「ほっ」と。キャンペーン

両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷155日後 浅達性Ⅱ度で植皮?転院のススメ

9月20日(日曜日)


今日の写真

b0178879_17175640.jpg


b0178879_1718255.jpg


先月の写真とは殆ど変わらないような気もするが

白い部分が少し減っているのが判るかな?

これは根気が要りますよ。

まあ自分は男なので全然気にしていないのだが、

ここを気にして?見ている女性の方たちのためにももう少し様子を見ていこう。





アトピー自分勝手治療経過


こちらも何も変らん上に少し飽きてきた。

ケアもこまめにしなくなった。

ただ手を抜いているとまた痒みが…

の繰り返しだが、実際メチャクチャ治ってるわけだ。

前までは朝から晩までポリポリ…  

皮膚は細かい粉になって湯船でサーッと膜が張っていた程だったし、

常に嫁さんが、通称<コロコロ>(粘着テープで埃とかを掃除するヤツ)で

自分の後をついて歩く事は、今は全くない。




ところで昨日(19日)の知恵袋の火傷の質問だが、こんなのがあった。

左手全体に2度浅と思われる火傷で通院中ですが、手術はどうしても避けたいです。

という質問だったが、Ⅱ度aの火傷で植皮はありえない話だが、現実にあるようだ。

もちろん湿潤療法での回答を入れておいたが、

気になってその病院を調べてみたが、たぶん○京区のN医大ではないかと思う。

そのホームページには夏井先生のあの<パラダイム>があった。

浅いⅡ度を消毒+ガーゼ+抗菌軟膏で深いⅡ度~Ⅲ度まで悪化させておいて、

植皮で腕をふるう、というパターンが読めた。(わざとではないだろうがそうなる。)

どうか質問者が、湿潤療法の病院へ自分の判断で転院するか、

せめてこのブログにコメントを入れてくれる事を切に願う。(何か協力できるはず。)

絶対に治る火傷に植皮をしてはいけない。





夜中に質問者から補足が入った。

連休明けに湿潤療法の病院へ転院するようである。

ヨカッタ~。
[PR]
Commented by taro_puipui at 2009-09-24 13:22
大変親切にご対応頂き、感謝の限りです。
仕事の都合で28日まで病院に行けませんが、
手袋+エキザルベで対応しています。
エキザルベはワセリンに変えた方が良いでしょうか?
また、剥がれてくる古い皮は、何で切除するのでしょう?
以降の経過、ご報告させて頂きます。
よろしくお願い致します。
(知恵袋、もちろんベストアンサーとさせて頂きます)
Commented by 2106Racing at 2009-09-24 18:27
私の方も、勝手にブログに載せてしまってすみませんでした。
滲出液がたくさん出ていて、常に湿潤環境にあるのならば、エキザルベはやめた方が良いと思いますし、白色ワセリンも無理に塗らなくても良いですよ。白色ワセリンは、密着度を上げたり、傷の疼きを緩和させるためだけのもので、治癒効果は別にないので。
手袋とは例のビニール手袋だと思いますが、蒸れると思いますので、1日2回(朝・晩)くらいは患部を洗浄・交換して下さい。
その時はとても嫌な(納豆っぽい?)臭いがすると思いますが、当たり前の事ですので心配しないように。傷が腐っているわけではありません。
あと、手袋には細かい切れ込みをランダムに開けて、液が染み出てくるようにして、その上から包帯を巻いておくと良いですよ。ある程度湿潤させながら、余分な液は排出させる方が良いのです。しかし、やりすぎると乾燥しだすので、この辺は微妙なさじ加減が必要ですが。
Commented by 2106Racing at 2009-09-24 18:27
↑続きです。
水膨れの残った皮膚は、眉毛の手入れに使うような、小さな尖ったハサミで切ると、きれいに取れます。
間違って肉の部分を刺したり、切ったりしても湿潤療法中なのでついでに?すぐに治ります。これはもちろん冗談です。
28日の受診までには、火傷面に何らかの回復の兆しが見えてくると思います。
また経過を教えて下さい。
Commented by sassi at 2009-09-25 00:05 x
初めまして。
先日バイト先で油を手にかけてしまい手の甲全体のやけどをおいました。痛くて痛くてどうしたらいいかわからなくYahoo!知恵袋を見てここのブログを知りました。私は今留学中でオーストラリアにすんでるので日本の病院にはいけずこっちの病院では抗生物質のジェルを渡され傷口を乾かすようにといわれました。
幸いワセリンを持っていたので(日ごろリップクリーム、ハンドクリームとして使用)自分でラップを巻いて手当てしました。
もう1週間たちますがだいぶよくなってきました。
今の状態は新しい肌ができてきた感じです。まだ赤いですけど・・。

ワセリンを塗ると皮膚の皮が柔らかくなって皮がむけやすくなるのですがそれは大丈夫なんでしょうか??

異国の地で不安でしょうがなかったですけどこのサイトを見て本当に助かりました。

ありがとうございました。
Commented by 2106Racing at 2009-09-25 07:02
私のブログがお役に立てて何よりです。
ワセリンは、疼きを緩和したり、ラップの密着度を上げるために使いますが、ワセリンそのものに治癒効果はありませんので、無理に使う必要はありません。
皮が剥けやすいとありますが、それは、火傷部分か正常な皮膚かどちらでしょうか?
ラップによる湿潤療法では、正常な皮膚や、再生されたばかりの皮膚はふやけます。
こまめに良く洗う事で、ある程度は解消されますが、普通は、火傷部分の面積の縮小に合わせて、キズパワーパッド等のハイドロコロイドを切って貼ります。
ラップしかないので仕方がないと思いますが、治療が終了すれば、ふやけた皮膚も元に戻ります。
遠い地からの完治を祈ります。
頑張って治して下さい。
Commented by taro_puipui at 2009-09-28 21:53 x
お世話になります。
本日、ご紹介頂いたサイトにありました、
町屋の皮膚科の診察を受けました。

経緯を説明、包帯を外して受傷部を診て貰います。

私の手を取り、あちこちと押してみたりする先生。

開口一番、
「どこにも頼りない所がないですね。
もう包帯も治療もいりませんよ。」

良かった!!!
緊張が一気に吹き飛びました!

受傷して三日以内の処置で、大きく違ってくるそうです。
湿潤療法の基本的な考え方は、一般の病院にも、
かなり浸透しているように思います。
当初はガーゼに包帯でしたが、
アズノールを過剰な位塗布しており、湿潤環境が保てていたのだと思います。
消毒も水脹れを切った時に軽く使用した程度でした。
(町屋の先生は今後も厳禁との事でした。)

この度は、本当にありがとうございました!
見た目など全く気にしませんが、
(帰りの電車ではオッサンが力一杯見てましたが・・)
経過など、ご報告させて頂く所存です。
Commented by 2106Racing at 2009-09-28 23:22
良かったですね。受傷してから20日程経過しているので、Ⅱ度aならば上皮化が進んでいる筈です。
あのままN医大での治療が続いていたらと思うと…
もう1か月くらいは<植皮>による入院が待っていたかも知れません。
しかし、Ⅱ度aの火傷で植皮の可能性6割とは…論外と言うよりも脅迫に近いものがありますね。
大学病院内部でも、若い研修医は湿潤療法を理解している筈なので、そういった処置だったのかも知れませんね。
でもアズノールはいつから塗っていたんでしたっけ?
何はともあれ良かったですね。
また経過を教えて下さい。
Commented by taro_puipui at 2009-09-29 00:00 x
ありがとうございます。
受傷、救急搬送の病院で、アズノールべた塗りの、
ガーゼ+包帯が初期対策でした。(外科)

2日目も同様、3日目に同病院で皮膚科の医師の診察、
水泡を切開、アズノール+ガーゼ+包帯。

4日目に妻が勤める病院へ転院、外科医が同処置。
この日の医師は湿潤療法と既存療法をご存知のようで、
「どちらが正しいとの結論はまだ、はっきり解明していませんが、無消毒・洗浄による自然治癒が理想」
というような意見でした。

5日目、同病院の皮膚科医師(こいつが今回、
一番の悪要因。痛めつけ屋。)
「医大の形成を紹介するから。
医大に行ったら、もうこちらには来なくて結構。」

当時は不安で、素直に従いました・・・
(この間に2106さんのアプローチを頂いていなければ、
今頃切った張ったの、最悪な事態になっていたと思います。)
医大でのお粗末な対応はご報告の通りです。
(処置室にハエが飛んでいたり、処置の前によく洗ってください。と、
湯をはった洗面器を持ってきて放置してみたり、他、
こりゃアカン・・と思わせる姿勢は感じられましたが)

経過、改めてご報告させて頂きます。
Commented by 2106Racing at 2009-09-29 07:15
一通りの、間違っていた治療を、ギリギリのラインで経験されたようですね。
医師によってこんなに違いが、はっきりしている治療法は他にありません。
片や植皮で一生心体に傷が残る治療と、片や誰でも簡単にきれいに早く治る治療では、天と地の差があります。
奥様も医療関係者であれば、今回の件で尚更、良く判って頂けたと思います。
私のブログを立ち上げた理由もそうですが、知恵袋で、いつもあれだけの長い説明回答を入れている意味が判って頂けると思います。
間違った治療から、一人でも多くの人を救い出して、正しい知識を持って頂く事で、私を救ってくれた湿潤療法(夏井睦医師)に対するお礼?の気持ちとしている訳です。
Commented by 2106Racing at 2009-09-29 07:33
それともうひとつ。
よろしければ、その医大の名前を非公開コメントでも良いので教えていただけるとありがたいです。
たぶんブログで書いてある所だと私は踏んでいるのですが。
Commented by ぬえのふぶき at 2009-09-29 14:53 x
知恵袋でturuchanさん宛kirakiranagareboshi1103さんからお礼質問が入ってましたが内容が「質問」でないので消されるかもしれません。こっちに書くように誘導しましたが削除に間に合わないかもしれないので念のためここに一報しますね。
Commented by 2106Racing at 2009-09-29 18:23
ありがとうございます。
先程、回答?を入れておきました。
しかし、湿潤療法の看板を揚げていてのガーゼ治療だったようですが、便乗商法(医療)ですかね?
夏井医師のサイトに登録していなくても、湿潤療法で評判が良い病院も最近はよく聞きますが、それの全く逆ですね。
湿潤療法が良くも悪くも、夏井医師の手を離れて一人歩きしているような、何かいやな予感がします。
Commented at 2009-09-30 12:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちいなむ at 2009-09-30 21:25 x
はじめまして。私も知恵袋からおじゃましました。
長くなると思いますが、直接相談させてください!!
おとといの夜、肘の少し上にフライパンのふちを当ててしまい、そのまんまの形で、5センチほどの跡ができました。その真ん中は皮がめくれてあとは赤くなった感じです。
とにかくヒリヒリしたのでその夜は保冷剤で冷やして様子を見て、次の日の入浴後、家にあったキズパワーパッドがちょうど皮がめくれた部分の大きさと合っていたのでそこが隠れるように貼って、その上に保冷剤を当てて過ごしました。
そして今日の入浴時、パッドの真ん中だけですが水がたまって膨れていたので交換のためはがそうとしたらパッドの膨れていない部分(昨日は赤くなっただけの部分)が水ぶくれになったようでそこをはがすのに痛くて痛くて30分位泣きながらなんとはがしました。
もっと長く貼っていればこんなことにはならなかったのでしょうか?こんなのはこりごりなので今はラップを巻いていますが、キズパワーパッドのほうが回復が早いのかなと思いまして…。
本当に長くなってしまいました(汗)ぜひアドバイスをお願いします。
Commented by 2106Racing at 2009-09-30 22:28
返事が遅くなりました。
赤くなていた部分もすでに皮膚が浮いていて、乾燥している(湿潤していない)ところにパワーパッドが引っ付いていたようですね。これは長く貼っていても、一度赤くなって浮いてしまった皮膚は剝がれる運命だったので、結果は同じ事です。
その剥けてしまった部分を覆える(一周り大きい)サイズのパワーパッドを貼ればOKですが、滲出液が多いうちは、半日程で液が溢れてきて貼り替えなければいけないかも知れません。
それでは不経済ですので、ラップとパッドを使い分けても良いかと思います。
どちらも治療している主役は<滲出液>で、ラップやパッドはそれの補佐に過ぎません。
治療効果はどちら(ビニール袋でも)も同じです
Commented by ちいなむ at 2009-09-30 23:05 x
早速のお返事ありがとうございます!!
皮膚が浮いているということは回復に向かっていると思っていいんでしょうか。だったら頑張ってみます。
このキズが全部隠れるキズパワーパッドはないと思うので、しばらくラップを貼ってみます。ただ、ラップだとたまにチクッと痛みが走るんですが、これも時間の問題でしょうね。もう一つお聞きしたいのは、この状態で保冷剤を貼るのはやめたほうがいいんですか?あれば痛みが治まるので日常生活がずいぶん楽なので。
Commented by 2106Racing at 2009-09-30 23:47
残念ながら、皮膚が浮いていた部分は水膨れの1歩手前であったという事で、治りかけていた訳ではないと思います。さあ、これから治療開始という事です。
ラップをしていても、保冷しなければならない程痛いのですか?
よく動かす部分で、ラップの密着度が悪いと痛かったりしますので、白色ワセリンを塗るか、ワセリンがなければ患部を洗うついでに水をつけて、そのままラップを貼れば、痛みは緩和されるはずです。つまり患部とラップの間に空気の層を作らないようにするわけです。(ラップのシワ位は問題ないです。)これでかなり痛みは引くと思います。
あ、あとラップによっては多少痛みを感じたりするものもあるので、出来るだけ柔らかい製品の方が良いです。
Commented by 2106Racing at 2009-10-01 00:37
>taro_puipuiさん。返事が遅くなりました。
納得しました。危なかったですね。
ツギハギ医師ばかりの病院での治療から逃れて良かったですね。
ツーリングで、新しい傷を作ってまたそこのお世話にならないようにして下さい。(笑)
Commented at 2009-10-01 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106Racing at 2009-10-01 22:26
>846さん。
了解しました。どちらにしろtelします。
久々に飲んでくだらない?話でもしますか?
楽しみです。。。。
Commented by ytkkm096(知恵袋) at 2009-10-12 02:26 x
こんにちは。
知恵袋にて湿潤療法の質問をさせて頂いた2歳娘の母のytkkm096です。
沢山のアドバイスありがとうございました。
アドバイスを頂いてから早速湿潤療法に切り替えまして
サイトに載っていた『プラスモイスト』というシートで蓋をすることにしました。
今ではシートを換える際、怖さで泣くことはありますが
痛さで泣くことはなくなりました。
本当に感謝しております。
ありがとうございました。

ブログのコメント欄から失礼致しました。
Commented by 2106Racing at 2009-10-12 12:54
>ytkkm096さん。
あのまま投票受付になったので、心配していました。
まずは痛みを伴う(傷害)治療から解放されてとても良かったですね。
湿潤療法の病院で治療を受けているのですか?それとも自分で処置してみえるのですか?
どちらにしても、湿潤療法であれば御自分でも簡単で、痛くなく、早く治せます。
毎日の火傷面のチェックと洗浄を欠かさないように。
プラスモイストを固定するテープはよくカブレますので、粘着力を弱くして、いつも違う場所に貼ると良いと思います。

何しろ湿潤療法というものを少しでも知っていて質問されたのが結果的に幸運だと思います。運?で治療がこんなに違ってはいけないとはつくづく思うのですがね。
また、判らない事が発生した場合や、経過等遠慮なくコメント下さい。
頑張って治してあげて下さい。
Commented by 山崎 at 2011-12-10 11:58 x
アトピーの紫外線治療、puvaプバで火傷をしてしまいました。
上半身いつも熱感をもってます。治療可能でしょうか?
Commented by 2106racing at 2011-12-10 16:22
>山崎さん

いわゆる紫外線による日焼けも火傷の一種ですから、もちろん湿潤療法は有効です。

この辺を参考にされると良いです。
http://www.hino-clinic.jp/treatment_shitujun04.html
http://blog.coluli.net/2009/08/sunburn.html
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-20 17:15 x
こんにちは。突然のコメント、お許しください。アドバイスをいただければと思い、こちらに書き込ませていただいております(長いのでいくつかに分けます)。

土曜の深夜(12/17)に湯たんぽで低温やけどをしてしまいました。患部は右のふくらはぎです。日曜(12/18)の朝、起床時にすでにひりひりとする痛みを感じ、やけどに気づきました。まずは流水と保冷剤で冷やしました。

すぐに「低温やけど」で検索をかけ、あなた様の知恵袋の回答を拝見、そこからこちらのサイトに飛びました。湿潤療法についてすでにある程度知識があったこともあり(登山の救急医療では湿潤療法が取り入れられており、キズパワーパッドを切り傷等に使ったことがありました)、“湿潤療法を試してみよう”と決めました。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-20 17:16 x
最初は水ぶくれがふたつ出来ており(直径1〜1.5cm程度)、それを潰して皮を取り、家にあったキズパワーパッドを貼っておきました。またキズパワーパッドの周辺の、水ぶくれになってはいないのものの、やや変色しているところには白色ワセリンを塗ったラップを貼っておきました。それで痛みはだいぶ治まりました。

ただその後、水ぶくれが広がった為、それも潰して皮を取り、さらに大きな傷パワーパッドを貼っています。昨夜患部を水洗いし、キズパワーパッドを貼る際、かなり傷が深いようで、心配になりました。本日(火曜・12/20)は昨日よりも痛みがあります。体液はかなり出ていて、キズパワーパッドは白く膨み、いくらかは靴下まで落ちいます。

仕事が忙しかったこともあり、医療機関は受診していません。やたらなところで診てもらって、消毒されたりガーゼを貼られても…と思い、逡巡しています。過去の経験から、医師だからと言って“正解の治療法”を知っているとは限らないことは良く分かっていますし、傷を残さず治せるものなら治したいのです。家族は大変心配しており、どこでも良いから皮膚科に行くようにとせっつかれています。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-20 17:17 x
長々と申し訳ありません。以下、アドバイスをお願いしたい事項です。

(1) あなた様のウェブサイトでも、どなたか低温やけどのことでコメントを入れていらっしゃったと思いますが、低温やけども湿潤療法で治るのでしょうか。(湿潤療法でも、「さすがにこういうものは治せない」「これは湿潤療法には向かない」というものがあるのではないかと思い、伺います)

(2) まずは湿潤療法を行っている医療機関を受診するのがいちばん安心だと思うのですが、自宅(東京都多摩市)に近く、信頼できるところがあるかどうかです。夏井医師のウェブサイトで湿潤療法を行っている医療機関のリストがあり、そこには自宅近くのものも載っていたのですが、あのリストは医療機関の自己申告によるものなので、必ずしも行って満足のいく結果が得られるとは限らないと夏井医師本人が書いていらっしゃいます。そうなると、リストにあっても行って良いものか二の足を踏んでしまうのですが…

(3) 水〜金は仕事が忙しいこともあり、また受診する医療機関が絞れていないため、金曜までは自宅でこの治療を続けようかと思うのですが、どうお考えになりますか。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-20 17:18 x

最後は自己責任ですので、私の判断で治療を決定しなければなりませんが、傷を見ると不安になり、ご経験に基づくアドバイスをいただければと思いました。よろしくお願いいたします。
Commented by 2106racing at 2011-12-20 22:50
>wxy_jet5さん。

返事が遅くなり申し訳ありません。

(1)まず低温火傷は深達性Ⅱ度以上の深さになる事が多く、医師の治療を受けなければいけませんが、もちろん湿潤療法は有効です。

夏井医師のサイトの低温火傷の説明です。
http://www.wound-treatment.jp/wound151.htm
http://www.wound-treatment.jp/wound046.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/case/945.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/case/946.htm


(2)についてはあらかじめ電話で確認されれば良いと思いますが、私の知る限りでは、多摩市の近くでは三鷹市のいりえ内科クリニックが夏井先生の考えに準じた正しい湿潤療法を行っています。
http://irie-clinic.m78.com/oshirase-wet4.html#Anchor-6296

いりえ内科で深達性Ⅱ度の火傷を治療された方のブログも参考になります。
http://blogs.yahoo.co.jp/hello_brisk/folder/1049630.html

その他東京都で夏井先生がお勧めなのは杉並区の柿田医院です。
http://www.kakita-clinic.com/heisa5.html

柿田医院でⅢ度熱傷を治療された方のブログです。
http://ameblo.jp/t--t/

Commented by 2106racing at 2011-12-20 22:52
続きです

(3)湿潤療法は素人でも出来る簡単な治療であり、とりあえずご自分で処置してもかまいません。

低温火傷の様な深い火傷ではキズパワーパッドでも良いですが、吸収力が少ないのですぐに滲出液が溢れて来ますので1日に何回かの交換をしなければなりません。

できれば上記の症例やブログで使用しているプラスモイストや、穴あきポリ袋と紙オムツのセットを使用した方が良いと思います。

どんどん滲出液が出ていてそれが創面に貯留する事なくどこかに吸収されていれば医学用語で言うドレナージが行われていますので感染症を起こし難くなります。

また痛みについては下肢の火傷の場合は毛細血管が損傷を受けているのでしばらくは血行の関係でジーンとした痛みが発生する事が多いですが、これはいたって普通の事であり、寝転がって足を上げた時に痛みが治まるようであれば気にする事はありません。

http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#087
http://www.kiyosu8823.com/se3_diary/se3_diary/24.html

判らない事があればいつでもコメント下さい。
出来る限りお答え致します。

Commented by 2106racing at 2011-12-20 23:03
ついでにもう一つ参考までに。

低温火傷の湿潤療法での治癒経過についてはこちらの女性のブログが参考になります。
この方は横浜の昭和医大で植皮を勧められましたが、私のコメントで同じく横浜市の河合医院に転院され無事上皮化されました。
http://ameblo.jp/spicy--vanilla/theme-10036839418.html
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-20 23:59 x
>2106racing様

さっそくの懇切丁寧なお返事、本当にありがとうございます。心細い思いをしていたところで、励まされました。ご教示いただいたリンク先、まだすべて読めてはいないのですが、まずはご親切に心からお礼を申し上げます。

低温火傷はやはり危険ですね。受診しなければと改めて思いました。お勧めの医院の名前をありがとうございます。HPをチェックしましたが、どちらも良さそうですね。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-21 00:02 x
(続きです)
夏井先生のリストに町田市の「町田胃腸病院」というのがあります。実はこの病院が、自宅からも職場からも比較的近いのですが、評判をご存知でしょうか。HPを見ると、湿潤療法についてこんなコラムも載せているので、確かに施術はしているようなのですが、どうお思いになりますか:

http://www.machida-ichou.com/online/column051101.html

痛みは、耐えられないほどではありません。普通にしていれば痛くありませんが、歩き始める時などにじ〜んと来ます。のちのち痕が残りそうなことなど、考えると悲しく気が沈みますが、とにかく治療を進めなければいけませんね。

以上、お礼を兼ねてひとまず送信させていただきます。
Commented by 2106racing at 2011-12-21 06:52
>wxy_jet5さん

町田胃腸病院についてはサイトを見る限り、間違いなく純粋な湿潤療法を行っていると思って良いと思いますし、サイトでの説明からは湿潤療法での自信もうかがえます。

>けが(受傷、熱傷)をしたときには、
>異物があれば水で洗浄し、
>何もつけずにラップで覆い病院へ来て下さい。

が良いですね。
ラップをしていけばきっと誉められる事と思いますが知恵袋で自分で処置するなと必死に回答を続けている連中がいかに無知かが良く判ります。

また受診されたらで良いのでコメントを頂けると有難いです。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-21 08:47 x
>2106racing様

早朝のお返事、本当に感謝しています。

町田胃腸病院のサイトにも目を通してくださってありがとうございます。インターネットで口コミも調べてみました。口コミがいつも正当なわけではないのですが、印象は決して悪くない病院です。受診したらまたご報告します。

取り急ぎお礼まで。
Commented by 2106racing at 2011-12-21 09:38
>wxy_jet5さん

了解しました。

町田胃腸病院は院長先生自らが湿潤療法を行っているようですので、間違いないと思います。

また低温火傷は時間を掛けて受傷していますので深い事が多く、たとえ湿潤療法でも治癒までには長い期間が必要であり、痕も残る事が多いですが、従来の治療で新しい傷をもう一つ作る様な植皮をされる事を考えれば、患者の肉体・精神・金銭的負担は雲泥の差であり、まだ痕の残り方も植皮によるパッチワーク痕と違って自然です。

あせらずゆっくり治療される事が大事です。
Commented by wxy_jet5 at 2011-12-25 23:36 x
町田胃腸病院で外科の医師の診察を受けて来ました。傷口を軽く洗浄した後、プラスモイストを貼ってくれて、「1〜2週間おきに見せに来てください」「低温やけどは2〜3ヶ月かかるが、皆さん、治っていらっしゃいます」ということでした。

また「インターネットで調べて治療にいらっしゃる方が多い」「医療関係者より一般の方の方がこの治療法を受け入れやすいようです」と仰っていました。言葉遣いが丁寧な、オープンな感じの先生で、良い印象を持ちました。

病院の印象は概して良かったです。まず、診察をどのように受けられるかどうか朝一番で電話をした時の対応が親切で的確でした。当日10時少し前に到着したのですが、非常に混んでいて、呼ばれるまで1時間ちょっと、会計が済むまでさらに1時間かかりました。他の患者さんたちが一様に「年末だからか、今日はとても混んでいる」と言っていたので、普段はもう少し早く終わるのではないでしょうか。看護師さんも受付の方たちも、混んでいるにも関わらず、患者に対する対応は悪くなかったです。

スケジュールの詰まった週でしたが、2106racing様のお陰で上手く診察を受けることが出来て、ほっとしました。本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2011-12-26 07:04
>wxy_jet5さん

良い病院を受診された様で本当に良かったです。
やはり低温火傷は深いものが多いですね。

私の担当の外科医もそうでしたが、湿潤療法の病院の医師の多くは親切で人柄が良い方が多い様です。
これは痛いだけで治らない従来の治療に疑問を持って、湿潤療法に切り替える「人の痛みが判る医師」ばかりだからだと思います。
もちろん専門医でもないのに、怪我や火傷の患者が多くて込んでいる事も多いです。
その上患者の多くはとても痛そうに見えるのに、実は全く痛がっておらず、また処置で泣き叫ぶ子供の声も聞こえなかったりします。

また、深い低温火傷を何度も上皮化させているので、説明の中にも治癒の自信がうかがえます。
これがそこら辺の熱傷専門の形成外科医だと、すぐに植皮を勧められるのが普通です。
なぜならば彼らは、熱傷治療には「手術を始めとする手技」しか習っていないからです。
これが皮膚科だと薬を処方する事しか知らなかったりします。

これから気長にじっくり治しましょう。

たまには経過も教えて頂けると有難いです。
Commented by ちい at 2012-02-10 03:43 x
以前メールで火傷の相談ものです。消毒→ガーゼから先生の療法に近い病院を探して転院することにしました今まで行ってた病院からはセカンドオピニオンも拒否され、かなり落ち込みましたが、今後の経過をまた連絡いたします。火傷1週間後には時間がかかるけど、跡は残らないといわれて安心して通院してましたが、2,3日前に始めてケロイドになっていて、一生治らないという話が出て転院が遅くなったことと、少し後悔しておりますが、またその後を経過を連絡します。
Commented by 2106racing at 2012-02-10 07:11
>ちいさん

いつのメール?コメント?の方でしたか?
思い出せなくて申し訳ありません。

消毒・ガーゼの医師は深い火傷はすぐ植皮で、うまく上皮化させた経験が無いので、最初から「火傷の程度は2週間しなければ判らない」とか「植皮の可能性」の不安になる説明をする方が多いです。
当然、火傷の深さも見極めも出来ないので、深くて痕が残るレベルの火傷を「綺麗に治る」と言った誤診もして頂ける訳です。
また拒否出来ない筈のセカンドオピニオンをお願いすると、嫌がる非常識な医師も多い様です。

とりあえずは、またの経過を教えて下さい。
Commented by ちい at 2012-02-10 21:10 x
ちいです。すみません、夏井先生のブログだと思ってメールしてしまいました。夏井先生にメールをして先生からアドバイスを受けてやっと転院できました。

1月4日に通院して、約1ヶ月かかってしまいましたが、消毒、何度もはがすときに血が出てそこの傷の深い部分がケロイドになっていました。専門用語はあまりわかりませんが、現在プロペト プラスとモイストで保湿が保たれたせいか乾燥した皮がなくなりかゆみもなくなりました。まだ5歳の女の子なので親として何度も自分を責め続けてきましたが、こちらを見て何度も勇気をもらいました。まだ以前の病院のことを思い出すと気持ちが滅入りうちと他の病院1件以外は治療は行ってないと半強制された部分で恐れを感じてましたが、信じてがんばっていきます。また今後経過を連絡いたします。
Commented by 2106racing at 2012-02-11 06:49
>ちいさん。

了解しました。大変でしたね。

現在プロペトとプラスモイストを使用しているのであれば、れっきとした純粋な湿潤療法になりますので、誰が処置を行おうと同じ治癒経過になります。
夏井先生のサイトを良く読んで湿潤療法が理解出来れば、そこら辺の無知な消毒医師よりはご自分での処置の方が確実に深い火傷を治す事が出来ます。

それが理解出来ない方は私のブログのネタになる様な「知恵袋での無知で可哀そうなストーカー回答者」となります。

頑張って治してあげて下さい。
by 2106Racing | 2009-09-20 18:15 | 火傷 | Comments(42)