両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷84日後 水膨れについて その2(知恵袋から来た人へ)

7月11日(土曜日)

再びヤフーの知恵袋での事について。
やはり、水膨れについての質問が相変わらず多いが
回答の方も、潰さず大事にして下さいと言うものが多い。

しかし、潰れてしまった時点では、殆どが病院へ行くようにとの事。
(病院へ行っても、水膨れが破れた、破れないでの治療法は変らないと思うが。)

まあ私も、以前はそう思っていたので、無理もないと思う。

しかし、今の私の考えとしては、(湿潤療法の御医者様全員同じ考えだと思うが)
経験から、水膨れは、はやく破ってしまった方が確実に早く治る。

なぜならば、常に栄養たっぷり?の新しい滲出液で、
火傷面を湿潤させてやった方が、皮膚の再生が早まるからだ。
早く再生すると言う事は、痕が残りにくいと言う事で間違いない!

事実、私の全指にあった水膨れは、全て破って(破れたのもある)
治療したが、今は痕もなく、きれいに治っている。
パニックになるので、順番に破っていったが、先に破った方から治った事は言うまでもない。

破らずにいても、水膨れの中では自然に、ゆっくりと湿潤療法をしている訳だが、
いかんせん、液も表面の皮膚も生き物だから、当然劣化してくる。
そこに皆さんお嫌いのバイキンでも入った日には
バイキンが培養されて、増殖するので目も当てられない事になる。
当然破らなければ、何も手出しできないのだ。

それならば、早めに破った方が、いろんな意味での治療の選択肢は増える。こんな風に。

それともう一つおかしな事。
殆どの回答者や、一般の病院が、傷や火傷は、ガーゼ等で液を吸わせて、
乾燥させる治療が良いとしているのに、なぜ、水膨れは破って乾燥させないのか?
その方が、早く治るのではないか?
その方が理屈には合っているのだが、なぜかそうしない。
言ってる事とやってる事が全く逆なのだ。

その理由には、大体の人が、細菌による感染が怖いと言うので一致する。
しかし、細菌ってそんなに怖いものか?そりゃ怖くないといえばうそになるが
子供の頃、よくスッ転んで、皮がズルムケのスリ傷を作ったものだが、
余り大騒ぎした事はない。大抵、マキロンシュパッの放ったらかしであった。
しかも、化膿して膿んだ事もあるが、別にこんなもんという感じだ。

もっと不思議なのは、口の中など、アッチッチの食べ物や飲み物で、皮がベロッと剥ける
程度の火傷も、それこそ何もしない。もちろんマキロンも。
しかし、知らぬ間(という事は痛みもいつまでも感じてない)に治ってしまう。

なぜなんでしょうか?

もちろん口の中が細菌だらけと云う事は皆さん御存知のはず。
口の中の皮膚など、もっと弱々しいはず。

それはつまり、常に、唾液などで覆われて湿潤療法をしている上に、
水などを飲む事によって、細菌は洗い流されているから、
まず、感染して化膿しないという事なのです。

結果、火傷は、水道水でジャブジャブ?洗えば細菌など殆ど流されて感染などしないのです。
現に夏井先生の統計でも感染率は1%を常に切っています。

まあ長くて1時間程しか効果のない消毒や軟膏をして、通気性の良いガーゼでの感染の方が怖いと思うのは私だけでしょうか?

まあ、もっと怖いのは、カサブタのようになって、火傷面にビッチリ張り付いたガーゼをベリベリと
剥がす事の方ですが。 ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

知恵袋で、私が回答を入れた後は、湿潤療法を理解している人がフォローに入るぐらいで
誰も、違う治療法の回答を入れませんが、それがなぜなのかは、
ここを読めばば判る人も多いと思います。

知恵袋から、ここへ来た人、プロアマ?問わず、参考にして下さい。

気になる?(誰も気にしてない)写真は20日にアップしますので、お楽しみに。
[PR]
Commented by You at 2009-07-14 23:06 x
はじめまして。こんばんは。
治療日記や知恵袋をいくつか拝見しました。
大変興味深く、医療の変化を感じます。
固定観念にしばられていてはいけませんね。

私は先日、入院・手術をする機会があり、
術後の翌日から「立って歩きなさい!」と言われて驚きました。
内臓・血管 etc... いろいろな面でメリットがあるそうです。
ほんの10年前まで、
「術後10日間は起きてはいけない」が主流だったとのこと。(医師談

そう思うと、医療界は「常に過渡期」ですね。

2106Racingさん、どうか、無理をなさらないでください。
素人としての過ぎた指導は医師法違反になります。
哀しいかな、
私の知人が、とある民間療法を妄信して、
「XXXすればXXXXは治ります!!」と不特定多数相手に繰り返し指導し
警察に事情を聞かれていました。(その後どうなったかわからない

長くなりましたが、よりよい回復を願っています。
私自身も、医学の進歩を願います。
Commented by 2106Racing at 2009-07-15 15:21 x
Youさん、コメント有難う御座います。
また、心配して頂いて申し訳ありませんでした。
実は11日の知恵袋の回答で、ある回答者が、新しい創傷治療について酷い事を書いていたので、それに反論するような回答を入れておいたのですが、
それ以降、良く回答が重なる所へ持ってきて、昨日は、つい、質問者に心が入ってしまった上に、
キーボードに力が入ってしまった結果、
あのような感情的な回答になってしまいました。
とても反省しております。
回答の内容については、私個人の経験上での回答の後に、他の医療機関等のサイトをできるだけリンクさせるようにしているつもりですが、
私個人の意見の色合いが強く感じられるようでしたら、もう少し客観的な回答にしていきます。
もっと、質問者や回答者、それに知恵袋を、見ている方に出来るだけ、判っていただける回答を入れるように努力していきますので、影からの応援でもいいので宜しくお願い致します。本当に心配して頂いて有難う御座いました。
また何か意見があれば、ドンドン、コメントして下さい。
Commented by 2106Racing at 2009-07-15 15:55 x
すみません。もう一つ。
何の手術かは判りませんが、
Youさんも早く良くなりますよう、心からお祈りします。
by 2106 Racing
Commented by 知恵袋より rouge at 2009-07-19 23:18 x
こんばんは。改めましてはじめまして。
知恵袋ではお世話になっております。
前回も今回も丁寧なお返事ありがとうございました。

受傷6日め(ガーゼにして3日目)ですが、全く傷がふさがる気配がないというか、まだ生々しく肉が見えている状態です。
前の傷も今回ほどではないですが、少しえぐれていたんですが、もうこの頃には表皮が張っていた感じがします(2週間以内にはパッドも外していました)
今回痛みがあまりないのは、周囲の間隔があまりなく麻痺しているような、おそらく神経が少し切れているのかもしれません。
ただ、傷口の熱については、やはり意識して触ると、まぁちょっと暖かい感じがするのかな?という感じです。
感染症とは大げさなのかな?と思ってしまうのは、素人の怖いところかもしれません(苦笑)。
今は抗生物質を飲んでいるので、今夜一晩、あさって火曜日までキズパワーパッドで過ごそうか迷っているところです。
火曜日休みで、湿潤を行っている病院まで行けるので、、。
そこで感染症と言われたらあきらめもつくのですが(苦笑)。

とりあえず今晩は抗生剤に期待をかけて、パッドで眠ってみようかと思っています。

また、ご報告しますね。
Commented by 2106Racing at 2009-07-20 07:47 x
rougeさん、コメント有難う御座います。
昨晩は良く眠れましたか?(補足も読まれました?)
現在、ガーゼと軟膏を続けてみえるわけですね?
私も最初の4日間はその治療でしたが、ガーゼを貼り替えてすぐは、軟膏による痛みがあるのですが、しばらくするとその痛みが消えます。それは、ガーゼが軟膏を吸い取ってしまっていたからで、その時点で、滲出液が潤って痛みが消えていたわけです。その後、軟膏を塗ってラップで覆ってみたら、ずっと軟膏による痛みが止まらなかったので、ラップとワセリンにした所、すぐに収まりました。
結果、抗菌軟膏はガーゼでは15分程度しか、効き目がない物と思います。つまり軟膏の抗菌能力は気休め程度で、痛みが在るうちは皮膚が攻撃されていると言う事が判りました。
その上ガーゼを剥がす時は、滲出液が乾燥してガーゼと一体化して、まるで瘡蓋を取るのと同じ結果になり、間違いなく出血します。(発声もします。)
抗生剤を飲まれる事で、感染症の影響はかなり抑えられるはずですので、早めにパワーパッドでの治療に切り替えた方が良いと思います。感染症が酷ければ、もっと熱が出て、痛みも増して、はっきり判ると思います。
Commented by 2106Racing at 2009-07-20 07:49 x
コメント欄の文字数を超えてしまったので続きを入れます。
夏井先生の症例でも感染率は常に1%を切っていますので、そう心配される事はないですよ。
私の知っている範囲では、夏井先生に登録して湿潤療法を行っている医師は、感染症を全く恐れません。その時どうすれば良いかが、ちゃんと判っていて、治療に自信があるからです。
それが判らない、ヤブ湿潤医師は、今までやってきた痛い治療に戻すので直ぐわかります。
何しろ、明日、ちゃんとした湿潤療法の医師の治療で、安心を持って帰って来てください。

早く治る事を心から祈ります。

また、例の2人目の医師の名も、今後湿潤療法を受ける方たちのためにも、(無理にとは言いませんが)教えて頂けると有難いです。(非公開コメントでよろしいですので。)

また、遠慮なくコメント・治療報告等して下さいね。by 2106Racing
Commented by めい at 2009-10-20 13:21 x
こんにちは。先日知恵袋で手のひらの火傷の処置に付いて質問したものです。大変深い火傷を負われたのですね。。写真など当時のブログを拝見しましたが,酷すぎて思わず目を覆いました。今はかなり回復されたようで良かったです。実は,以前、アクシデントで顔のほっぺたを爪で引っ掻かれて、血が出たことがあり,租の時にネットで湿潤療法を知り,半信半疑で試したところ嘘のように痛みが引き,今もあとは残っていません。今回の火傷で,まさしく感染症の恐れから今も水ぶくれをやぶれるのが恐いです。でも、外でやぶれるより、家でやってしまった方が良いと思うし,私も早く治りたいのでこれから試してみようと思います。この様な有意義な情報を共有してくださり本当にありがとうございます。
Commented by 2106Racing at 2009-10-20 19:07
>めいさん。丁寧なコメント有難うございます。
手の平の火傷という事は、19日の質問の方でしたかね?
知恵袋では、文字だけでの回答は説得力に欠けますので、このブログをリンクさせる事も多いですが、コピペでは信用して頂けない方もたまに見えるので、難しいです。
以前に湿潤療法で、自分で傷を治されたのならば、傷も火傷も方法は全く同じですので、大丈夫ですよ。
傷に比べて火傷の方が、皮下組織が弱くなっていて感染に弱いといわれてますが、こまめな洗浄によって感染する事は殆どない事が判っています。
逆に、被覆材を貼りっぱなしにしたり、水疱を温存させる方が、内部からの感染が発生しやすい事が多いようです。
笑っちゃう程簡単に治りますので、さっそく試して下さい。
よろしければ、また経過でもコメント下さい。
Commented at 2012-12-24 17:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2012-12-25 07:23
>非公開コメントさん

返事が遅くなって申し訳ありません。
また、ベストアンサーを有難う御座いました。

病院で処方して頂くのであれば、白色ワセリンの中でも精製度が高いプロペトが良いでしょう。

カブレなどはきれいに治るので心配無用です。
Commented at 2013-03-02 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-03-04 07:23
>qnさん

処置としては正しいです。

しかし、熱湯等によって水疱が出来ても、皮下組織の色が赤やピンクの浅達性Ⅱ度のような軽い火傷はご自分での湿潤療法で簡単に治す方が増えましたが、低温火傷では同じ様な水疱が出来ても実際は深い部分にまで損傷していて、しばらくすると壊死組織が出来る事が多いです。

基本的にこの壊死組織をデブリードマン(除去)しないと上皮化どころか内部から感染症を起こす事になりますので、ご自分で治療するのは無茶ですし、湿潤療法でも低温熱傷に熟知した医師の治療を受けた方が賢明です。

こちらの回答を参考にして下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10102488360

by 2106racing | 2009-07-11 18:41 | 火傷 | Comments(12)