両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷50日後 質問サイトへの回答

6月7日(日曜日)

今日はアップする予定ではなかったが急遽予定変更。
 
5月29日にヤフーの知恵袋でオランダに滞在?在住?で

子供さんに火傷を負わせてしまわれたお母さんに、

湿潤療法の良さと、その治療法を回答しておいたところ、

翌日には、大変感謝されて、とても丁寧なお礼と励ましのコメントを頂いた。

(どうも有難う御座いました。)

が、しかし今日の知恵袋で、この方が自分なりに湿潤療法をやった結果、

赤いかぶれのようなものが出来て大変困ったので

どうしたら良いかとの質問が出ていた。

もちろん私としては、責任もあるので早速わかる範囲でお答えしておいたが、

無事に治ってくれる事を願ってやまない。

この方は、別の質問サイトのOKWaveでも

同じ質問を出されていた(前回も)事は知っていたので

どんな回答が出ているかと思って見てみたら

案の定の回答が出ていた。

専門家(医者)らしいが、まず担当医の意思にそぐわぬ治療法に対しての

“この状態を作り出したのはあなたですよ”

という質問者への非難と責任の押し付け。

これは、自分勝手な治療に対する(プロの?)意見としては、

わからぬでもないが、質問に対する回答ではない。

質問者が余計パニックになり、落ち込むだけである。

その上、消毒とガーゼである。

その根拠は何だろう。医学書?経験?

回答の内容では理解できる所もあるが、

少なくともこいつでは、私の火傷は同じようには治せないだろう

ということは容易に想像が付く。

インターネットに出ている事は全て鵜呑みに出来ない事は

皆、よく知っている事であるが、

さまざまな新しい情報を(良くも悪くも)伝えてくれるのもインターネットである。

当然この医者?っぽい回答者もインターネットを

利用しているから、回答が出せたわけだが、

そのインターネットで、インターネットよりも医者を信用しろ

とはまさしく本末転倒ではないのか?

果たしてこいつは夏井先生のホームページとかは見ているのだろうか?

私のような素人(経験者ではあるが)でもとても理解し、納得できる

内容であるが、こういう連中は見ても理解できないのだろうか?

医者?の癖に?

湿潤療法に対して、十分な根拠を持って反対の意見を出すのならば、

こんな素人相手の質問サイトで、知ったかぶって、

質問者を困らせる(脅かす?迷わす?)ようなことをせずに、

夏井先生の掲示板に堂々?と出せば良いのだ。

(そこで晒し者になるのは間違いないが。)

まだまだこういった考えの医者が多いが、

早く間違いに気づいて、新しい治療法を理解し、

もっと患者の痛みや苦しさがわかる医者が増えるよう

頑張っていかねばと自覚した今日一日だった。
[PR]
Commented by ぬえのふぶき at 2009-06-09 09:34 x
まだまだこのタイプのお医者が沢山いますよね。お察しします。ヤフーでのお書き込み、沢山の人に役立っていると思います。経験者からの回答が何より励みになるからです。

海外での受傷は日本の医療制度に慣れている日本人にとっては本当に困りものですよね。とはいえ、ヤフーの画像をそのサイトでも添付してあったのでしょうか?広範囲受傷で2週間以内に上皮化もほとんど終わってるあの状態を見て「この状態を作り出したのはあなたですよ」とお医者さんは書かれたんでしょうか(笑)。いろんな考え方がありますよね。。。
by 2106racing | 2009-06-07 22:51 | 火傷 | Comments(1)