とりあえずは皮膚科で診てもらうのが良いと思います。

それで、乾燥や接触性皮膚炎等であればワセリンでの保湿のみで良いと思います。
Commented by みやこ at 2013-12-26 13:10 x
はじめまして。みやこと申します。
12月21日土曜日にやかんの水蒸気で左手をやけどしてしまいました。
湿潤療法を調べてYahoo知恵袋からこちらのブログに参りました。
いきなりで失礼は承知ですが、質問させてください。
火傷初日は水ぶくれはなく、二日目から大きな水ぶくれができたので、三日目からキズパワーパッドを貼りました。
火傷は左手の人差し指、中指、薬指が一番ひどく、水ぶくれが敗れて赤い生肉が見えています。
1日一回、入浴後にキズパワーパッドを濡らしながらはがし貼り替えていますが、中指が腫れています。

ばい菌が入ったのか少し熱っぽいです。
痛みは指を動かすとあります。
とりあえず消毒は一切せず、洗い流しキズパワーパッドを貼り替えているのですが、腫れがあるようならもっとこまめに洗い流し頻繁に取り替えるべきでしょうか?

利き手で今受験を控えているのでとても心配です。
拙く急いで書いたため不明な点も多く申し訳ないです。

Commented by 2106racing at 2013-12-26 16:27
みやこさん。

すでに受傷されてから5日経過されており、それで現在その状態であれば感染症は起こしていないと思って良いでしょう。

湿潤療法はそのグロさに誰もが不安になりますが、余り痛みを感じないことで、皆さんそのまま続けられて治癒される事が多いです。

また、私は現在諸事情によって入院中ですので、コメントの対応が遅くなるかもしれません。
Commented by みやこ at 2013-12-26 18:36 x
2106racingさま
入院中の大変な時期に申し訳ありませんm(_ _)m
アドバイスありがとうございます。
何年か前にテレビで火傷治療をワセリンとサランラップだけで行っていたのを見て、湿潤療法はすごいなあと思っていたのですが、いざ自分でするとなるとてんてこ舞いになってしまいました。

黄色い汁が滲出液なのか膿なのか分からず、私の方法は間違いだったのかと不安だったのでアドバイス有り難いです。

入院中の大変な時期に重ねての質問大変恐縮なのですが、この治療でも火傷していたら傷ばれするものなのでしょうか?腫れていると少し字が書きづらくて…。
また、洗い流しの頻度は今のままでいいのでしょうか?
とりあえずまだ液はたくさん出るので、毎晩貼り替えています。綺麗に治るといいのですが。
水ぶくれにはなっていないところは、ワセリンを塗るだけの処置をしています。
Commented by 2106racing at 2013-12-27 08:11
みやこさん。

治療初期は毛細血管が損傷をうけているので、浮腫みが発生する事は多いのでそう気にする事はありません。

心配であれば、朝も洗い流しても良いとおもいます。
Commented by みやこ at 2013-12-27 11:26 x
重ね重ねありがとうございます!
まだじんわりと温かい感じですが、気長に治療していきたいです。
お忙しい中ありがとうございました。
もう一度ブログ拝読させて頂き、処置について調べたいと思います。
ありがとうございました
Commented by 2106racing at 2013-12-29 16:03
みやこさん。

返事が遅くなり、大変申し訳有りません。

正しい処置をつづけられれば、後何日かで上皮化が始まる事と思いますので、不安だと思いますが頑張って下さい。

ちなみに、私は現在消化器の疾患で、以前火傷でお世話になった市立恵那病院に入院中ですが、同じ病棟には2週間程前に両足に大火傷を負われた女性も入院されています。

たまたま近くの市立恵那病院に救急車で搬送された様ですが、これが他の病院であれば、私と同様に多治見に移されて今頃植皮を受けているところだと教えてあげたところ、そんな治療を受けずに済んでよかったと、とても安心されていました。
Commented by みやこ at 2013-12-29 22:52 x
こちらこそ入院中に厚かましくすみません。
私も含め2106racingさまが病院で出会った方も、女性ということで、火傷の痛みもさることながら、傷跡が気になるというのは大きな問題だと思います。
その方が湿潤療法をしてくださる病院に搬送されたとはいうことは本当にラッキーでしたよね。
私はおかげさまで痛みもなく、順調に湿潤療法中です。
昨晩もいつものように風呂上がりに貼り替え作業がてら、家族にお願いしてべろんと剥けた皮を眉毛バサミで切除してもらいました。

そして今日も風呂上がりに貼り替え作業をしておりましたら、見ていた家族が、昨日よりずっと良くなっていると驚いていました(笑)
私は毎日火傷を見ているのであまり変わったようには感じないのですが、他人から見ると驚くほどの効果なのですね。
Commented by みやこ at 2013-12-29 22:59 x
続きです。

記憶の片隅にあった湿潤療法という言葉と、こちらのブログと出会えて、本当に幸いでした。
病院に通わず自分でできるギリギリのラインの火傷だろうなあと不安でしたが、通える範囲内には、湿潤療法をしてくださる病院はなく、ガーゼを貼られるくらいなら自分でやったれと思いはじめましたが、むしろ良かったなと思えます。

毎日火傷の経過を写真に残し、マイペースに気長に治療中です。
誰に見せるわけでもないですが、これを見ながら楽しみながら?治療に励みたいと思います。

入院中に的確なご指導、ありがとうございます!
Commented by りんちゃんまま at 2013-12-29 23:08 x
はじめまして
今日思わず鍋をつかんで右手の三本指を火傷してしまって冷やしてもすぐに痛みがぶり返し藁をもすがる思いで検索して知恵袋からこちらのサイトに参りました。
ラップ半信半疑でしたが痛みが無くなり助かりました!
私も子供の頃右足の太ももに熱湯を浴びて母に夜間救急につれていかれその時病院の先生に湿布薬を貼られた事を思い出しました。
対した火傷でもないのに未だ痕が残っております
流石に湿布薬は無いだろうとその時も思いましたけど!
ほんと助かりました(^o^)
ありがとうございました
Commented by 2106racing at 2013-12-30 07:42
りんちゃんままさん。

いえいえ、どういたしまして。
ラップでの正しい処置で痛みがすぐに止まった様で良かったです。
信じるものは救われるとは、正にこの事ですね。
Commented by 2106racing at 2013-12-30 21:07
みやこさん。

回線の状態が悪くて、返事が遅くなりました。

私の経験から言うと、その処置であれば、あと10日もすれば上皮化するとおもいますが、その頃に私も退院する予定ですので、また良好な経過のコメントを頂けるとありがたいです。

頑張って綺麗に治して下さい。
Commented by みやこ at 2014-01-06 21:58 x
あけましておめでとうございます。
昨年末はお忙しい中、丁寧なアドバイスをありがとうございました。
おかげさまでキズパワーパッドによる湿潤療法は終了し、現在は上皮化した手を手袋、ワセリンで保護しています。
周りからは、植皮が必要かも、と心配されていましたが、赤ピンクの皮膚に覆われびっくりするくらい治癒しました。

あとは日焼けに注意しながら、ケアを怠らないように経過を見るつもりです。

正直私も、かなりひどい火傷だったので病院に行くべきかと悩んでおりましたが、日に日に皮膚が再生し、回復したので一安心しております。
日常生活も支障なく、鉛筆も握れます。
本当に本当に、ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2014-01-09 09:29
みやこさん。

どういたしまして。
火傷を治されたのはみやこさんの自己治癒能力ですから、お礼にはおよびません。

それにしても、予定よりもとても早い上皮化で良かったです。
また、よろしければ周りの方にもこの最新の治療のすごさを広めてください。

後は正しいケアできれいになおしましょう。

頑張って下さい。
Commented by くりくり at 2014-01-19 03:04 x
はじめまして
1/14に超高温のヘアアイロンで手の甲をじゅっと焼いてしまいました
turuchan-40さんの知恵袋コメントに目からうろこ、さっそくラップで手当てしたのですが、傷口以外の肌が痒くなってしまい、あわてて高いキズパワーパッドを買ってきました。
あれから一週間たちますが、湿潤液で白く膨れ上がった傷口は
パッドを変えても変えても膨れ上がったままです
くじけてしまいそうです
けれどこちらのブログでの写真を見るたびに励まされます
あせってはいけませんね
がんばります
湿潤療法をしているお医者さんのリストが消えてしまっていて残念です
私は田舎に住んでいるので、平気でガーゼと消毒をされてしまうのです

Commented by 2106racing at 2014-01-19 22:18
>くりくりさん

「湿潤液で白く膨れ上がった傷口」と言うのはキズパワーパッドが滲出液で白く膨らんだ状態の事だと思いますが、私の軽かった左手の浅達性Ⅱ度の火傷でも、上皮化までには2週間程度掛かりましたので、まだしばらくは膨らみ続けると思います。

しかし、これは自己治癒能力が一生懸命働いている証ですので、くじける事無く、最新の治療での治り具合を観察しながら気長に貼り替えていきましょう。

あと、湿潤療法をしているお医者さんのリストは消えているのではなく、地図の各県をクリックすればリストが出てきますよ。

また、こちらの仕事中の手の火傷で、私のコメントで労災指定の病院に行くのをやめて勝手にご自分で治しちゃった方のブログも参考になると思います。
http://ameblo.jp/apple-mama-yokubari/theme-10059544464.html

たとえご自分の処置でもそこら辺の、消毒・ガーゼ治療のヤブ医者による治療よりは数倍痛くなく、早くきれいに治る治療ですので頑張って下さい。

Commented by みなみ at 2014-01-20 21:10 x
おへそが赤くなった みなみ です。
皮膚科に行き乾燥が原因とのことだったのでワセリンを塗り続けて時間はかかりましたが、綺麗になりました。
簡単に赤くなったと書きましたが実はグジュグジュしてて大変でした。
それでも治りました。
我が家では何かあるとワセリンを塗る癖がつきました。
入院されていたそうで心配しました。
お大事になさって下さい。
それからこれからもよろしくお願いします。
Commented by 2106racing at 2014-01-21 11:53
>みなみさん。

旦那さんのおでこの傷と言い、乾燥したおへそのグジュグジュと言い、どちらにしてもワセリンは最強の効果を発揮しましたね。

湿潤療法経験者はバカの一つ覚えの様に「なんでもワセリン塗布で保湿」となってしまうのが普通です。

こちらこそよろしくお願い致します。
Commented by くりくり at 2014-01-22 02:03 x
コメントありがとうございました。信じて貼り続けた結果、ついに今日まったく膨らまなくなりました。もう液も止まってうっすら皮ができています!
とにかく痛みが消えるのに驚きで、そして楽でした
こんないい治療法が知れて本当によかったです
そして励ましてもくださり嬉しかったです
今後怪我や火傷をした人にこのブログを勧めます
ありがとうございました
Commented by 2106racing at 2014-01-22 11:15
>くりくりさん

1月14日の受傷でしたが、とても早い上皮化に驚きました。

すでにそこら辺のガーゼ治療のヤブ医者よりは、火傷や傷を「痛くなく、早く、綺麗に治せる」プロ以上の素人になりましたね。

また、上皮化したばかりの皮膚は赤っぽくて薄く、とても弱いので、皮膚がしっかりするまでのしばらくは白色ワセリンを塗って保湿・保護をして、色素沈着防止のために遮光しておきましょう。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

くりくりさんも、この貴重な経験を元に、周りにもこの素晴らしい治療のすごさを広めて下さい。
Commented by くりくり at 2014-01-22 16:52 x
はい、しっかり遮光します。
いずれにせよ、痛くない、というのは昨今の癌患者に対しての
「切ったり貼ったりして治そうと務める」よりも
「QOLの維持を目的として毎日を人間らしく生きる」方が望ましいのではないか、
緩和ケアこそが大切ではないか、
という風潮・考え方にも似てますね
進歩的な歯医者さんも無痛治療目指して切磋琢磨しがんばってくれています。
痛くないというのは本当に大切なことだと思います。
多少痛いのは我慢すべきと叱り付けたり居丈高にご高説垂れる医者よりも
なるべく痛くない治療法があればそれを勧め、試行錯誤してくれる医者のほうが
絶対にいいし信頼もできる。
それは医者のみならずひととしてそうあらねばならないと思っています。
湿潤療法を知って、こんなことまで考えるようになりました。
これは何はともあれ、とてもひとに優しい治療法だと思うのです
Commented by 2106racing at 2014-01-23 07:43
>くりくりさん

全くその通りだと私も思います。

しかし多くの熱傷専門医や形成外科医は「火傷は痛いのが当たり前」と思い込んでおり、湿潤療法が広まりつつある現在でも患部を乾燥させるガーゼや、激痛を伴うクリーム軟膏を使い続けているのが哀しい現実です。

私たち湿潤療法経験者は、そんな拷問治療を受けている方を一人でも多く救わなければいけないと思っています。
Commented by みなみ at 2014-02-10 18:49 x
おへそが赤くなった、みなみです。
又々お世話になります。

今度は頭皮湿疹になってしまいました。

たくさん液体が頭皮から出てきて髪の毛がベタベタで少しヒリヒリしています。
フケの塊も凄いです。

シャンプーを変え様子をみましたが症状は改善しません。

乾燥が原因なのでどうにか湿潤療法できないでしょうか?
Commented by 2106racing at 2014-02-11 08:05
>みなみさん

頭皮については傷や火傷でも、湿潤療法は効果が無いようです。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/519.htm

私の経験では、頭皮の乾燥等の問題はシャンプーにあると思います。
夏井先生もそうですが私も4年前からシャンプーレスで洗髪しています。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound377.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/wound378.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/wound391.htm

ちなみに私は40年以上酷いアトピーで悩まされていましたが、2年前からの糖質制限で体質が変わってすっかり治ってしまいましたよ。
http://www.wound-treatment.jp/next/essay/sugar-1.htm
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1206.html

宜しければ参考にして下さい。
Commented by みなみ at 2014-02-12 10:27 x
こんにちは。
早速昨日シャンプーレスをしてみました。

夜中痒くて眠れないしべったりしています。
ですが普通の皮膚科に行ってステロイドを塗るのも抵抗があります。

思い切って夏井先生の病院に行ってみようかとも思うのですが、調べると、シャンプーレスが最適のようですね。

まだ初日ですし頑張ってみます。

糖質制限以前から気になっていました。
夏井先生がテレビに出ているのも見ました。
turuchan-40さんは、すぐに糖質制限できましたか?私は糖質大好きなため相当の頑張りが必要なようです。
Commented by 2106racing at 2014-02-12 19:17
>みなみさん

東京にお住まいなのでしょうか?
そうであれば一度夏井先生の病院を受診される事をお勧めします。

こちらの女子の糖質制限関係のブログも、夏井先生の影響でシャンプーレスを行っていますが参考になると思います。
http://ameblo.jp/lowcarblife2012/entry-11599989729.html
http://ameblo.jp/lowcarblife2012/entry-11600534212.html
http://ameblo.jp/lowcarblife2012/entry-11601182146.html

また、私も2年前はエコーにバッチリと映る脂肪肝でかかりつけの内科医に、あと3㎏体重を落とせば、血液の数値も脂肪肝も改善するといわれていたので、試しに1か月程一切炭水化物を取らない「スーパー糖質制限」を試して検査したところ、7㎏落ちてメタボ腹はへっこんだ上、脂肪肝は治って、血液数値も正常値になって驚きました。

こうなるともう糖質は恐ろしくて摂る気にはなりませんが、3か月程は糖質の禁断症状と戦ってました。

参考にして下さい。
Commented by 通りすがりの主婦 at 2014-02-14 13:11 x
先日1歳になったばかりの息子に火傷をさせてしまい、緊急外来に行ってきたのですが、軟膏とガーゼの処置に疑問を持ちネットで調べたらすぐに貴方の回答がヒットしました。
その後夏井先生のサイトに登録されている病院へ行き湿潤治療を受けることができました。
2週間で通院も終わり、今では綺麗なピンクの肌ができています。
貴方がたくさんの回答を残してくれているおかげですぐに湿潤治療を見つけることができ、息子も、何よりも罪悪感と後悔で押し潰されそうだった私の心も救われました。
どうしてもお礼が言いたくて書き込みました。
本当に感謝しています。
ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2014-02-14 23:06
>通りすがりの主婦さん

いえいえどういたしまして。

大切なお子さんの火傷で、早いうちから正しい治療を受けられた様で本当に良かったです。

私の知恵袋の回答やこのブログでもそうですが、こうやって湿潤療法を経験された方がまた、新たに周りの人に正しい治療の情報発信をする事で、痛い思いをする方が一人でも減る事が大事だと思います。

今後は正しいケアできれいに治してあげて下さい。
Commented by krystalos at 2014-03-12 01:13

こんばんははじめまして。
ヤフー知恵袋からのリンクでこちらのブログへ辿りつきました。

6日前足に低温火傷をしてしまい、抗菌作用の高い蜂蜜を塗って
ガーゼを当てていました。
実は以前同程度の火傷をした時は形成外科で治療をし、その後少しでも
傷跡が目立たなくなって欲しいとの思いから形成手術をしたのですが、
手術した部分とは別の場所に抗菌力の高い蜂蜜を塗って治した傷跡の方が
綺麗に早く治った経験があったので、今回も蜂蜜を塗って治そうと思いました。
水ぶくれになってはいましたが患部は落ち着いていたので薄い皮を剥がして
しまったのですが(そのままの方が良いとは知らず;;)傷がむき出しに
なってしてしまうと痛みもあり、流石に消毒をしていた方が良いかなと思い、
今日近所の総合病院の皮膚科を受診に行ってきました。
Commented by krystalos at 2014-03-12 01:15

患部を消毒しガーゼにゲーベンクリームを塗ったものをあてる処置を受け、
そのクリームの処方箋も出たのですが、処置後暫くし痛みがどんどん強くなり、
立ったり何か動作をする度、あまりに酷く痛むのでガーゼを剥がしてみたところ、
薬を塗った部分の患部が全部数ミリ陥ち込み真っ白になっておりビックリしました。
まさか火傷後一週間経ち、病院を受診してから悪化するとは思いもしませんでした。
クリームを塗るまでは患部の皮膚は赤かったですが正常部分との段差等もなく
激痛で唸る様な痛みもありませんでしたが、たった数時間後の変貌に茫然でした。
驚き処方箋の説明を読むと副作用の項目に「痛み」とあり、…それにしても痛すぎるし
溶ける様に陥ち窪んだ患部の様子が、良くなる経過の痛みだけと素直に思えず、
「ゲーベンクリーム 痛み」等で検索し、ヤフー知恵袋にあった2106racingさんの
お答えを見つけ拝読し、湿潤療法というものを知ってリンクからスムーズに
近場で湿潤治療をしている病院を見つける事が出来、リンク紹介の掲載の通り
患部を洗い白ワセリンを塗ってラップで保護するという方法を実践してみると、
程なく心臓に響く程の激痛が可也軽減されました。
Commented by krystalos at 2014-03-12 01:18

早速明日リンクで見つけた病院へ行ってこようと思います。
詳細に丁寧に沢山の情報を紹介をしてくれた2106racingさんの御苦労のお蔭で
本当に助かりました。
長々と書きこんでしまいましたが、どうしてもお礼をお伝えしたくて数年ぶりに
Exciteにログインし、2106racingさんのブログのコメント欄へお邪魔させて
いただきました。

怪我や火傷はいつなるか分かりませんので、是非知人や友人ともこの情報を
分かち合いたいと思います。
とても助かりました。本当に素晴らしい情報を有難うございました。
(本当に本当に長くなってしまいました( ˘ω˘ ; )ご免なさい;;)
Commented by 2106racing at 2014-03-12 08:17
> krystalosさん。

消毒とゲーベンクリームとガーゼの処置は火傷での「スペシャル拷問トリオ」治療ですが、その治療で悪化させた後は早速「植皮へのススメ」となりますので、早めに脱出できそうで良かったですね。

すでにご存じかも知れませんが、湿潤療法の病院での低温火傷やけどの治癒経過についてはこちらのブログがとても参考になると思います。
http://ameblo.jp/spicy--vanilla/theme-10036839418.html

こちらの方はご自分での湿潤治療です。
http://ameblo.jp/mamo-ken-8080/theme-10056114710.html

馬油(ソンバーユ)だけで治してしまう強者も見えます。
http://ameblo.jp/haruko-omoidepriceless/entry-11793690968.html

もちろんこの方たちは少なくともそこら辺の医者よりは低温火傷治療では上を行っています。

参考にして下さい。
Commented at 2014-04-02 01:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-04-04 08:07
>非公開コメントさん

コメントに気付くのが遅れて、返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

受傷初期の何日間は、水疱膜を温存していても、ある意味湿潤療法と同じ効果がありますので、上皮化が進んでいたと思って良いでしょう。

これで滲出液が出ていなければすでに薄い皮膚が張っていると思われます。
この場合、アセモやカブレを起こしますのでラップの使用はやめて、ワセリンのみでの湿を続ければやがて皮膚もしっかりしてきます。

これらを参考にされると良いと思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141334361
http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

正しいケアで綺麗に治して下さい。
Commented by 非公開コメントの者です at 2014-04-04 23:17 x
すみません非公開にしてしまってました。
お忙しい中返信いただきありがとうございます。
患部が少し痒いので、ラップを外して治療してみようと思います。
知恵袋やこちらでの情報には大変お世話になりました。
湿潤療法を知れて本当に良かったです。
本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2014-04-05 07:34
>のむ(非公開コメント)さん

いえいえどういたしまして。

痒いのは治りつつある証拠です。
ラップを貼っていても滲出液が出ていなければ上皮化した事になりますので、ワセリンでの保湿のみに変えられても良いですよ。

これで綺麗に治れば、周りの方にこの最新の治療法を教えてあげて下さい。
Commented at 2014-04-26 16:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-04-28 07:11
>みなみさん

返事が遅くなって申し訳ありません。
旦那さん、大変でしたね。

労災を受け付けない病院があるとは知りませんでした。

ただ、そこら辺の消毒・ガーゼ病院の治療よりは、ご自分での湿潤療法の方が確実に「痛くなく、早く、綺麗に治る」のは間違いありませんので、頑張ってケアしてあげて下さい。

湿潤療法のミソは、「こまめな被覆材の交換」だけです。

分からない事や不安になったいつでも遠慮なくコメントして下さい。
Commented by みなみ at 2014-04-28 22:24 x
ありがとうございます。

右中指人差し指がふやけて白くて出血と水ぶくれでした。

2106racingさんがおっしゃっているハサミで皮膚を剥がそうと頑張ったのですが怖くてできませんでした。

やっぱり病院だと思い。

労災問い合わせ先に電話で聞いたところ 労災に問い合わせした事を病院に伝え健康保険が使えないと言われたと言ってみるよう指示されたので、その通り伝えたら、あっさりOKでした。

治療ですがハサミで指の皮膚を剥がしました。真っ赤な皮膚が痛々しいです。
プライスモイスト(おーこれがと何故か感激です初めて実物見たので)に薄くワセリンを塗り患部に貼ってテープで止め包帯を巻きました。
続きます。
Commented by みなみ at 2014-04-28 22:27 x
続きです。
そこで相談なのですが、
今日はお風呂入る時に外して又同じのを貼って下さいと看護士に指示されました。

今外したのですが今まで付けていたプライスモイストを又付けるのに抵抗があるのですがどう思いますか?

おでこの火傷ですがピンク色をしていて縦5㎝横3㎝ぐらいの大きさで先生は日焼けしないようにしてと指示されました。

手首の火傷は3㎝2㎝ぐらいです。
もう乾いているのでバンドエイドでも貼っておけばいいという指示です。

なるべく傷を残したくないのですが本当にそれで大丈夫なのでしょうか?
ワセリン塗りたいです。
Commented by 2106racing at 2014-04-29 08:10
>みなみさん

プラスモイストを始めとする全ての被覆材は、患部の洗浄と同時に新しい物に交換するのが基本です。
いわゆる分泌液で汚れた下着と同じ物と思えば良いでしょう。

手や指の傷や火傷の処置についてはこちらの歯医者さんのブログが参考になると思います。

http://blog.livedoor.jp/haisyasann/archives/52009275.html

この写真の逆パターンで指だけ切って使用すれば片手分で5回使用できますので、いろいろな被覆材よりはお値打ちですし、プラスモイストとの併用も可能です。

また、おでこや手首の火傷には薬局で防水フィルムを買ってきて貼っておいてもフィルムドレッシングと言う湿潤療法の一種となり、とても簡単に治癒させる事が出来ます。

湿潤療法で傷を治療しているのは、傷を治そうとして出てくる細胞成長因子を含んだ滲出液だけであり、ラップでもキズパワーパッドでも、防水フィルムでもポリ袋でも、常に患部を程良く潤わせる(湿らせる)補佐をしているに過ぎず、創面が乾く事が無ければ何を貼っても効果はそう大して変わりません。
Commented by 2106racing at 2014-04-29 08:11
続きです。

こちらの旦那さんの火傷を私のブログやコメントを参考にしてご自分で治しちゃった方のブログも参考になると思います。

http://ameblo.jp/apple-mama-yokubari/theme-10059544464.html

ちなみに湿潤療法の考え方では、水疱の様に一度浮いたり剥がれたりした皮膚は組織から切り離されて死んでいますし、これを残しておくと、有機系の異物が残ってしまった事になる上にやがて劣化した体液が細菌の培養場となって増殖し、内部から深刻な感染症を起こしてしまう可能性も高いので、湿潤療法の病院では早々に全て除去してから被覆材を貼ります。
水疱膜は汚れた下着以上に不潔だと思った方が良いです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11115308526
http://ameblo.jp/apple-mama-yokubari/theme7-10059544464.html

参考にして下さい。
Commented by みなみ at 2014-05-02 00:29 x
経過報告させて頂きます。
早速防水フィルム購入し手首に貼りました。
夫が貼ってないみたいで快適と喜んでいました。

おでこは1日だけ貼り、ツルンとしてきたので日焼け止めでよい気がしたのですが乾燥しているのか突っ張る感じがすると言いワセリンを塗っています。
おでこは火傷当日本当に痛々しかったのに、あっというまに治りました。

夫は指も防水フィルムを貼りたがっていますが、まだ真っ赤なグジュグジュなのでプラスモイストを続けています。なくなったら歯医者さんのようにグローブに変えてみます。

旦那さんの皮膚を除去した主婦の方のように私も頑張ります。

又勝手に報告させて頂きます。すいません。
Commented by 2106racing at 2014-05-03 00:18
>みなみさん。

ご報告有難うございます。
順調な経過で何よりです。

湿潤療法では、剥き出しになった皮膚の神経が被覆材や滲出液によって空気と遮断されるために痛みを感じなくなりますが、それで正しい治療であるという事を体が教えてくれていると思って良いです。

自信を持って綺麗に治してあげて下さい。



Commented at 2014-05-13 13:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-05-14 07:14
>非公開コメントさん。

返事が遅くなり、申し訳ありません。

知恵袋も見られている様ですので、コメント内容がすでに読まれた回答と重複するかも知れませんが、ご了承下さい。

まず、キズパワーパッド等の被覆材を使用する湿潤療法については歴史が浅いので、医師によっても理解力に温度差があります。

ホクロの除去後の処置や、被覆材の貼り替えの間隔についてはこちらの回答を参考にして下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14119886219

また、湿潤療法で傷に塗って良いのは全く無害の白色ワセリンかプラスチベース(流動パラフィン)、又はこれらが基材の半透明の油脂系軟膏だけですが、それも患部が十分に潤っていれば無理に塗る必要はありません。
逆に乳白色のクリームは、それに含まれる界面活性剤が皮膚や人体細胞を痛め付けますので絶対に使用してはいけません。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound351.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/essay/026.htm

参考にして下さい。
Commented at 2014-05-15 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-05-17 00:09
>非公開コメントさん

もちろんヒルドイドもクリーム製材ですので塗ってはいけません。
同じ成分の小林製薬のアットノンも同様です。

<ヒルドイドソフトは保湿剤なのか>
http://www.wound-treatment.jp/next/jikken/019.htm

こちらの質問と回答が参考になるでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1081063680
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087171185
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463972749

アットノンでの質問にこんな回答をしている医師も見えます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1170129976

参考にして下さい。
Commented at 2014-05-18 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-05-19 06:27
>非公開コメントさん

医師の中には、従来の間違っていた教科書は良く見ていても、患者を診ていない方も多いです。
やみくもに信用しない方が良いでしょう。
Commented at 2014-06-09 10:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-06-10 06:25
>非公開コメントのびるさん

返事が遅くなり、申し訳ありません。


1.) キズパワーパッドの処置で全く問題ありません。

受傷直後は滲出液が大量に出ますのでこまめに貼り替えましょう。

また、湿潤療法を初めて行う方は、その傷のグロさと絶えず出て来る黄色いドローっとした滲出液や納豆のような臭いに不安になりますが、それでも余り全く痛くない事に安心してそのまま続ける方が多いです。

現在も痛みを感じていない場合は、この治療が正しいと言う事を体が教えてくれていると思って良いでしょう。

2.) 汗をかくような激しい運動でも気にする事はありません。

ただ、血行が良くなるので、下肢は血流の関係で浮腫んでジーンとした痛みが続く事があります。

寝転がってみて足を上げた状態(下肢挙上)にすると痛みが止まる様であれば、それはいたって普通の事であり、何日か経過すると治癒が進むと共に痛みも消えて行きます。

参考にして下さい。
Commented at 2014-06-10 09:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-06-10 22:17
>非公開コメントのびるさん

ネットで出ている症例の様に、正しい湿潤療法を行えばちゃんと治りますのでご心配なく。

また分からない事があれば遠慮なくコメントして下さい。
Commented at 2014-06-16 16:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-06-16 21:58
>知恵袋の非公開コメントさん。

わざわざのお礼のコメント有難うございます。

すぐに痛みも緩和されてくる筈ですので、もうしばらくの辛抱です。
頑張って下さい。
Commented by kiyu-6 at 2014-06-18 02:31
はじめまして。
知恵袋からお邪魔させていただきました。
先週の木曜日に火傷をして、現在ラップを使った湿潤療法にチャレンジしています。
少し感染症の心配などがあり、お時間がある時にご意見・アドバイス等いただけたらと思います。
今後、火傷の経過を見てみようと先日ブログを作成致しましたので、そちらに火傷から現在までのことを記載致しました。
よろしくお願い致します。
Commented by 2106racing at 2014-06-18 07:49
>kiyu-6さん

ブログ拝見させて頂きました。
わたしが見る限りは順調な経過ですよ。

感染症の心配をされている様ですが、湿潤療法では密閉性の被覆材が細菌の侵入を阻止する上、こまめな患部の洗浄と被覆材の交換でドレナージ(余液の排出・排膿)が行われるので、細胞分裂速度の遅い病原性の細菌も増殖が追い付かずに殆ど洗い流されて激減し、感染症の発症も抑えられます。

すでに知恵袋でご存じかも知れませんが
<てしま皮膚科・形成外科院長のブログ>
http://ameblo.jp/momo-clinic/entry-11463817580.html
http://ameblo.jp/momo-clinic/entry-11469684290.html
http://ameblo.jp/momo-clinic/entry-11473234745.html

また、手や指の傷や火傷の処置ははこちらの歯医者さんのブログが参考になると思います。
http://blog.livedoor.jp/haisyasann/archives/52009275.html

もちろん私も指の傷には使用していますが、ラップよりも外れにくい上に快適です。

ブログの順調な経過の更新が楽しみです。
頑張って下さい。
Commented by kiyu-6 at 2014-06-19 01:30
お早いお返事ありがとうございます!
参考URLも貼っていただき、大変助かります。

ここまで酷い火傷は初めてで、順調と言っていただけてだいぶホッとしています。

湿潤療法ではあまり痛みがないとのことですが、いまだにズキズキと痛むことがあり、また傷口の周囲も若干赤くなっているので感染症を心配していました…。
こまめに洗浄・交換をしていれば大丈夫なのでしょうか?

治療終了まで頑張りたいと思います!
Commented by 2106racing at 2014-06-19 05:57
>kiyu-6さん

湿潤療法を初めて行う方は、その傷のグロさと絶えず出て来る黄色いドローっとした滲出液や納豆のような臭いに不安になりますが、それでも余り全く痛くない事に安心してそのまま続ける方が多いです。

また、湿潤療法は皮膚の神経が空気と遮断されて痛みを全く感じなくなるのも大きなメリットですが、治療初期の滲出液がたくさん出る時期はまだ毛細血管が損傷を受けていますし、手先や下肢は血流の関係で浮腫んでジーンとした痛みが続く事があります。

手や足を心臓より上げた状態(Elevation:挙上)にすると痛みが止まる様であれば、それは創傷治療中ではいたって普通の事であり、何日か経過する同時に治癒が進んで痛みも消えて行きます。
http://carebody.gozaru.jp/med2.html

このブログの受傷5日目の記事でも、「手を心臓より下げたままにしていると少しジンジンしてくるくらい。」と言う記述がありますが、知らないうちに治ってました。
http://ooyakedo.exblog.jp/10898100/

参考にして下さい。
Commented at 2014-06-19 09:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-06-19 17:25
>非公開コメントの「びる」さん。

いえいえ、お礼には及びません。
順調な経過で何よりです。

あってはいけない事ですが、今後、同じ様な火傷や怪我をされた時は、そこら辺の時代遅れのガーゼ医者よりは簡単に治せる「プロより腕の良い素人名医」となるでしょう。
また、周りの方にもこの治療の素晴らしさを教えてあげて下さい。

頑張って綺麗に治して下さい。
Commented by kiyu-6 at 2014-06-20 01:57
液と臭いには本当にびっくりしました(笑)
そうなることはネットで知りましたが、実際に目の当たりにした時は本当に大丈夫なのだろうか…と不安になりました(笑)

まだ手を下げるとジンジンしますが、だいぶ痛みがなくなりました!
普通のことだとわかり、一安心しました。

質問ばかりで大変申し訳ないのですが、ふやけていると思っていた傷の周囲の皮膚が浮いてきて、ティッシュで擦ってみたら一部剥がれてしまいました。
この周囲の皮膚は除去した方がよいのでしょうか?
Commented by 2106racing at 2014-06-20 06:51
>kiyu-6さん

湿潤療法の考え方では、一度浮いたり剥がれたりした皮膚は組織から切り離されて死んでいますし、これを残しておくと、有機系の異物が残ってしまった事になり、そこから病原菌が培養されて感染症を起こしてしまう可能性もあるので、湿潤療法の病院では早々に全て皮膚を除去してから被覆材を貼ります。
被覆材は貼り替え可能な新しい皮膚と思えば良いです。

また、余分な眉毛カットのハサミを使用するとうまく切り取る事が出来ます。

あと、貴ブログより
>お昼にラップを取りかえるため傷口を洗っていたところ、ぷよぷよした液の固まったもの?がとれてしまいました。〜中略〜午後からかなり動揺しております…。


これはフィブリン膜と呼ばれる滲出液のカスから出来た物ですので、遠慮なく洗い流してしまった方が良いです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110953079
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13105053333

参考にして下さい。
Commented by kiyu-6 at 2014-06-21 00:46
そうだったんですね。
今日早速、除去できる浮いた皮膚は除去しました!
痛みもほぼなく、除去中に空気に触れていても、ほとんど痛みを感じなくなりました。

フィブリン膜というものとは知らず、新しくできた皮膚なのかと大事にしていました(苦笑)
いろいろ勉強不足ですね(-ω-;)
2106racingさんのブログ等に出会えてよかったと本当に思います。
Commented by 2106racing at 2014-06-23 07:14
>kiyu-6さん

順調な経過の様で何よりですし、私のブログがお役に立てたのが光栄です。

最新の正しい治療での治癒の経過を(不謹慎ですが)楽しみながら、頑張って綺麗に治して下さい。
Commented by kiyu-6 at 2014-07-10 20:30
こんばんは!
お久しぶりにお邪魔させていただきました。

あれから何日か経って、だいぶ綺麗に治ってきました(。・ω・。)
今日火傷の箇所をぶつけてしまって赤くなってしまいましたが(^_^;)
最近は今までのように目に見えてよくなった!という感じがなくなってきましたが、地道に頑張っていこうと思います。

後日報告となって申し訳ございませんが、少しでも正しい治療を知っていただけたらと思い、こちらのブログを私のブログで紹介させていただきました。
Commented by 2106racing at 2014-07-11 07:02
>kiyu-6さん

お久し振りです。
私のブログで宜しければ遠慮なくリンクして頂いてかまいません。

ぶつけて赤くなっている様ですが、全く問題無い様で良かったですね。
そのままワセリンで保湿を続けて行けば、赤身も綺麗に戻っていく筈です。

綺麗に治った写真付きの更新を楽しみにしています。
Commented at 2014-10-11 02:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-10-11 06:52
非公開コメントのぴ○ままさん。

コメント有難うございます。
知恵袋で返事が出来なくて申し訳ありません。
新しいIDでさえも何故か投稿できない設定になっているので。
きっとダイエットカテのおバカで低レベルなアンチ糖質制限の連中(バカネコendsinger・やわらか戦車・赤い学ラン等)に、同レベルでの罵詈雑言を書き込みまくったせいかも知れませんね(笑う。

また、分からない事がればなんでも質問して下さい。
私の経験上で、知っている限りの事はお答えしたいと思います。
Commented at 2014-10-11 21:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-10-12 13:12
非公開コメントのぴ○ままさん。

早速メールさせて頂きました。
分からない事があればいつでもどうぞ。
Commented by 2106racing at 2014-10-12 13:25
>非公開コメントのぴ○ままさん。

先程出したメールが届かない様です。

ぴ○ままさんがお使いの携帯電話はパソコンからのメールをブロックする設定になっているのではないでしょうか?
そうであればブロックを解除してからコメントをこちらに頂けると有難いです。
Commented at 2014-10-12 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2014-10-12 18:10
>非公開コメントのぴ○ままさん。

とりあえずご指定のアドレスにメールを送りました。
届くと良いのですが…。

Commented by ぴぃまま at 2014-10-13 09:10 x
2106racingさま、昨日はありがとうございました。
思えば、ここのコメントもみなさんに参考になるように、非公開にせずに行きたいと思います。
私もここのコメントが参考になりましたので。
これからもちょこちょこ質問やご相談させていただくと思いますが、末永くよろしくお願いいたします^_^
Commented by 2106racing at 2014-10-13 11:53
>ぴぃままさん。

私もコメントは公開にされた方が、今後、このブログを閲覧される方のために良いと思います。
また、コメント欄の名前のところにご自分のブログをリンクされるのも良いのではないかと思います。

とりあえずこのコメントでも「ぴぃまま」さんのブログを紹介しておきますね。
<火傷湿潤療法>
http://ameblo.jp/lv2802/

また分からない事があれば遠慮なく質問して下さい。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-14 22:19 x
2106racing様ありがとうございます^^
前までのコメントはスマホからだったのでリンクが貼れずにいました(;_:)
今、瘢痕の様になり、テカテカと赤い皮膚になっているのですが
このテカテカな皮膚は時間をかけて再生されるのでしょうか??
このままずっとテカテカな皮膚なのでしょうか・・・
Commented by 2106racing at 2014-10-15 18:34
>ぴぃママさん

今朝の夏井先生のサイトでは、ぴぃママさんのメールが紹介されていましたね。

上皮化したばかりの皮膚は薄くて赤くてテカテカなのが普通です。
(当ブログ記事・受傷23日後の写真参照)

これがやがて色が落ち着いてくると共に毛穴が出来てきます。
(同受傷33日後の写真参照)

参考にして下さい。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-15 21:57 x
はい☆
先生に紹介していただけるとは思っていなかったのでびっくりしました^^
深い場所は、毛根がなさそうなのですが、毛穴ができるものなのでしょうか?
専門的なことを聞いてすみません(;_:)
Commented by 2106racing at 2014-10-16 22:15
>ぴぃママさん

そう言われれば、私の写真でも後に色素脱色となった部分には毛穴の模様が出ていませんでしたね。

現在もその色素脱色となっている部分には毛が生えているかどうか、虫メガネで見てみましたが、他の部分との違いが余り分かりませんでした。

逆にぴぃママさんの娘さんの今後の経過が、新たな資料となっていくのではないかと思います。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-17 04:38 x
そうですね
娘の場合、周りの浅い部分が色素脱色になっていて中心が真っ赤なので、2106racingさんとはまた違うんですよね
娘の経過が新しい資料になるのかもしれませんね
今日は、瘢痕が少し盛り上がってきました
とは言っても、一番最後に上皮化した5mm程度の部分だけですが・・・
2106さんのブログで学んでいるので、様子を見ようと思います
ブログも更新しましたのでよかったら遊びに来てください☆
Commented by 2106racing at 2014-10-17 23:48

>ぴぃママさん

コメントや有難うございます。

先程下記の内容のコメントを送らせて頂きましたので、こちらにも参考までに貼り付けておきます。

私が思うには、娘さんの熱傷の経過は(すでにご存じかも知れませんが)、こちらのサイトのお子さん症例によく似ている気がしますので、同じ様な経過をたどるのではないかと思います。
深達性Ⅱ度の部分は、固いふくらみを伴う肥厚性瘢痕となる事が多いですが、これは一過性のもので、やがてゆっくり平らになって綺麗になっていくと思います。

http://yakedocare.client.jp/ex_03.html
Commented by 2106racing at 2014-10-17 23:49
続きです。

私も上皮化後に右手の全ての指元関節部分(受傷63日後の写真参照)に厚さ1ミリ程度の硬い皮膚の盛り上がりが出来ましたが、放っておいてもそのまま2カ月程で元に戻って行きました。

私のブログの10月のページ
http://ooyakedo.exblog.jp/12171155/
ここに娘さんの火傷でコメントを頂いている“みづき”さんは受傷3カ月程で私と同じような肥厚性瘢痕が出来た事で、私の肥厚性瘢痕を見抜いていました。

参考にして下さい。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-19 11:04 x
2106racingさん、何度もすみません。
娘の瘢痕は、瘢痕ではなく、水ぶくれのようです。
ブヨブヨしていて、水泡みたいです。
これは、自然にやぶれるのを待ってれば良いでしょうか??
また、破れたらまた湿潤療法で治療すれば良いでしょうか??
よろしければ、教えてくださいませ。
Commented by 2106racing at 2014-10-19 12:26
>ぴぃママさん

深達性Ⅱ度の部分は上皮化した後でも、皮膚が不安定で何度も水疱が出来たりします。

私も上皮化後に何度か水疱が出来ましたが、すぐに剥いてキズパワーパッドで処置していました。
http://ooyakedo.exblog.jp/10953745/
http://ooyakedo.exblog.jp/11013149/

しかし、小さな水疱は放っておいても問題ないと思います。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-20 22:17 x
今日水疱が破れていました。
液も出らず、ただ少し赤い皮膚が見えています
ので、とりあえずワセリンとプラスモイストで保護しています
2106racingさんのブログを読み落としていました(;_:)
何度か水疱ができてたのですね!
これからもまたできそうな気がしますが、またその都度処置しようとおもいます^^
いつもありがとうございます☆
Commented by 2106racing at 2014-10-21 21:00
>ぴぃママさん

水疱が潰れても治癒までの経過の一部ですから気にする事はありません。

これが、知恵袋で「水疱は感染源になるので絶対に潰さない様に」と時代遅れの回答をする連中には卒倒モノでしょうが、湿潤療法に慣れた方にはどうってことありません。

「いつもの様に」被覆材で処置しましょう。
Commented by ぴぃママ at 2014-10-22 16:52 x
そうですね!昔なら絶対つぶすな
つぶすと痕が残ると言われてましたよね(+_+)
いつものように処置します^^
Commented by 2106racing at 2014-10-23 06:54
>ぴぃママさん

私も、深達性Ⅱ度の部分は上皮化までよりも、上皮化後の水疱や皮膚の剥けの処置の期間の方が長かったりしてイライラしました。

こちらの質問者さんも火傷の跡に小さい水疱がたくさんできました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1446695469
でも、湿潤療法に無知なアホが食いついてきてるのが笑えます。

根気よくケアしていきましょう。
Commented by rabbitoy at 2014-12-31 13:51 x
はじめまして、こんにちは。rabbitoyと申します。
この度お礼を申し上げたく、コメントをさせていただきました。

12月13日に、茹で終わったパスタをザルにあげる際、鍋の取っ手がパッキリと折れ、熱湯を左足太腿に浴びてしまいました。
膝の周りに10cm×15cm、腿の付け根の下に直径5cm程の火傷をおいました。
真っ赤に腫れ上がり、ところどころに水ぶくれができました。
中でも、腿の付け根の下部分は全体的にパンパンに水ぶくれに覆われていました。
ひととおり冷やした後、さてどんな処置をしたら良いものかとネットで検索をかけ、2106racingさんの知恵袋の回答にたどり着きました。
土曜日の午後に火傷をおいましたので、病院へという選択肢は浮かばなかったのですが、結果その判断は正しかったのだと今はホッとしております。
冷やすことを止めると、ジンジンと凄まじい痛みに襲われていたのですが、ラップでぐるぐる巻きにした直後から痛みが引き、ほとんど気にならなくなりました。
夜はさすがに痛みで眠れないのではと覚悟をしておりましたが、朝まで起きることもありませんでした。
月曜日になり、傷の状態によっては病院に行くことも考えた方がいいものかと思いましたが、とにかく痛みが落ち着いていましたので、このまま湿潤療法でいこう!と決意しました。
ワセリンは、肌に合うか不安でしたので、とにかくラップのみで様子をみました。
3日後くらいに水ぶくれを潰し、皮をカットしました。
10日後くらいから大分皮膚の様子が落ち着き始め、ボコボコ感が無くなっていきましたので、25日くらいにはラップを巻くのを止めました。
現在ではピンク色の状態です。
乾燥が気になったので、ワセリンを購入し、薄く塗っています。
色味だけは、長い時間をかけて整えていくしかないと心得ております。(続きます)
Commented by rabbitoy at 2014-12-31 13:51 x
(続きです)
2106racingさんの回答に出会わなければ、傷みも長引いていたでしょうし、治癒までの経過ももっとかかっていた事でしょう。
パニックになって病院へ行かなくて本当に良かったと思っています。
湿潤療法を広めていくにあたり、見解の違いなどから様々な困難がおありのようですね。
人によって考え方は色々だと思いますが、私自身は2106racingさんのお考え・対処法を選択できて本当に助かりました。
感謝の気持ちをお伝えしたくて、コメントをさせていただきました。
一時はどうなることかと思いましたが、今はおかげさまで心穏やかに過ごしております。
本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2015-01-04 00:25
>rabbitoyさん

わざわざのコメント有難うございます。

rabbitoyさんのコメントはすぐに拝見していたのですが、年末の忙しさにかまけて返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

湿潤療法は痛みを感じ無い事で、不安ながらも続けた結果、綺麗に治る方が殆どですが、そこら辺のガーゼ治療の病院へ行くよりも自分でネットを見ながら湿潤療法を行った方が良い結果になるのが哀しい現実だったりします。

このままワセリンでの保湿を続けて行けば綺麗に治りますので、楽しみながらケアをされていくのが良いと思います。

大事にして下さい。
Commented at 2015-04-16 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2015-04-17 08:40
>非公開コメントさん

コメント有難うございます。

お子さんの火傷も湿潤療法で治されて良かったですね。
これが旧式の治療であれば、植皮を受けられていた可能性があります。

プラスモイストは開放性湿潤療法(OpenWT)用の被覆材であり、割と吸収力が高いので治療初期の滲出液が多い時には有効ですが、治癒が進んで滲出液の量が減ってくると乾燥気味になるので、それに合わせてハイドロコロイド等の閉鎖型湿潤療法(ODT)の被覆材に変えていくのが普通です。

こちらの回答が参考になると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11113194826

薬局・ネットで買える創傷被覆材です。
http://www.wound-treatment.jp/dressing_a.htm

参考にして下さい。
Commented by りゅーりゅー at 2015-04-17 21:44 x
コメントの返事の最新のは1番下に載っているんですね(^_^;)
先程読ませて頂きました。
ありがとうございます。
ご自分の体験からとはいえ、医者以上にお詳しいですね!
私ももっと勉強しようと思います。
ありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2015-04-18 08:38
>りゅーりゅーさん

いえいえ、どういたしまして。

>医者以上にお詳しいですね!

教科書しか読まない医者よりは、経験者の方が詳しくなります。
また、分から無い事があればいつでもどうぞ。
Commented by よし at 2015-06-12 12:57 x
はじめまして。熱い鍋にうっかり触ってしまったことによる火傷を負って、あまりに痛むのでネットで調べていたらこのブログにたどり着きました。
驚いたことに、私の故郷は恵那市です!それも私立恵那病院は徒歩でもいけるくらい近くて… こんな身近にあったのに、この治療法を知らなかったなんて。いままでの数々の傷を思い浮かべると、後悔でいっぱいです。 今は故郷を出て一人暮らししているため、すぐに恵那に行けはしませんが、地元の周りの人々にぜひ伝えておきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ
こんな文章を打っている間に痛みが引いてきました。救われます。本当にありがとうございます!
Commented by kiyu-6 at 2015-06-12 21:47
お久しぶりです!
受傷して間もない頃は何かとお世話になりました。
火傷から1年が経ち、痕もだいぶ目立たなくなりました。
あの時、このブログに出会っていなければ…考えるだけで恐ろしいです(-ω-;)
本当にありがとうございました!!
Commented by 2106racing at 2015-06-13 02:48
>よしさん
コメント有難うございます。
痛みが止まりつつある様で本当に良かったです。

恵那病院は以前は国立療養所でとても古い建物でしたが、現在は新しく建て直していますので、来年には凄く綺麗な病院に生まれ変わる予定です。

是非とも同郷の方には、傷や火傷の治療には恵那病院が一番と勧めてあげて下さい。
Commented by 2106racing at 2015-06-13 02:48
>kiyu-6さん

お久しぶりです。

すっかり綺麗に治りましたね。

>もう人生終わった感が半端なくて
から脱出できて良かったです。

今後も周りの方にもこの治療の素晴らしさを広めてあげて下さい。

Commented at 2015-07-15 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2015-07-16 07:52
> rcさん

先程メールさせて頂きましたので参考にして下さい。
Commented by rc at 2015-07-18 21:52 x
2106racing様
408の非公開コメントのrcです。
先日は本当にありがとうございました。
その後、水ぶくれ跡は赤くなりオレンジ色の液体が盛大に足をつたいw周りのやけど部分は変色部分がはっきりしてきて12センチ四方赤黒いままです。1日2回水洗浄とワセリン+ラップ交換していました。洗浄時に痛みもなく、歩くのが少し辛いほどでとても安心していました。
そして、プラスモイストとハイドロコロイド包帯が届いたので今朝早速使いました。
水ぶくれ跡地にプラスモイストを置き周りのやけど部分ごと直接ハイドロコロイド包帯を貼り付けました。これは快適!と感激してたのですが
先ほど夜の洗浄をしようと水を当てるとめっちゃ染みて痛みがorz
よく見たら、色が変色していただけのやけど部分の一部分の皮を剥いでいたみたいで、そこと水ぶくれ跡地(赤いままです)が染みてとっても痛くなってしまいました。
一旦切ります
Commented by rc at 2015-07-18 22:13 x
続きです
慌てて水ぶくれ跡地と皮剥ぎ部分にプラスモイストを当て、ラップ+ワセリンに変えましたがまだまだ痛み歩行が…
私が雑でドジなことの現れでもありますσ(^_^;
今日でやけどして3日目
自分で皮剥いでどうする、と思わず一人ツッコミしてしまいましたが、浸出液?が限りなく赤に近いオレンジ色だったり、ハイドロコロイド包帯で皮剥ぎしたり、もしかしたら乾燥させてしまっていたのか?
と思っています。
新たな皮剥ぎ部分も水ぶくれ跡地もプラスモイストが刺激に感じているような、擦り傷のような痛みです。
この場合、プラスモイストは外したり、プラスモイストじたいにワセリンを塗ったりしたらマズいでしょうか?(今のところ水ぶくれ跡には何も塗らずにきています。)
最初からやり直し、という形をとったほうがいいでしょうか?
持病の関係で昨夜から弱い抗生剤は服用していますがこれも湿潤療法に影響したりしますか?
なんだかせっかく教えていただいたことを無駄にしてしまって自己嫌悪感でいっぱいです。
順調なお知らせをしたかったのですが
またまた質問ばかりですみません。
お時間、余裕のある時で結構です。ご教授くだされば幸いです。
クレクレですみません。宜しくお願い致します。
Commented by 2106racing at 2015-07-20 06:43
>rcさん

最初は誰でも焦りますので気にする事はありません。

痛みを感じにくい湿潤療法でも、治療初期は沁みたりしますがやがてちゃんと治ってきますので心配しなくても良いですよ。

その範囲の熱傷であれば、初期はかなりの滲出液が出て、ハイドロコロイド系の密閉型被覆材では頻繁に貼り替えなければいけなくなりますので、通常はもっと吸収力の高いプラスモイストを使用する医師が多いです。
プラスモイストであればある程度滲出液をすると湿潤状態になって痛みが止まりますし、ワセリンをたっぷり塗って使用しても全く問題ありません。

また、抗生剤は感染症が起きてから服用するのが普通ですが、気休め的に飲んでおいても良いでしょう。

参考にして下さい。
Commented at 2015-07-20 18:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2015-07-20 23:33
>rcさん

先程メールを送りましたのでご確認宜しくお願い致します。

正しい処置ですのでご安心を。
Commented by みっきー at 2015-10-04 18:34 x
はじめまして。
ヤフー掲示板のBAを多く目にし、辿りました。
一ヶ月前、お肉を焼いていたフライパンが落下し、焼いていた油と、肉汁で足の甲を広範囲に火傷し、焦り知恵袋を拝見した際に、こちらを知りました。しっかり冷やし、軟膏を塗り、ラップをし、翌日病院に行き、水膨れも出来ていなかったので、その日はステロイド剤の軟膏を塗って帰りました。ラップではなく、シリコンシートのついた割と密封されるシートを貼られました。
翌日、水膨れになったので、それを針で水を抜き、その3日後に、皮膚を剥がされ、再度そのシリコンシート?のようなもので密封され、しっかり足を洗い、まだ炎症のある部分は軟膏を塗るようにいわれ、そのほかは、そのシリコンシートの上に抗生物質のついたシートがついているので保湿はできるということで、朝晩で張り替えるように言われました。

今、一ヶ月たち、ちょうど主様の63日目くらいの感じになっております。

昨日、もう病院は来なくていいから、ということで、2度の深いところだけまだ治ってないけど、ひとまず保湿とケロイド用の塗り薬を混ぜたものをもらい、帰ってきました。。。

はてさて。

これは、湿潤療法なのでしょうか。。。
Commented by 2106racing at 2015-10-05 07:05
>みっきーさん

大変でしたね。
しかし、うまく上皮化が進んでいるようで良かったです。

さて、シリコンシートというのがどんな物かわかりませんが、創面を乾燥させずに湿潤状態を保つ効果があるものであれば、何を使用しようと湿潤療法となります。
湿潤療法は自分の治癒力を手助けする治療法ですから、頻繁に医師の診察を受けなくても自然と上皮化が進むのが普通です。
湿潤療法での診察は感染がを発症しているかどうかのチェックだけですので、上皮化が進めばその可能性もかなり低くなるので診る必要も無くなる訳です。

も少しで上皮化だと思いますので、頑張ってケアしてください。
by 2106racing | 2011-09-25 16:07 | 火傷 | Comments(416)