「ほっ」と。キャンペーン

両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷341日後 知恵袋での回答例

3月25日(木曜日)


今日の写真

b0178879_15234535.jpg


何となく薄くなってきたような気が…しませんか?

b0178879_1525142.jpg


左手の写真はもう載せなくても良い気もしますが…






来月で受傷してから1年になりますが、私の知恵袋での総回答数も800件を超えようとしています。

その結果<火傷>で検索するだけで私の回答が上位に上って来るようになりましたし、

最初から<火傷 湿潤療法>のキーワードを入れて質問される方も増えてきました。

が、火傷をした個人の調べたい内容はそれぞれ違うと思いますので、

今までの回答履歴を振り返って、事例別に主なものを分けて見ようと思います。

内容はどれも大して変わりません。


小さなお子様の火傷については私の12月のページにいくつかありますがそれ以降の回答例です。

12/26 2歳の子どもが背中を火傷…

1/18 昨日、10ヶ月の娘にやけどを…

この方は2回の質問で最初は写真も付いています。
2/11 子供の火傷について…
2/15  turuchan_40様 先日は息子のやけどの…

2/23 8ヶ月の子供が少し目を離したすきに…
この方はこのブログの2月のページに“hiyoko”さんのIDで最初はラップ治療での
質問(非公開)と最後の方(3月23日)に治療終了のお礼のコメントを頂いています。

3/15 火傷、湿潤療法について 2歳の子供が…

3/16 火傷の湿潤療法開始時期について…

3/22 20日の夜に七ヶ月の子供が熱湯で…

また、この質問では湿潤療法をされている医療関係者の方の回答がBAとなっています。
3/17 5日前、2歳の子供が沸騰したお湯を…
この質問者さんはすぐに上皮化されてケアについて新たに質問されて見えます。
3/25 やけど(熱傷)、上皮化後の治療について…
これは現在回答受付中です。

お子さんが火傷を負った時のお母さんたちが参考にして頂けると有難いです。



また、火傷を治療中の方で、ガーゼと軟膏の治療に疑問を持っても、お医者様なんだから絶対正しい筈だと思い込んで見える方はこちらを参考にして下さい。
湿潤療法を知らない癖に否定したり、知ったかぶりしている医療関係者の回答例などを並べてみます。

新しい創傷治療についてお尋ねです…
ここまで堂々と夏井先生を否定していいの…?って感じですね。
ちなみに夏井先生はこの後、「医学の新常識」の特集でよくテレビに出演されるようになりました。
その後こちらの質問ではっきり意見を書きましたが、スルーされています。
カラメルソースをつくっていたら、はねて、唇を火傷…

こちらは同じ質問が別カテで2つ出ていたのであえて2つとも入れておきました。
顔面ダイブ落下・・・・裂傷です
顔面ダイブ落下・・・・裂傷です…
この回答者は以前は違うIDで同じような回答をしています。(回答削除率28%)です。
1歳になる子供が火傷をしました…
この質問の内容でいきなりⅢ度熱傷の判断です…スゲェ。
この後私に叩かれた後、火傷に湿潤療法は有効かも知れないが、擦り傷には
感染症を起こすのでいけないなどと訳のわからない回答を入れて見たりします。
擦り傷の治し方…
この方の知恵袋の利用方はちいさなお子さんを持ったお母さんの
メールアドレスを収集するのにはとても役に立ちそうな気もします。

そしてこのブログの11月のページで紹介したこの方
至急!! 火傷です…
テレビを見ない方のようです。たまにはテレビくらい見ても良いのでは…。

そしてこのブログの2月のページにコメントを入れられたカエルさん
湿潤療法の経過について
湯たんぽでの火傷
ここでは火傷による癌のリスクまで心配されて(させて?)見えますがはたして
火傷が原因で癌になる方はどれくらいいるのか教えてもらいたいものです。
知恵袋でわざわざ回答に入れるほどリスクが高いのでしょうか?
そしてこの後、こんな議論になりました。
沢山歩いたら水ぶくれが
これをを見てみた皆さんはどう思われます?一般の方では判らないと言いたいようですが、
そりゃ判りませんて…脅しの<ムンテラ>にしか…そう思うのは私だけ?
ちなみにこの方も「夏井」先生を「夏目」先生と勘違いしたまま
湿潤療法のリスクを(さも良く知っているかの様に)語って見えましたね…。

そして2月のページでも紹介した方です。
すいませんが解答早急に…
火傷 湿潤療法を希望したところ…
「この二点だけ」で何が言いたいのか良く判りませんね…。
私が湿潤療法で簡単に治った事がよっぽど気に入らないだけの様です。

火傷の水ぶくれにオロナイン軟膏は…
この方は先に湿潤療法で回答されている方に、中途半端で(補足で消されていますが)
半分否定されるような回答を入れられたので、私もその後、極論での回答を入れましたが、
攻撃されたなどと(質問者さんにも)あらぬ方向に受け取られました。(夏井・夏目問題)
それでも納得できずにそのまま次の質問をされています。
熱傷、水疱の対応について質問です!
ここには全員素人の親切で長い回答が3つ入っていますが、現在投票受付中です。
たぶんご自分の質問の内容を支持してくれる回答を待っていたんでしょうね…。


以上これらの内容を読まれれば、まだ湿潤療法を全く知らずに民間療法と勘違いしている方から、

知ってはいるがやはり理解できない方、知ったふりをしてまだ自分が経験していない湿潤療法の

デメリットの説明やそれによる脅しをかける方など、まだまだ湿潤療法が医師の間でも

広く認知されていない状況が良く判りますし、中途半端で理解できないまま、

ヤブ・サギ・似非湿潤療法に走って行く原因も良く判ると思います。

この後回答を止めてしまった方や、火傷や傷での質問にはなぜか回答しなくなった方が殆どです。

彼らの回答からは「素人のくせに」といった気持が入っているのが内容から読み取れますが、

その素人の回答の方が理路整然としていて、後から調べた結果内容が正しい事を知った時の

ショックは相当大きいかと思います。

どちらが火傷に対して素人なのかは、回答の内容を読めば歴然としています。

大体から、治っている火傷に対して意見を出して来るのですから、

彼らの目や脳の構造はどうなっているのかと理解に苦しみます。

しかし、知恵袋や私のブログはインターネットと言う公共の場で、多くの人が見ています。

正しい事は正しく、間違っている事は間違っているという事をうやむやにしてはいけません。

それで被害に合うのは私たち患者なのですから。




先々月からこのブログでも呼びかけていますが、知恵袋でもこんな状態ですから、

患者側でたくさんの情報を収集して、正しい湿潤療法の知識を持つ事と、

世の中にはこういった頑固で物分かりが悪い医療関係者の多さを知ることによって、

やっと正しい治療での病院選びが出来るようになると思います。




そしてこのブログを見つけた従来の治療を続けているお医者様へ。

火傷や傷で治療中や入院中の患者さんが、急に退院したり、もう来なくなった

と言う事例が増えている筈です。(気にしてないかも知れませんが。)

それはご自分たちが間違った治療で招いた事ですから仕方ありませんが、

一度湿潤療法を受けた患者さんは、その周りの人を含めて

もう湿潤療法しか受けなくなります。

それだけ内容も苦痛も経過も結果も違いすぎる治療法だと言う事を早めに認識する事

が出来れば、一度離れた患者さんたちも少しずつ戻って来るのではないかと思います。

病院の規模や歴史・肩書・伝説などは、患者が病院を選ぶ基準にならなくなって来ています。

最先端治療をしている大きな病院が、火傷や傷で間違った治療をしているばっかりに、

小さなクリニックに患者が逃げていくのは、とても寂しい事だと思います。
[PR]
Commented by やすし at 2010-04-02 17:22 x
知恵袋を見てきました。長文になるので2回に分けます。知恵袋に載っていた湿潤療法をしている医者のサイトを見ても分からない部分があったのでメールしました。私は1ヶ月程前にゆたんぽを使用していて低温火傷をし、現在もまだ治っていません。医者には「火傷した部分は上にあがってきたけど傷口がデコボコしていて傷の大きさも小さくなっていない」と言われました。火傷したのは足(ふくらはぎ)で、たまご型に3cm×6cmの火傷です。私が通院しているのはたぶん普通の治療(湿潤療法ではない)をしている病院で、最初はゲーベンクリームを塗りガーゼを貼るという治療をしていましたが、3日程前からプロスタンディン軟膏に変えてガーゼはMELOLINという傷に付きにくいガーゼになりました。週に1回通院して、病院に行くたびにメスのような物で傷口の辺りを切られています。私は医者に何も聞かないので何のためにメスを入れられているのか分かりませんが…。病院に行かない日は1日1回自分で傷口を石鹸で洗い、プロスタンディン軟膏を塗りMELOLINというガーゼを貼るという処置をしています。1日1回ガーゼを取り替える時に傷口を見ると軟膏でベタベタしていて湿潤状態を保っているように思います。
Commented by やすし at 2010-04-02 17:31 x
それで、私が通院している病院には2人の医者がいて、1人には「治るまでまだまだ時間がかかるね」と言われ、もう1人には「植皮の可能性も考えたほうがいいよ」と言われています。それで、私が教えていただきたいのは①今の私の治療法は湿潤療法という事になるのかどうか②このような治療を続けた場合、治るまでの目安はどれくらいの期間か(傷を見ていないので分からないと思いますが、最近は傷の周りのほうから徐々に小さくなっていきそうな気配はあります) 以上の2点です。お忙しいとは思いますが、もし宜しければ教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。
Commented by 2106Racing at 2010-04-02 18:39
>やすしさん。
私は低温火傷の経験はありませんので、詳しくはお答えできませんが、一応判る事だけは書いておきます。
そこの病院は夏井先生のサイトには載っていない病院だと思われます。
多分湿潤療法を始めてみたばかりの病院ではないでしょうか?
最初にゲーベンクリームとガーゼの治療をする事は考えられません。
ただ、途中から湿潤療法に変わったのは良かったと思います。
それは全くの純粋とまでは言えませんがちゃんと湿潤療法です。プロスタンディン軟膏やメロリンガーゼを使用する医師もいます。
メスを入れるのは壊死した白い部分を外科的に除去しているか、又は切れ目を入れてその下から滲出液が出てくるようにして、自己融解させて除去するようにしているのではないかと思います。
その辺はご自分で確認できると思いますが、壊死部分がなくなってしまえば、感染症のリスクも減り、上皮化が進みますので植皮の必要はなくなります。
Commented by 2106Racing at 2010-04-02 18:40
(続きです)
低温火傷はその深さや、壊死組織がどれくらいで除去できるかによって治癒までの期間が違ってきますが、3cm×6cmであれば後1カ月程は治療が続くのではないかと思います。
その治療を続けていれば、必ず上皮化しますので、しびれを切らした医師が植皮を持ちかけても、断固拒否して下さい。
すでに周りの浅い所から上皮化が始まっているようですので、根気よく治療を続けられれば良いと思います。

夏井先生のサイトのこれらを見ておくと良く判ると思います。
http://www.wound-treatment.jp/wound046.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/case/946.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/case/945.htm

明確な返事になっていなくてすみません。
Commented by やすし at 2010-04-03 09:35 x
昨日メールをしたやすしです。お返事をいただきありがとうございました。私の説明不足でしたので補足しておきます。最初にゲーベンクリームを使用していた事についてですが、最初は近所の開業医の皮膚科に行き、そこでゲーベンクリームを使用していました。それで、なかなか治らないので大きな病院を紹介されて行き、現在はその病院でプロスタンディン軟膏とメロリンガーゼで治療している状況です。私の現在の治療法も湿潤療法の一つだと知り安心しました。今後も根気よく治療を続けていきたいと思います。お返事ありがとうございました。
Commented by 2106Racing at 2010-04-03 17:27
>やすしさん。
補足で納得しました。
基本的には、プロスタンディン軟膏+メロリンガーゼでも白色ワセリン+食品用ラップでも治癒効果は同じです。
湿潤療法で治療しているのは、自分の体からでる浸出液の中の細胞成長因子であって、メロリンやラップはそれを補佐するだけの役目です。
ある程度潤っていれば十分ですので、上皮化が進んでメロリンが液を吸収しすぎて乾燥気味になるようでしたら、ラップだけでも良いと思いますよ。

低温火傷は根気が必要です。
頑張ってください。
Commented at 2010-04-25 14:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-04-25 23:21
>はなさん。お久しぶりです。

はなさんの低温火傷は私よりも深かったと思いますので、痕はなかなか消えて行かないと思います。
年単位で考えて行かなければいけないのではと思っています。
ワセリンについては、いつも塗らなくても良いと思いますよ。
私はアトピーですので、毎日塗っていますが。

まだ植皮にならなくて良かったと思っていた方が前向きで良いですよね。
お互い根気よくケアしていきましょう。
逆に良い情報があれば教えて下さいね。
Commented at 2010-04-29 12:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-29 12:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-04-30 06:37
>naomiさん。

コメントに気付かず、返事が遅くなってすみません。
息子さん大変でしたね。心中お察し致します。

ハイドロサイトは湿潤療法で良く使われるドレッシングです。
もちろんその治療は湿潤療法ですので安心して下さい。
最初のアズノール軟膏もそう問題ありません。
8か月のお子さんであれば、処置時に泣いてしまうのは仕方がないですが、普段は普通にしている筈です。

火傷の範囲と深さが判りませんので何とも言えませんが、現在のところ、火傷に対しては湿潤療法しか有効な治療法はありませんので、その病院が湿潤療法を行っている病院であったと言う事はとてもラッキーだったと思います。
従来の治療を行っている病院であれば、すでに植皮の可能性を言われて、もっと深い苦悩で悩んで見えた筈です。

また夏井医師のサイトからメールをすれば、お返事が頂けると思います。

宜しければ、また経過のコメント下さい。
Commented at 2010-04-30 11:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-30 11:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-04-30 13:11
>naomiさん。

不安な気持ちは、私も経験していますので良く判ります。
誰にも相談できずに、不安まっただかの夜中に夏井先生のサイトを見つけて湿潤療法を知った時の感動は、今でも忘れません。
火傷の湿潤療法経験者のブログで現在も更新しているのは私だけのようですから、火傷をした方が少しでも参考にして安心して頂けるようにと思って、ずっとこのブログを更新し続けています。

Ⅱ度の火傷でも浅い物と深い物がありますが、その内容だと殆どが浅いⅡ度の火傷のようですね。
浅いⅡ度の火傷は患部が真っ赤っかで、深いと白い壊死組織が出来ます。

火傷の湿潤療法で初期のうちは、滲出液がたくさん出ていて、とても生々しいので不安になりますが、その状態から液が少なくなってくると一気に上皮化が進みます。
そのころには可動する部分は、担当医師に相談の上、出来るだけ動かすようにしてあげると拘縮(ヒキツレ)が起き難くなると思います。
Commented by 2106Racing at 2010-04-30 13:11
(続きです)
お子さんの同じような火傷での、この方のブログサイトも参考になるかと思います。
<やけど治療ブログ>
http://jikokega.jugem.jp/

良好な経過のコメントを楽しみにしています。
また、リストにある医師がとても対応の良い先生で、経過が良好だった場合は、私に報告して頂ければ夏井医師のサイトで紹介して頂けます。
その時は、宜しければ、病院名と医師名を教えて下さいね。

大事にして下さい。

Commented at 2010-05-01 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-01 14:22
>naomi さん。

やはり深いⅡ度の部分がありましたか。私の右手の白い部分と同じような感じですか?
壊死組織が薄ければ、切除しなくても滲出液によって自己融解して浮いてきますので、それを診察の度にピンセット等で取って頂けると思います。
従来の治療では、そんな部分でも上皮化しないためメスで外科的に除去していたようです。

一通りお子様の治癒までの経過と処置を良く見ておかれると良いですよ。
湿潤療法は一度覚えてしまえば、多少の怪我や火傷でなどはご自分でも簡単に治せるようになります。

地元の病院ではなかったのですね?
そうであれば、naomiさんの周りの方にも湿潤療法の良さを広めてあげて下さい。

今日も、抑えつけられて、こびりついたガーゼを剥がされながら、泣き叫んでいる子供さんが大勢見える筈ですが、せめてご自分の周りからそういった可哀そうな被害者となる患者を減らしていきましょう。

これは湿潤療法の経験者にしかできない事ですし、して行かなければいけない事だと思っています。
Commented by 2106Racing at 2010-05-01 14:49
(続きです)

その感じですと、あと1週間~10日以内で浅達性Ⅱ度の部分は上皮化すると思います。
何しろ最初から湿潤療法を受けて見えるので、相当治癒は早い筈です。
そこから、デュオアクティブ等のテープ系の被覆材による治療に変わると思いますが、深達性Ⅱ度の部分はそれから1週間遅れくらい?で上皮化するのではないかと思います。

そんな風に上皮化を楽しみにして、毎日を過ごされると良いですよ。

その頃のコメントが楽しみですが、次に聞きたい事は「上皮化した後のケアはどうすれば良いか?」になると思います。

予定通りになるのを楽しみにしています。
Commented at 2010-05-03 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-03 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-03 11:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-03 12:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-03 12:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-03 15:23
>naomi さん。
大変心のこもった長いコメント有難う御座います。経過は良好そうですね。
子供さんの怪我については、そばにいる親の方がずっと注意して見ている他には、どうしようもありませんね。思わぬ所で思わぬ事が起きてしまいます。
特に人間だけは火を使う生き物ですから、火傷を負うリスクは大きいです。

そんな中で、不幸にも火傷をしてしまったお子さんに対しては、大人よりも何とかしてあげなければと思う気持ちが強く湧きます。

私も子供のころに、同じクラスで酷い火傷の痕の友達がいましたが、会話の中ではやはりその部分には触れないようにしていた自分を覚えています。

今は以前よりは、極力痕が残り難い湿潤療法が普及し出していますので、そういった悩みを持つ子供が多少も減らせる事が出来るのではと思い、ただひたすら知恵袋で同じ回答を繰り返している毎日です。

Commented by 2106Racing at 2010-05-03 15:24
(続きです)
Naomiさんが気にして見える、深達性Ⅱ度の部分ですが、上皮化した時点では痕が残るかも知れませんが、子供さんの場合は、大人と違って皮膚も成長していきますので、年単位で痕が消えて行く様に考えておいた方が良いかも知れません。
上皮化してから1か月程度で「肥厚性瘢痕」が起きてくる事も考えられます。
これは私もなりましたが、ケロイドと違ってしばらくすると元に戻ります。

湿潤療法自体が、最新の治療法で歴史が浅いので、上皮化後に何年後でどのように痕が消えて行くのか情報が余りありません。
私も受傷して1年経過しましたが、痕の変化については微妙です。ゆっくりと薄くなって行っているのは確実ですがね。

ゆくゆくは、naomiさんのお子さんのデータも貴重になる時が来ると思いますが、何はともあれ今は上皮化を目指しましょう。
Commented by 2106Racing at 2010-05-03 15:30
>はるみさん。

まずワセリンは塗っても塗らなくてもどちらでも良いです。ワセリンを使用するのは、湿潤度が低い時に保湿効果を上げるために使用したり、ラップがゴワゴワして痛みを感じる時にそれを和らげるために塗ったりするだけであって、私の治療の時も一切使っていません。
ワセリンさえも必要ない位ですから、フシジンレオもリンデロンも必要ありません。
抗菌効果のある軟膏は、同時に治癒を阻害しますし、ステロイドも過剰肉芽になった時だけに使用する事がある程度で、余り使用しません。
つまり火傷に対しての、治癒効果は殆どないと言う事です。

また、剥けない皮でも浮いているようであれば、ラップによる湿潤効果でふやけてプヨプヨ浮いてきますので、その時に切り取ってしまえば良いです。今、無理に剥がす必要はありません。眉毛カット用のハサミを使うときれいに切り取れます。
Commented by 2106Racing at 2010-05-03 15:31
(続きです)
現在滲出液がどんどん出てきている状態だと思いますが、しばらくはこまめ(1日2~3回以上)洗浄して、ティッシュ等で水分を拭き取った後ラップを貼り替えるようにして下さい。
そのレベルの火傷であれば、後10日程で皮膚が再生されてきます。

やがて滲出液が少なくなってきたら、キズパワーパッドに切り替えられると良いと思います。

湿潤療法は、人間の自然治癒力の手助けをする治療法で、無理なく上皮化しますので、従来の治療に比べてケロイドになる事は少ないようです。

頑張ってきれいに治して下さい。
宜しければまた経過のコメントを入れて下さいね。
Commented by はるみ at 2010-05-03 19:01 x
早速のお返事有り難うございました。

薬は塗布しなくても良いという事と水ぶくれの残り皮膚はふやけて浮いてきたらまた切り取れば良いと処置の仕方を丁寧に説明して頂いて不安に思っていた事が解消されました。

現在、滲出液?という程の液体があまり出てきていない(ラップの中がしっとり湿ってるかな?程度。乾燥防止のため少し濡れた状態でラップしているのでその水分のような気もします)ようにも思います。

よく状態を見てキズパワーパッドへ切り替えてみますね。今日は本当に有り難うございました。
はい、また経過報告もさせてくださいね。
Commented by 2106Racing at 2010-05-03 19:48
>はるみさん。

いえいえどういたしまして。お礼には及びません。

すでにかなり上皮化が進んでいるようですので、浅達性Ⅱ度でも比較的軽い火傷だったようですね。

あと3日もすれば、かなり変化していると思います。

またのコメントお待ちします。お大事に。
Commented by ししょー440 at 2010-05-07 14:47 x
はじめましてです。本日の夏井先生のHPからやってきました。懐かしくてあっという間にすべて読んでただいまコメント中です。なぜ懐かしいかというと、市立恵那病院は私が6年前まで外科医として勤務していた病院なのです。ちょうどその頃、市立恵那病院へと経営を変えることになり、当時の救急処置室に頼んでシャワー台を置いてもらって、ジャンジャン水洗い→湿潤療法を行っていたのを思い出します。その後は、外科の先生がすべて変ってしまいましたが、現在でも後を続ける形で湿潤療法が続いていることはうれしく思います。自分自身でも湿潤療法で良くなっていく方の写真をたくさん撮らせてもらていましが、ここまでまとまって、こまめにブログにしたりヤフー知恵袋に回答したり大変ですが、がんばってください。
ちなみに、現在私は内科開業準備のため湿潤療法を行っている医師のところには4月以降は名前を削除してもらっていますが、開業後はまた新たに、登録させていただくことと思います。
Commented at 2010-05-07 14:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-07 16:31
>ししょーさん。
心強いコメント有難うございます。
現役の湿潤療法の医師からのコメントは初めてなのでとても嬉しいです。

市立恵那病院では本当にお世話になりました。
あれからは幸いにも?何事も起きないので、なかなか行けずにいます。
まだ国立療養所の頃は知っていたのですが、夏井先生のリストで見つけた時に、市立になった事を知って驚きました。
ちょうど市立に変わる頃に、湿潤療法を始められたのですね。
東濃地方で唯一の湿潤療法を行っている病院ですので貴重です。
しかし、病院の規模は隣の中津川市民病院の方が大きいので、そちらに行ってしまって、ガーゼと軟膏治療を正しいと思って受けている恵那市民が多いのが残念です。

そのためにも微力ながらも奮闘努力を続けています。

今後とも宜しくお願い致します。
Commented at 2010-05-11 13:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-11 18:40
naomiさん。
コメントお待ちしていましたよ。
少し間が開いたので心配しましたが、経過は順調そうですね。
後少しで上皮化の様で楽しみですね。

先日、私のブログにnaomiさんよりも2週間ほど前に、カップラーメンのお湯を被って、顔と腕に同じレベルの火傷を負ってしまった1歳10ヶ月の娘さんの湿潤療法での経過をご自分のブログで綴って見えるお母さんからコメントを頂きました。
11月のページhttp://ooyakedo.exblog.jp/12360662/ 
ここの「木の葉っぱ」さんがそうです。

私の方がそのブログを先に見つけたので、励ましのコメントを入れて老いた所、私のブログも参考になり、従来の治療から湿潤療法の病院に変えられたとの事でした。

また転院先の整形外科の先生の対応もとても良く、私とコメントをやり取りする内に、湿潤療法を広く理解して頂くために、病院名と医師名をブログで紹介されてます。
もちろんすぐに夏井先生に連絡して、5月7日に先生のサイトで紹介して頂きました。
Commented by 2106Racing at 2010-05-11 18:41
(続きです)
娘さんの傷を余り晒したくないとの事でしたが、「他の同じような思いをしている方のために少しでも役に立つのならば」と、4月6日に受傷後25日の写真を載せて見えますので参考にされると良いのではないかと思います。

<チーのニコニコの木>のカテゴリー「火傷治療記録」です。
http://nikonikonoki.blog97.fc2.com/blog-category-7.html

この方ももうすぐ上皮化で治療終了となりますが、深達性Ⅱ度の部分の痕のケアについてはこれから頑張って情報を収集していかれるようです。

湿潤療法での情報は上皮化までが殆どで、その後の情報は歴史も浅い事からなかなか見つかりません。
逆に私たち経験者が、情報を交換しながら、どうすれば良いのかをもっと一般に伝えていかなければいけないのではとも、思っています。

もう少しで上皮化です。
また次の良好な経過のコメントを楽しみにしています。
Commented at 2010-05-12 17:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-12 19:02
>naomiさん。
いえいえどういたしまして。

湿潤療法を行っていて、瘢痕治療にまで詳しい形成外科医師がいると良いのですが、余り聞きませんね…。
大体は植皮等の手術が得意な方が、形成外科医には多い様ですし…。

実際には瘢痕のケアにはどうして良いのか私も良く判らない状態です。
リザベンとか、シリコンとか、ビタミンCとか良く聞きますが、実際に効いてるのかどうかも微妙な所です。
まあ、男ですので余り気にしていないと言ってしまえばそれだけの事ですが…。

ただ、間違いなく言えるのは、小さなお子さんの皮膚は年齢と共に成長しますので、大人よりは確実に痕が残り難いと言う事です。

ですのでそう心配する事はないと思いますよ。
Commented at 2010-05-20 14:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-20 18:16
>naomiさん。

やはり深Ⅱ度の部分は時間が掛かっていますね。
前回紹介したブログ<チーのニコニコの木>のチーちゃんも1カ月以上経過しましたが、まだ上皮化していません。
多分naomiさんの息子さんと同じレベルですね。
チーちゃんもプラスモイストを使用してますが、皮膚が乾燥気味になる様でしたらワセリンを塗って貼ると良いです。

湿潤療法の病院でなければ、すでに今頃は二人共、新しい傷を作られて、そこから採取した違和感のある皮膚が植えつけられて入院中の筈です。
そう思うと、やはり病院の選び方一つで、(先の人生に対する影響も含めて)天と地の差がある事が判って頂けた事と思います。
私も同じ経験をしていますので、今でも必死で知恵袋での回答を続けているのです。

上皮化まであと少しです。頑張って下さい。

またのコメントお待ちします。

Commented at 2010-05-22 16:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2010-05-22 19:11
>naomiさん。

いよいよ通院からご自分での処置に変わりましたか。
相当上皮化が進んでいる様で何よりです。

もうすでにnaomiさんの火傷での湿潤療法の知識は、それを行っていない「昔ながらの、火傷を薬でしか治せない医師」を凌駕している筈です。
余りあってほしくない事ですが、今回と同じレベルの火傷などは、今後はご自分でも治せてしまう事でしょう。

今でも私は、これほど簡単な治療を確立した夏井医師と、その治療に賛同して湿潤療法を行う医師の方たちには感謝の念が絶えません。

逆に、まだ湿潤療法に切り替えてなくても、尊敬できる人柄の医師も多いですので、そんな方からでも、早めに湿潤療法に切り替えて頂ける事を切に願います。

また、このブログをまだ興味を持って閲覧されているお母さんたちのためにも、naomiさんも経過が良い訳ですので、差し支えなければ公開コメントでも良いのではないかと思います。(ちなみに2106ですよ。)

またのコメント楽しみにお待ちします。
Commented by 木の葉っぱ at 2010-05-24 21:46 x
こんばんは!
2106Racingさん、お世話になってます。
今日、やっとチーの通院が終了したのでご報告に来ました。
火傷から6週間(2度目に皮が剥けたのもありますが)かかりましたが、上皮化し色も落ち着いてきています。
お顔は患部だったところはアレルギーで反応が出やすいですが、普通に生活してればわからないです。
腕も数ヶ月すればだんだんわからなくなってくると思います。
角質と色素がどのくらいで戻るのか、ですね。

リザベン細粒は続けた方がいいそうなので、これから夏辺りまで2週間に1回お薬貰いに加藤先生に会いに行けることになりました。
チーはアレルギーがあるので、リザベンを続けることでアレルギーの痒みを抑えられて掻き傷で悪化する事も防げてると思います。
夏には2歳になり卵の負荷テストを始める予定ですので、それまでには目途が付けばいいと思ってます。

これからも薬をもらう時に経過報告をしようと思ってます。
また遊びに来てくださいね!
ありがとうございました。
Commented by 2106Racing at 2010-05-24 22:12
>木の葉っぱさん。
どうも~。嬉しい報告ありがとうございます。
実は私も先程そちらへ遊びに行った所です。多分すれ違いましたね。

私も、ガーゼ治療の挙句、植皮で他の病院を紹介してくれた最初の病院の医師に、上皮化終了の報告をしに行ってあげた?時に、その医師が人の話もろくに聞かずにリザベンを勧めて来たのですが、あえて無視しました。
あの時素直に処方されていれば、今のカイカイも治まっていたかも…
実際に効果があると良いですね。

私のアレルギー検査の結果も凄いですよ。食べ物以外は全て引っ掛かっていましたから。
ハウスダストと動物系はとびぬけた数値でした。
でもなぜだかずっと家猫を飼っていますし、半年前までは犬も2匹飼っていました。(過去形なのは連続でフィラリアに掛かって次々に死んでしまったからです。)

これではたとえリザベンを処方してもらっていてもカイカイは治っていませんね。(笑)
猫が天寿を全うするまでは我慢の日々です。

また遊びに行かせてもらいますので、相手してやって下さい。
Commented at 2010-05-29 12:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-29 12:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふぅちゃん at 2010-05-29 15:29 x
こんにちは!
約1ヶ月前今8ヶ月になる息子にストーブの熱風で火傷をさせてしまいました

火傷の跡が残ったりする事を怖くてネットなどをみる事すらさけてただひたすら毎日軟膏、ガーゼの治療をしてました

今は皮膚も綺麗に張ったんですがまだ赤い状態です…

自分が目を離した事が原因で毎晩申し訳なさと息子をみるたび涙がとまらずねれない日々がつづいてます。
もう上皮化した後はなんにも処置はできないですよね
とにかく今は紫外線を浴びないように服などでおおっているのですが…
Commented by 2106Racing at 2010-05-29 16:48
>rikorukaさん。
お母様の火傷治療はさぞ大変だった事と思います。
湿潤療法を試されるときは勇気がいった事と思いますが、いざ始めてみると、余りの簡単な処置と、痛みのなさと、治りの早さにとても驚かれた事と思います。
逆に、消毒やガーゼでの治療は、治るものを邪魔する傷害治療であった事を十分認識された筈です。
しかし、未だにひたすら、患者に「合法な傷害行為」を正しいと信じて続けている医師が多いのが悲しい現実です。

さて、痒みについてですが、まず一番に考えられるのはアンダーム軟膏による皮膚炎です。
アンダーム軟膏は接触性皮膚炎の副作用が高確率で出るため、先日販売中止になりましたがご存知なかったですか?
http://www.nichiiko.co.jp/data2/56160/12_information/10_051.pdf

即刻使用を中止して白色ワセリンを塗って様子を見てみましょう。
私もアトピーで体中が痒い人ですが、ワセリンを塗っただけである程度保湿されて痒みが治まります。
Commented by 2106Racing at 2010-05-29 16:59
>ふうちゃんさん。
ストーブの熱風によるもので、ガーゼ治療でも上皮化されたのであれば、多分浅達性Ⅱ度レベルの火傷であったと思います。
そのレベルの火傷は湿潤療法でなくても、ちゃんと治って、最終的に痕も引いていきますので心配しなくても良いですよ。
治療中ちょっと痛い思いをしただけの事で、まだまだ同じ思いをしているお母さんとその子供さんは多い事と思います。

小さなお子さんは皮膚も成長しますし、皮膚のターンオーバー(28日周期)で新しい角質層が形成されますので、1ヶ月後くらいにはかなりきれいになっている事と思います。

また、白色ワセリンを薄く塗って置くだけでも、保湿状態で皮膚が早くしっかりしてきます。3ヶ月程は、日差しを遮光して色素沈着対策をしましょう。

もし不幸にも、今後怪我や火傷をされてしまった時には、迷わず湿潤療法を受けさせてあげて下さい。
Commented by ふうチャン at 2010-05-31 22:42 x
Ⅱ度と言われました。中心部は長い時間あたってたみたいで少し深めみたいで約一ヶ月ぐらいで上皮化しました。
跡は残るかもだけど小さいからこれから皮膚が延びたらわからなくなると思うとは言われたんですが私の不注意だったので傷をみるたびに今は赤い状態なので胸が痛いです…
もっと早く調べてあげてればあんな泣きながら治療しなくてすんだのに申し訳なさでいっぱいです。ワセリンあるので試してみます。
紫外線もしばらくはNGですね。周りに話しても経験者がいなくこの気持ちをわかってもらえなかったんでお返事いただいて気持ちが少し楽になりました。
子供の治癒力をしんじてできるだけの事をしてあげたいと思います★
Commented by 2106Racing at 2010-06-01 07:17
>ふうちゃんさん。

上皮化までに1カ月掛かった様ですが、良く植皮を持ちかけられませんでしたね。
従来の治療を行っている病院ならば植皮の対象です。

深達性Ⅱ度の火傷であれば、私や、この7つ前のコメントを入れて見える<木の葉っぱ>さんの娘さんのチーちゃんと同じレベルですね。

<木の葉っぱさん>のブログは、現在の状況や対処を詳しく書いて見えるので、一度見られると良いです。ケアについても情報を収集して見えますので参考になると思います。

<チーのニコニコの木>の<火傷治療記録カテゴリー>です。
http://nikonikonoki.blog97.fc2.com/blog-category-7.html

上皮化したばかりの痕は赤っぽくて目立ちますが、小さなお子さんの皮膚は成長しますので、やがて目立たなくなる事と思います。

私が1年前に回答を始める以前の知恵袋では、大人も子供も植皮をされている方が多く、回答者もそれについて否定をしていない回答が多かった様です。
私が回答を始めてからは、1人を除いて皆さん湿潤療法の病院に転院されています。

まだ植皮されなかっただけでもラッキーだったかも知れません。
Commented by naomi at 2010-06-02 14:23 x
2106Racingさま。(すみません、間違えていたんですね)

わたしが2106Rasingさまにあてたコメントは『この治療法で大丈夫か?』とお知恵を拝借するものでしたし、パニックの時期で文章にも自信がなかったので非公開で続けてきました。
役立つかどうかわかりませんが今回は公開でコメントさせていただきます。

本日、久しぶりに病院へ行きとりあえず通院は終了・リザベンを飲んでケロイドの症状を抑えることになりました。(まだ症状は出てないです)
ハンドクリーム等を塗って乾燥を防ぐように。紫外線を浴びないように。とのことでした。
なので、プロペトを塗って靴下を履かせています。

約1ヶ月の治療の日々でいろいろなアドバイスと励みになる言葉を頂きありがとうございました。

※夏井先生へご連絡いただけるとのことでしたが、まだ担当の先生に病院・名前の公開の許可を頂いていないのでまた改めてご連絡させていただきます。


Commented by 2106Racing at 2010-06-02 16:55
>naomiさん。

初の公開コメント有難うございます。
これは間違いなく同じようにお子様が火傷された方の参考になります。
また、治療終了おめでとうございます。
1ヶ月は長かったですね。
最初から湿潤療法を受けて見えた事は、その後の瘢痕の発生にも大きく影響するのではないかと思います。
また、私のブログの内容や、コメント等も多少のお役に立てたという事であれば、とても嬉しく思います。

夏井先生への報告については、そう気にする事はないです。

ただ、本当に人の痛みが判って湿潤療法を行っているすばらしい医師は、やはり夏井先生のマンモスサイトで紹介してもらっても良いのではないかと思いますし、またその近くに住んで見える方が、病院を選ぶ時の参考になるのではないかとも思っています。
それと、最新の治療で治して頂いた患者の医師への感謝の気持ちの表れにもなるとも思います。

次の「経過は良好です」のコメントを楽しみにお待ちします。
Commented by 三日月 at 2010-06-06 19:54 x
こんばんは。
知恵袋から来ました!

今日、仕事中に200℃のオーブンから出したばかりの鉄板を素手でつかんでしまって火傷してしまいました。
左手の指に 大小 四ヶ所の火傷で、普通にしてる分には思ったほど痛みはないのでキズパワーパッドを患部に貼って上からケアリーブを貼ったのですが、防水フィルムとかの方が良いのでしょうか?
Commented by 2106Racing at 2010-06-06 22:37
>三日月さん。

キズパワーパッドの上にバイオパッドを貼る必要はありません。
キズパワーパッドが患部で湿潤作用をしていればそれで良いのです。
火傷の深さがが判りませんが、皮膚が剥けていればキズパワーパッド等の湿潤療法は有効です。
もちろん防水フィルムでも治ります。
実際に治療しているのは、患部から出ている滲出液なのですから。

判らない事があればまたコメント下さい。
Commented by 木の葉っぱ at 2010-06-07 18:59 x
こんにちは!
今日はお薬を貰いに病院へ行ってきました。
ブログの火傷の記事も更新しました。

今回はもうすぐ2ヶ月経過するので写真もアップしてみました。
上皮化が遅かった所は、アザみたいな色になってます。
今後、徐々に薄くなってくるとは思いますがチーは少し気になるみたいです。
もし良かったら、またアドバイスいただけると嬉しいです。
お時間がありましたら、遊びに来てください。
Commented by 2106Racing at 2010-06-07 22:31
>木の葉っぱさん。

先程そちらへ遊びに行ってきました。
写真も拝見しましたが、随分きれいになっていて本当に良かったです。

なかなか火傷カテゴリーでの更新がなかったので、経過は良好なんだろうなと思ってはいましたが、予想以上に良くて私も嬉しくなりましたよ。

今後の変化は、治療時と違ってゆっくりですが、あせらず観察・ケアして行きましょう。

宜しければまた遊びに来て下さい。
Commented by naomi at 2010-06-11 13:44 x
2106Racingさま

お久しぶりです。
本日、足の甲の深かった部分に盛り上がり(もしかしてケロイド?)が出来ているので病院に行って来ました。

結果は瘢痕、もしくは肥厚性瘢痕の症状なのでアルメタ軟膏を処方していただきました。

夏井先生のHPで検索したところ弱いステロイドのようです。
私自身息子を帝王切開で産んでいて傷が瘢痕のようになっているのでついでに診てもらったところ4-5年後には治る?目立たなくなるのではとのことでした。
もしかしたら、息子もそれくらいの長い期間を経て目立たなくなるのかもしれません。(勝手な予想です)
でも、わたしは術後毎日、消毒していたし息子のほうが早く綺麗に治るのでは…と期待しています。

2106Racingさま、アルメタ軟膏は大丈夫ですかね?
信頼できる先生だし大丈夫と思うのですが。
http://health.goo.ne.jp/medicine/search/4835_3/si/0/indexdetail.html

こんな説明があったので…

もう1度塗ったのですがもっと調べてみます。
Commented by 2106Racing at 2010-06-11 14:45
>naomiさん。
お久しぶりですね。
やはり肥厚性瘢痕が出てきましたか。
やはり深達性Ⅱ度の部分は出ますね。リザベンは効いてないのですかねぇ…。

実は私も肥厚性瘢痕は出来ていたんですよ。
受傷63日後の写真の写真では赤黒くて何となく判りますが、10月のページにコメントを頂いている「みづき」さんの娘さんも同じように肥厚性瘢痕が出来たので、私の瘢痕を見抜いていました。
私の場合は、放ったままでも1~2カ月程で元に戻りましたよ。

またこのページの上の方にリンクされている<やけどケア.jp>でも、お子さんの4箇所の火傷の内、1か所の深達性Ⅱ度の部分が盛り上がり、シリコンシートでの圧迫固定法により、すぐに平らになったと書かれています。

またステロイドはケロイドや肥厚性瘢痕ではよく聞きます。長期間連続使用しなければ問題ないと思います。
私はステロイドについてはアトピーが酷かった頃によく塗っていたので、余り抵抗感はありません。
そのサイトに書いてあるのは、湿潤療法等の閉鎖療法(ODT)中には使用しない様書いてあるだけです。

ここからは情報が少ないので手探りになりますが、頑張って調べてみましょう。
Commented by naomi at 2010-06-11 16:18 x
2106Racingさま

早速のお返事ありがとうございます。
いろいろ調べてみたんですがステロイドは使い方を誤らなければ大丈夫みたいですね。
発達障害の文字にオドオドしてしまいました。

シリコンシートも気になってるんです。
経過を見ながら、先生に相談しながらやっていきます。

次は良い報告をさせていただけるといいなぁと思います。

ありがとうございました。

Commented by なお。 at 2010-06-15 10:55 x
はじめまして。
先週月曜日、息子がティファールの電気ポットのお湯をかぶり、太ももにレベル2(浅・一部深)の火傷をしました。
救急から紹介された病院は、従来のガーゼ+軟膏治療だったのですが、悩んだ挙句、湿潤療法をやっている病院リストから近くの病院(名古屋記念病院)を選び、直接問い合わせの電話をし転院しました。

そして、1週間後の昨日。
なんと植皮の可能性を言い渡されていた傷が上皮化しており、植皮は不要と言われるまでに回復しました。
Yahoo!知恵袋から2106racingさんのブログも何度も訪れ、私なりに悩みましたが、思いきって転院してよかったと感謝しています。

湿潤療法については半信半疑でしたが、治療開始にあたりメリットとデメリットをしっかり説明してくれ、感染をチェックするために毎日診察をしてくれたドクターのおかげでここまでよくなることができたと思っています。
ちなみに、名古屋記念病院は火傷を治療してくれるリストには入っていませんでしたが、とてもしっかり診てくださいました。(外科ではなく創傷治療センター外来での治療。)
長くなりましたが、どうしても一言お礼をいいたくてコメントさせていただきました。
Commented by 2106Racing at 2010-06-15 18:39
>なおさん。
いえいえ、私は何もしていません。火傷を治したのはお子さんの自己再生能力です。
と、私も夏井医師に、上皮化直後に、なおさんと同じようにお礼のメールを入れたらそんな返事が返ってきました。
なおさんの気持ちも、夏井医師の気持ちもどちらも判るようになった今日この頃です。
私のブログがお役に立てたのならば何よりです。

ブログも拝見しました。
それ…って恐ろしい速さで上皮化してませんか?
受傷してから8日目ですよね?驚きです。
深達性Ⅱ度の部分の上皮化も時間の問題だと思いますが…あと1週間と言ったところでしょうか。

名古屋記念病院は外傷のリストに入っていて、熱傷のリストには入っていませんが、私が治療を受けた市立恵那病院も同様です。
熱傷リストに入っている病院は、基本的に広範囲のⅢ度熱傷まで対応できる病院が多いのですが、外傷リストの病院でも深達性Ⅱ度~小範囲のⅢ度までは対応していますし、簡単に治します。
全て治療法は同じなのですから。
Commented by 2106Racing at 2010-06-15 18:41
<続きです>
たぶん、名古屋記念病院の医師はお子さんの火傷を見た時点で、すでに上皮化までの予測は出来ていたはずです。
今まで同じレベルの火傷を何例も上皮化させているのですから、当たり前ですよね。
ただ、ちょっとSが入っていて、「これは酷いかも…」と説明して、上皮化した時の喜びがひとしお大きくなるように仕向けたのではないかと思います。
ちょっと意地悪な話ですが、医師には良くある<ムンテラ>です。
瘢痕については、上皮化の速度といかに自然に皮膚が再生されるかによって残るかどうかが決まってきます。
その速度での上皮化であれば瘢痕はほぼ残らないと思いますよ。
という事は、逆に軽い火傷でも最初に受けた消毒とガーゼで痛め続けているような治療では、なんとか上皮化させたとしても瘢痕拘縮(いわゆるヒキツレ)が起きます。
Commented by 2106Racing at 2010-06-15 18:51
<また続きです>
今は最新の治療を目の当たりにして相当驚いて見えると共に、感謝の気持ちもいっぱいだと思いますが、それならば湿潤療法を立ち上げた夏井先生にメールされてはいかがでしょうか?
その病院名と医師名も伝えれば、先生のサイトとで{とてもすばらしい湿潤療法医師}として紹介していただけますし、その医師も決して不快な気持ちにはならないと思います。

またなおさんのブログでも病院名や医師名を紹介されても、今後、その近辺で同じように火傷された方の参考になると思います。
5つ上の「木の葉っぱ」さんも同じような思いで、ご自分のブログで病院や医師、治療内容や経過を詳しく載せて見えます。

<チーのニコニコの木>の<火傷治療記録カテゴリー>です。(ご存知かも知れませんね。)
http://nikonikonoki.blog97.fc2.com/blog-category-7.html

なにはともあれ順調な経過で良かったですね。
全ての部位の上皮化まであとちょっとです。
頑張って治してあげてください。

あとでまた、そちらのブログにも遊びに行こうと思います。
Commented by とんぼ at 2010-06-17 11:42 x
はじめまして。
HPを拝見し、夏井先生の病院に駆け込みました!
2週間毎日通院しても一向に良くならなかった火傷が、わずか4日で治りました。
本当に感謝しています!
ありがとうございます!!
Commented by 2106Racing at 2010-06-17 22:01
>とんぼさん。

本当にご自分の火傷を何とかしようとする方は、夏井先生や私のサイトにたどりつき湿潤療法を受けて、早い治癒を迎える事になりますが、人だよりで、何かあれば人が何とかしてくれると思っている方は、「痛い治療で、たとえ火傷が悪化している」様に見えても、「近所のお医者様なのだから、絶対に正しい」と信じてしまいます。

とんぼさんも「ラッキー」な方の一員になりましたが、ご自分で調べられたからこそ、湿潤療法を受ける事が出来たのです。

でもそれで、痛くなく早く治ると「誰かのおかげ」と思うようになり、一言入れたくなりますね。

始めて受けた方にとっては魔法の様な治療ですが、いずれ一般化します。
ただ、今はバカ医者が以上に多いだけで、その犠牲になっている方も多いと言うだけの事です。

早めに受けて、早く治って良かったですね。
湿潤療法は、こうして広まって行くのです。
Commented by 木の葉っぱ at 2010-06-22 00:03 x
こんばんは。
前回に薬を貰いに行ってから、もう2週間が経ちました。
今回は4週間分のお薬を頂いたので、患部も落ち着いたのだと思います。

今日は、もっと何か出来ることがないかと思い形成外科へ行ってきました。
チーのアザみたいなものだと思ってたモノは、瘢痕だったみたいです。
気になってたビタミンCを塗る事は、チーにアレルギーがあることでカブレや湿疹などのリスクがある割に効果は薄いので止めた方がいいとの事でした。
リザベン細粒の服用とプラスチベースでの保湿が、今出来得る最善の事だと言われました。

時間がかかるけど赤みは引いてくると仰って頂いたので、気長に待ってみようと思います。
Commented by 2106Racing at 2010-06-22 18:08
>木の葉っぱさん。
お久しぶりですね。

肥厚性瘢痕は、少し凸凹しているだけですよね?私は1ミリ程度のイトミミズが這っている様な肥厚性瘢痕が指元にたくさん出来ていましたが、気にもしませんでしたし、放って置いたら自然に平らになりましたよ。
今でも良く見るとかすかに膨らんでいる様ですが、シワレベルですので、目立ちません。

赤いのもその内引いて行く事と思います。私は逆に色素が抜けて白くなってますが、最近の日差しでもそこだけ日焼けしないので、とても目立ちます。

それが理由で更新していない訳ではないですよ。この3月のページは、長文で呼びかけていますので、もうすこし晒して行こうと思っているだけです。

また後でそちらにも遊びに行こうと思います。
Commented by なお。 at 2010-06-25 18:37 x
こんにちは。
ブログにコメントをありがとうございました!

先ほど、夏井先生に御礼のメールをしました。
(ついつい思いが強くなり、長いメールになってしまったのですが(笑))
今回のことでは、本当に湿潤療法の素晴らしさを経験しました。
そのうち、ブログにもUPする日が来るかも?ということで、
今後も2106Racingさんを見習って、定期的に傷痕の写真を撮り続けようと思っています。
Commented by 2106Racing at 2010-06-25 22:28
>なおさん。

そのお気持ちはとても良く判ります。
その時の判断一つで植皮手術を受ける事になっていた事を思うと、自分はラッキーだったと思う反面、そうでない方が多い事が判っていますので、「何とかしなくては」と言う思いに駆られます。
それと同時に、これはきっと運命的な何か?のおかげであり、それに対して何か感謝の気持ちがとても湧いてきます。
私も夏井先生に送った最初のメールは長文であり、半分涙して書きこんだ覚えがあります。

上皮化して落ちついた時にその感情が高まりますね。そしてそれは今でも変わりません。
自分がラッキ―だったと言う気持ちは、逆に「アンラッキーだった方」に対してとても苦痛だったりします。

それが普通の感情であり、湿潤療法の恩恵を受けた者の正直な気持ちですので、そうならないためにも毎日のように「○○の一つ覚え」の回答を繰り返す毎日です。

湿潤療法を知らない方のためにも、良い呼びかけのブログになると良いですね。

また遊びに行きます。
Commented by たま at 2010-07-09 17:47 x
初めまして知恵袋よりまいりました
5日前小学生の子供がバイクのマフラーで直径約3㎝の
火傷をいたしました。すぐに湿潤療法 水道で洗い
水ぶくれを破りすぐにキズパワーパット
液(薄い黄色サラサラ少し臭う)
が多いのでまた洗い1日2回張り替えてました
が4日目の夜よりズキズキするとのことで
それまではまったく痛がりませんでした
本日総合病院皮膚科受診でリンデロンVG処方されました
夜にでもシャワー後
湿潤療法にもどしたいのですが大丈夫でしょうか
水ぶくれはキレイに剥がれ今は中の肉が見えている
感じです 本人が痛いので感染症かとも思ってるのですが、抗生剤の飲み薬処方されたので
これを兼用して湿潤療法に戻しても
問題御座いませんでしょうか
いきなりぶしつけな質問申し訳御座いません 
Commented by 2106Racing at 2010-07-09 21:21
>たまさん。

返事が遅くなって申し訳ありません。
総合病院の皮膚科ではたぶんガーゼでの治療ですね?

ズキズキするのは下肢の場合は血流の関係である事が多いです。寝転がって足を上げておくと楽になると思います。
また上皮化が進むとズキズキも自然に治まってきます。

リンデロンVGは湿潤療法でもたまに火傷初期で使う医師もいる様ですが、意味がないので使う必要はありません。

もちろん湿潤療法に戻した方が良いです。
抗生剤は3日程は「気休め的」に飲んでおいても問題ありません。長期間服用するといらぬ耐性菌を作る事になります。

さっそくお風呂上がりにきれいに洗って、湿潤療法を再開すれば良いと思います。

また判らない事があれば、遠慮なくコメント下さい。
Commented by てるや at 2010-07-10 04:42 x
はじめまして。私も知恵袋からこちらへ案内させて頂きました。
7月4日に炊飯器の蒸気がたまっているお湯で左の手首辺りを火傷しました。
ワセリンを塗りラップをしているのですが、7月10日に水ぶくれが破れて体液が出てきました。その頃からまた痛みが出てきて体液も臭くて少し腫れている感じです。
特に、腕を心臓より下にするとズキズキしてきます。
病院へは1度も行ってないのですが、行った方がいいと思いますか。
アドバイスを頂けたらとても嬉しいです。
Commented by 2106Racing at 2010-07-10 07:10
>てるやさん。

水疱を温存していた場合、内部の液が劣化して感染症を起こす場合があります。
詳しくはこのページの上の方の<水膨れについて>をクリックすれば出てきます。

また、腕を下げるとジンジンと痛いのは普通です。私の受傷5日後のページにも書いてありますが、自然に治まってきます。
液が臭い(納豆の様な臭い)のも湿潤療法では付き物ですから心配ありません。

水疱の下の組織が私の左手の様に赤い場合はご自分でも治せますが、右手の中央部分の様に白くなっている場合は湿潤療法の病院を受診された方が良いです。

何はともあれ、ワセリンとラップであれば今日のところは朝・昼・晩とぬるま湯で優しく洗って、ラップを貼り替えてみて様子を見てみましょう。
洗浄によるドレナージで感染症も起き難くなります。

明日になっても痛みが酷く、感染症を起こしている様な雰囲気であれば、受診された方が良いと思います。
Commented by てるや at 2010-07-10 11:10 x
朝早くからのとても丁寧なご返事ありがとうございます。
腕を下げるとジンジンするのも、液が出てくるのも泥みたいな色で臭いのも、腫れてるような気がするのも昨日からだったので悪くなってしまったのかと不安になってしまい、非常識な時間に文章を送ってしまいました。
今更ながらお詫び申し上げます。
水泡の下の組織は赤色なので、処置を助言通り行いしばらく様子を見てみようと思います。
ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
Commented by 2106Racing at 2010-07-10 11:32
>てるやさん。
どういたしまして。
私も最初の病院で植皮の可能性を言われた時はとても不安で、その夜中に夏井先生のサイトを見つけた時は、すぐに市立恵那病院に相談のメールを送ったくらいでしたので、その気持ちは良く判ります。
アドレスが違って届きませんでしたが。(笑)

浅達性Ⅱ度の火傷と思われますので、あと10日以内には治ると思います。
また何かあれば遠慮なくコメント下さい。
Commented by 木の葉っぱ at 2010-07-11 18:06 x
2106Racingさん、こんにちは!
お世話になってます。

今日でチーの受傷3ヶ月になりました。
形成外科の先生が仰ったように、赤みは今がピークだと思われます。
丸い瘢痕の真ん中辺りから白っぽくなり凹凸も平らになるのですが、その周りはまだ少し凸してます。
最近は、気にせず半袖で過ごしてますが(日焼け防止では長袖着せたりチューブ型の包帯したりしますが)問題ないみたいです!

写真を乗せたので、もしお時間がありましたら遊びに来てくださいね!!
Commented by たま at 2010-07-11 20:45 x
2106Racingさん
ありがとうございます
コメの日にシャワーで流し(病院で傷に網ネットの上からガーゼでかなりネットがへばりつき流血しました)
このネットは外さず上から消毒薬とリンデロンをとの医師からの支持でしたが、外しキズパワーにいたしました
今は痛みもなくまだ赤い肉ですが液体も漏れるほどでは
なくなったので明日は1日~2日貼りぱなしにしとこうと思います。
今回病院にいったのは膿と滲出液の違いがいまいち
判断つきにくかったのと本人が痛がった為でした
今も少しアトピーですが
小さいころはひどく病院ジプシーでした
どこもステロイドばかりでうんざりしてもう皮膚科
には見切りつけてたんです
今は自然に成長とともによくなりましたが
また火傷は経過を御報告したいと
勝手に思っております
私も昔湿潤療法TVで見たのを今回の件で思いだしました


Commented by 2106Racing at 2010-07-11 21:49
>木の葉っぱさん。
ちゃんと毎日更新は拝見しておりますよ。
お顔の方はきれいになっている様ですが、火傷の深かった所だけが、痕が残っている様ですね。
赤い痕は消えると思います。どちらかと言えば私の様に色素脱色した方が目立ちます。

すでにたくさんのコメントが入っていましたので、少し遠慮していましたが、あとで遊びに行きますね。
Commented by 2106Racing at 2010-07-11 22:06
>たまさん。
その処置で大正解です。

そのネットは多分ソフラチュールだと思いますが、普通のガーゼの様にこびりつかないのを「売り」にしているのにキッチリ引っ付いて、剥がれなくなります。
それが毎日の事で判っているのに、「引っ付かないガーゼです」と説明する医師や看護師はやはりどこかおかしいのではと思ってしまいます。

私も小さな頃からアトピーですが、ワセリン(プロペト)を風呂上がりに薄塗りを続けて痒みは治まっています。もう1年続けています。
ただ夜はボリボリ掻かずに眠れる様になったのが有難いです。
でもやめるとまた痒みが復活します。根治はやる気の無さで遠い話です。

ステロイドもたまに塗りますよ。連続で3日程塗るとガサガサ・ボロボロの皮膚は劇的に改善しますが、その後の根気が続かず、やがてまたアトピーが復活します。

他事になってしまいましたが、1週間もすればかなり上皮化が進んでいると思います。
また良好な経過のコメントお待ちします。
Commented by nekono at 2010-07-13 13:39 x
初めて失礼いたします。

nekonoiruseikatsu@知恵袋です。

メールを頂戴し、「私に意見があればいつでもブログにコメントを入れて下さい。私のブログに頂いている多くのコメントを読んで、それで入れる事が出来ればですが」ということですので、遠慮なくコメントさせていただきます。

長文になりますことから以下に続きを記載します。

http://blog.goo.ne.jp/nekonoiruseikatsu/e/a64a303bdb50b1410918d2fd46ce7d22
Commented by 2106Racing at 2010-07-13 20:39
>nekonoさん。

先程そちらのブログに私の意見のコメントを入れておきました。
携帯で不便ではあると思いますが、それで知恵袋に回答したり、ブログを立ち上げていて長文であるのでと言うイイワケにはなりません。
私の次の更新のイイネタになる事は間違いありません。

携帯でちゃんとしたコメントを入れられないくらいですから、ネットで湿潤療法の事を良く理解できないのは仕方のない事だとは思いますが…。

無知なのはまだしも、<知ったかぶり>はいけませんね。
早くあなたの次のコメントが入るのが楽しみです。
Commented by nekono at 2010-07-14 13:56 x
2106Racingさん

レプライをありがとうございます。
私が「携帯で不便」だなどと「イイワケ」した箇所がありましたら教えて下さい。
Excite blogをユーザーですから、当然ご存知かと思いますが、Excite blogの現在の仕様では、文字数制限が存在し、連投(10連続コメント)となるため、あまりに見苦しく、これを避ける手段としてコメント本文を私のblogに引用する形を取りました。「携帯でちゃんとしたコメントを入れられない」のはExcite仕様の問題であって私の問題ではありません。「無知なのはまだしも、<知ったかぶり>はいけません」よね、本当に。

頂戴したコメントの内容については、改めて回答いたします。
Commented by 2106Racing at 2010-07-14 18:13
>nekonoさん。
私はブログの使い方には詳しくありませんが、知ったかぶりをしたつもりはありません。
連投するかしないかはそちらの勝手であり、私の方は見苦しいとも何とも思いません。
事実ここに火傷の相談のコメントを入れる方で、連投される方も多数見えます。
周りが見えない事のイイワケにもなりません。

食いついてくるのはそんな事ですか?その方が見苦しかったりします。
本題の方が大事です。
ちゃんとパソコンで関連事項をじっくり調べてみるのが先かと思います。
Commented by 2106Racing at 2010-07-14 18:27
<続きです。>
ここを閲覧していて訳が判らない方のために知恵袋での内容を貼ります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143542181
ここでnekonoさんが私に名指しで意見して見えます。
これを見れば湿潤療法を知っている方は、思わず苦笑してしまう事と思います。

この後、同じ質問者さんでその前に回答を入れておいた質問に私は補足を入れました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1343485768
ここではベストアンサーを頂いています。

この後私はnekonoさんにメールでこの事を伝えて、私の意見を書き込んで置いた所、ここにコメントを入れた後、ご自分のブログで私に対して自論を展開して見える訳です。
http://blog.goo.ne.jp/nekonoiruseikatsu/c/64925060610fe5bc760760a6ddef3042

もちろん私もコメントを入れておきました。以上が経過です。
これが湿潤療法を知ったかぶっている医療関係者の、湿潤療法経験者に対する思いである事が良く判る、格好の事例である事は言うまでもありません。
Commented by nekono at 2010-07-16 11:41 x
2106Racingさん

お返事ありがとうございます。

物事には順序というものがあることはお分かりいただけませんか。基本的に頂いた順に返信していますが、ほぼ同じ時期なら前後することもあります。

1.2106Racingさんのコメント (7/13 20:39)への返信
2.
私のブログへのコメントへの返信
3.2106Racingさんのコメント (7/14 18:13)への返信

の順で対処
しています。


私も本題こそが大切という理解です。ですから意味のない些末な情緒攻撃はやめていただけませんか?あからさまに誤っている内容については看過でず議論が拡散するだけです。
Commented by nekono at 2010-07-16 11:44 x
(続き)

先のコメントについても「私が~イイワケした箇所がありましたら教えて下さい」と書きましたが、2106Racingさんは
「周りが見えない事のイイワケにもなりません」と繰り返すのみです。今一度問いますが、私に「イイワケ」した箇所がありますか?

あなたのコメント/メールには不適切な情緒攻撃が多く、このままですと議論を交わしても、信頼性のある結果にたどり着けるかどうかに不安があります。

私はあなたが決めつけているように、自分を中傷されたことに反論しているのではありません。
真実の前には私個人の自尊心などとるに足らないものです。

(続く)
Commented by nekono at 2010-07-16 11:46 x
(続き)

私の目的は適切な議論により、私の理解を確かなものにすること、ついでに私が辿った道筋を公開することで他の方にも同じように理解の一助としてもらうことです。
この点において2106Racingさんと私の間では利害関係が一致しており、このことが私が2106Racingさんと『議論できる』と考えた根拠です。ですから最初のコメントを入れました。

多少の情緒攻撃は、胸を借りるのですから授業料のうちとして受けますが、今のペースですと続けるには負荷が高過ぎます。
Commented by nekono at 2010-07-16 11:48 x
(続き)

そもそも2106Racingさんが、理解を深めるための議論など求めておらず、誰かれ構わず不満の発散をしたいだけなら、私があなたへの理解を誤っていたことになりますので、これ以上続ける気はありません。

稼働のわりに私が得るもの(理解を深めること)があまりに少ないからです。
Commented by 2106Racing at 2010-07-16 13:34
>mekonoさん。
お待ちしていました。

今度は情緒攻撃?と来ましたか。そのつもりもありませんし、理論がしっかりしていれば、そのような物はとるに足らないと思いますが、そう思われるのはnekonoさんの自由です。
また私には全てイイワケにしか見えませんが、こう思うのは私の自由です。

私のこのブログの内容や、回答履歴を読まれれば判ると思いますが、「誰かれ構わず不満の発散」をしている様に見えるのならば、そもそも話になりません。
あなたの勧める消毒やガーゼの治療の説明などは、すでに最初の病院で説明されて十分経験してから、湿潤療法に変えたので、議論の必要もありません。

私の目的は「湿潤療法をより多くの人に知って頂く」事だけです。それに伴い、湿潤療法を知らずに否定したり、さも良く知っている様なデメリットを説明する者とは確執が生まれますが、それは想定内の事であり、そのために相手に遠慮して正しい事を曲げた説明をする事は出来ません。

その結果が、多くの相談やお礼のコメントになってこのブログに入り、また多くのベストアンサーとなっている現実ですが、nekonoさんがそれを正視できないだけの事です。
Commented by 2106Racing at 2010-07-16 13:35
<続きです>
文章では理解できない者に対して、説明が難しいからこそ、私のブログや各湿潤療法の病院のHPでは多くの症例の写真を掲載している訳です。
だからこのブログにコメントを入れるよう回答したのですが、あなたは堂々と周りを見ずに、コメントを入れられて、最終的にはご自分の「大きな負担」や「得るもの」がないと仰っている訳ですが、そんな事は私の知った事ではありませんし、関係ありません。

私が何度も説明しているのは、私との議論などどうでも良いので、一度で良いからネットで「湿潤療法」を良く調べて見る事です。それはそんなに難しい事ですか?
それは間違いなくnekonoさんの新たな知識となる訳ですが、それも出来ずに、私と議論をしても得るものがないと仰っても、笑止千万です。
勉強しろと言われてしないのは自由ですが、それで勉強するのも自由です。

どのような意見もネットではある程度自由ですが、多くの方が閲覧してみえる訳です。
ある意味公共の場でもありますので、正しくなかったり間違っている事は自然に判って来ると思います。
Commented by 2106Racing at 2010-07-16 13:45
<続きです>
今のところ私のブログや、知恵袋での回答では残念ですがそれは余りないです。
実名で出してある最初のガーゼ+抗菌軟膏の病院にもわざわざメールでこのブログの存在をお知らせしていますが、何の返事もありません。

ここに来る人たちは皆さん、火傷で困ってネットで検索してたどりつく方たちばかりです。
そんな人たちのコメントを無視して自論を展開しているのはnekono さんと2月のページのコメントのカエルさんの2人だけであるという事を説明しても情緒攻撃?になりますかね?難しいです。
私のコメントはブログでも知恵袋でも大変親切と言われる事が多いので。

結果としてはっきりしているのは、nekonoさんが知らない治療について、その治療の経験者に議論を求めていても、全く無意味だと言う事なのです。

Commented by てるや at 2010-07-18 08:11 x
おはようございます。7月10日こちらにおじゃまし大変お世話になりました、てるやです。

7月11日、火傷部より上部の腕の腫れがひどくなってたので病院を受診しました。(湿潤療法している医者であることを祈りながら)
ドキドキしながら、医者の前で包帯とラップをはずしました。
「いつ火傷したの?」
「先週の日曜日です。」
「もう上皮化しているよ。すごい回復だね。病院は今日が初めて?」
「はい。3年前に火傷した時に受診した病院で、ラップでの処置をしていたので今回もラップを貼っていました。」
「その病院ではいい処置をしてもらったんだね。火傷してる所は特に化膿もしてないよ。あと1週間では治るよ。紫外線に当てないように気を付けて。」
腕の腫れはなんとも言えないので様子をみましょうということでした。
腕の腫れは、12日あたりからひいてきました。むくみだったんですかねぇ。

Commented by てるや at 2010-07-18 08:12 x
続きです



小さい子供が二人いて、火傷の部分を引っ掻かれたら怖いので、今もラップと包帯をしてるのですがもっと良い方法はありますか。
あと、乾燥させない方がいいのでしょうか。
ヒルドイドクリームも有効でしょうか。
火傷の現在の症状としては、一部ピンク色の部分もありますが、普通の皮膚の色に戻っている所もあります。
たびたび申し訳ないのですが、お返事頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
Commented by 2106Racing at 2010-07-18 13:25
>てるやさん。
返事が遅くなって申し訳ありません。

理解のある医師の元へ受診されて本当に良かったです。その医師も普段湿潤療法を行っていない方であれば、とても参考になったと思います。

現在は完全に上皮化しているのでしょうか?(上皮化とは皮膚が再生されて滲出液が完全に出なくなった状態の事を言います。)
そうであればたとえ赤っぽい薄い皮膚でも、ラップの使用は必要ないので中止して下さい。
アセモやカブレ等を起こします。

上皮化した部分が、ラップによってカブレた方の写真付きの質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141334361
この方は白色ワセリンにも弱くて、もっと精製度の高いプロペトに変えたら良くなりました。

上皮化した後のしばらくは、皮膚がしっかりするまで保湿のために白色ワセリンを塗り、ネットサポータや包帯をして保護しておけば、遮光にもなって良いですよ。
ワセリンは擦れても、しぶとく皮膚のシワや毛穴に残っていて、保湿効果が長く続きます。
こまめに、塗っておけば良いですよ。
Commented by てるや at 2010-07-19 14:08 x
お返事どうもありがとうございます。
返事が遅いなんてとんでもございません。むしろとても好意的な早さで感激しております。
私の方こそ、お礼の返事が遅くなってしまい申し訳なく思っております。
写真付きの例題まで貼って頂きありがとうございます。とても参考になりました。
上皮化はしているみたいなので、早速ラップの方は取って包帯だけにしてみました。
というのも、火傷部分の周囲に私もあせもの様な吹き出物ができているので。

ワセリンは遮光にもなるんですね!!
目からうろこの情報です!!
なにしろ、沖縄に住んでるので紫外線の量は半端じゃありません。
外出するときは、包帯の上から紫外線防止のためのアームカバーみたいなものを装着してます。

しばらく、ワセリンと包帯で保護してみますね。
どうもありがとうございました。
Commented by 2106Racing at 2010-07-19 18:10
>てるやさん。

てるやさんは沖縄の方でしたか。去年の8月に沖縄の方から(非公開ですが)私のブログを参考にして油による火傷をラップで治した女性の方のお礼のコメントを頂きました。
その方のブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/northkitchen_hokuto/5325666.html

火傷の治り具合もナイスですが、沖縄の写真が素晴らしいです。
そう言えばあれから更新されてませんが、どうしたんでしょうかね…。

ワセリンは遮光しませんよ。保湿です。
包帯などしなくても、アームカバーで良いと思います。
後、皮膚がしっかりしてこれば、肌に優しい日焼け止めを塗っておいても良いです。

何はともあれ、この夏を乗り切るまでは紫外線カットに頑張って下さい。
Commented by たま=まるです at 2010-07-23 11:06 x
失礼いたしました。あせっていたので
間違えてしまいました
子供の火傷で助言いただいたものです
7月5日直径3センチの水膨れその日はワセリン&ラップ
7月6日水膨れが真っ黒になり液がたれるキズパワー貼る
7月7、8日水膨れの皮膚切開(皮膚は肉が見えて真っ赤)滲出液大量でキズパワーの上にガーゼで抑える
7月9日ズキズキで病院受診(消毒ネットガーゼリンデロン)
夜にネット外しキズパワーにもどす
10日~11日まだ滲出液多い
12日~滲出液が少なくなり13日まったくキズパワーが膨らまずとってみると皮膚が再生してました。
まだ薄ピンクですがもう普通です
プールにもこの前連休行きましたがまったく問題なしでしたケロイドもなくキレイです
色々な御意見あるようですが
私は今回この方法で良かったと思っております
今回の火傷より以前に米粒ほどの火傷を指にしましたが
こちらはたいしたことがなかったのに
ホクロほどのケロイドが今も残っております
Commented by 2106Racing at 2010-07-23 13:54
>まる=たまさんでしたか。

詳しい経過のコメント有難うございます。
すでに綺麗に上皮化された様で良かったですね。
絵にかいたような浅達性Ⅱ度の火傷のスムーズな治り方ですね。
やはりグッジョブ!です。

途中皮膚科の医師によるガーゼでの妨害?障害?傷害?が入ったようですが、良い勉強になったと思います。

いろいろな考えはありますが、それは湿潤療法を知っているか、知らないかの事で決まります。
湿潤療法を受けた事がある患者とその周囲の人たちは、二度とガーゼ治療の病院に行かなくなるだけの事であり、そのガーゼ治療の医師がその事に気付いていつから勉強を始めるか、いつまでもガーゼ治療を続けるかだけの事です。
そんな彼らを今後どうなって行くのか冷めた眼で見ていましょうね。

何しろ綺麗に治って本当に良かったです。
Commented by えり at 2016-04-21 23:37 x
今晩は。
私も3/19に熱湯を浴びて熱傷2度深~3度に近いと言われました。

運悪く会社が切り替わりで保険証とか、その他の業務で、当日しか病院いけませんでした。

でも、ワセリンラップでみるみる回復。
けど、3度に近いところはまだ上皮化できてなく…傷パワーパッド使用してます。
ですが、小指のまたに近いところで、傷パワーパッドには白く膨らんだ状態はあるもの、
小さな隙間があるためか、せっかくの液が微量ながら漏れてます。
漏れないように傷パワーパッドに切り込みをいれて貼っても問題ないのでしょうか?

自己治療も1ヶ月すぎました。感染症もなくうまくいっているなかでのまた、無知の壁です。
教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。
Commented by 2106racing at 2016-04-22 07:42
>えりさん

深達性Ⅱ深~Ⅲに近い状態でのご自分の治療とはすごいですね。
火傷の深い部分でも、治癒期間が違うだけで治療方法は同じです。
キズパワーパッドに切り込みを入れて貼っても、そこから滲出液が出てきて乾燥しなければ全く問題ありません。
これは開放性湿潤療法と言って、プラスモイストと同じ様な働きをします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11113194826

頑張って治しましょう。
by 2106Racing | 2010-03-25 16:20 | 火傷 | Comments(100)