両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

火傷受傷42日後 アトピー治療7日目

5月30日(土曜日)

右手の写真

b0178879_23552946.jpg


ゆっくりではあるが、正常な皮膚にもどりつつあるようだ。

毛穴の黒い斑点がつながっていって、少し茶色っぽい肌の色になってきている。

もちろん日中は紫外線カット(100%ではない)の指出し手袋を着用している。

小さい傷もあと1箇所のみ。

瘢痕拘宿の兆しもない。
 


アトピー治療経過報告

以前の状態として、10年程前から、2~3ヶ月に一回皮膚科へいって、

ステロイド軟膏と飲み薬を処方してもらい、痒みのひどい時だけ使っていた。

(薬をもらいにいくのが面倒なため節約していた。)

火傷をしてからは、ワセリンがアトピーにも良いと言う噂で

風呂上りに全身に塗っていたが、あまり効果がなく、痒みは続いた。

しかしネットで見つけたアトピー専門医院の内容で湿潤療法に似た、

ウェットラッピング法なるものを知り、チャレンジする事にした。

(皮膚のメカニズムの考え方が湿潤療法と同じと思った。)

1日目
人肌ぐらいのぬるい風呂に十分つかり、風呂上りにすぐ
(あまり体を拭かずに)ステロイド軟膏を全身に塗布し、
両手、両足、胴にラップを巻きそのまま寝る。(飲み薬と安定剤も服用する。)
ラップの部分がむず痒いが我慢して寝た。

2日目
前日と同様にしたが、夜中に、むず痒かった両手と胴のラップをはずして
しまったが、(足は問題なかったのでそのまま)はずしたほうが、
痒みがなかった。はずしたところはしっとりとしている。

3日目
ラップは風呂上りから、寝るまでの間にしたが、ラップを巻いている間のほうが
むず痒くて、はずすと非常に爽快な感じで肌もザラザラから、
スベスベに変化してきた。(なぜかラップ以外の所も。つまり全体に。)
昼間も若干、痒みがあったが、それもだんだんなくなって来た。

4日目
いよいよステロイド軟膏をやめて、ワセリンの全身塗布+ラップで
1時間~2時間ではずすが、全く痒みは感じなくなった。

5~7日目
同じ処方を繰り返しているが、肌は以前とは比べ物にならないほど
ツヤツヤになってきた。(以前のひどい時は全身脱皮状態だった。)
ほとんど肌の状態と痒みは改善されたと思う。
(飲み薬は痒くないので、つい飲み忘れてしまい、
思い出したら飲むという程度。)



以前を振り返ってみると、薬で痒みを抑えた事で、治ったと思って

すぐに、薬をやめてしまっていたので、また痒みが再発して、

同じ事を延々と繰り返してきたのだと思う。

つまり肌の状態は元のガサガサ(炎症)のままで、改善されていなかったから、

すぐに再発していたのだと思う。

今回は、痒みを抑えたまま、炎症を起こしている肌を正常な状態に戻した後、

保湿ケアを続けていくという、長い期間の予定で始めてみたが、

こんなに早く効果が出てくるとは、かなりの驚きである。

何事も順序と根気が大事だとつくづく思い知らされた一週間だった。
[PR]
Commented at 2009-06-04 02:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 馬場奈美 at 2014-05-24 13:00 x
初めまして。
突然のコメント失礼します。
一昨日7カ月の娘が熱湯を両足に浴びてしまい火傷をしてしまいました。
すぐに病院に行ったのですか、アズノールという塗り薬を塗った上にガーゼ、包帯という治療をしていただきました。
少しでも早く痛みをとってあげたい。少しでも早く治してあげたい。少しでも跡が残らないようにしてあげたいと、色々調べていたところ、こちらのブログを発見しました。
娘の膝には水ぶくれが足首にも水ぶくれがあります。昨日病院に行くと水ぶくれの水は抜いていただきました。あとは自宅でガーゼの取り換えをしてください。と言われ帰ってきました。
ここで、質問なのですが、湿潤療法を自宅で行う場合、アズノールのお薬を塗って、ガーゼではなく、アズノール、サランラップを巻き、ガーゼ、包帯という処置を行った方がよろしいでしょうか?

アドバイスを頂きたくコメントさせていただきました。
よろしくおねがいします。
Commented by 2106racing at 2014-05-24 18:10
>馬場奈美さん

娘さんの火傷、大変でしたね。

まず、水疱が出来るⅡ度の熱傷でも、皮下組織が赤やピンクの浅達性と、白や黒い壊死組織がある深達性があり、前者の場合はご自分での治療は可能ですが、後者の場合は夏井先生のサイトに登録されている病院を受診される事をお勧めします。

浅達性Ⅱ度の場合はアズノール、ラップ、その上から滲出液を吸収させるためのガーゼで処置されれば良いと思いますが、水疱膜が残っている場合は有機系の異物で感染源となりますので出来るだけ除去した方が良いでしょう。

後はこまめに朝晩の2回程度、微温湯でチョロチョロと洗ってからラップを貼り替えれば良いですよ。

処置についてはこちらの形成外科の女医さんのブログが参考になると思います。
http://ameblo.jp/momo-clinic/theme30-10059762170.html

知恵袋でのこちらの回答も参考までに貼っておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11115308526

あと、分からない事があれば遠慮なくコメントして下さい。


Commented by 馬場奈美 at 2014-05-24 22:12 x
こんばんは。
早速のお返事ありがとうございます。
大変丁寧な説明をして頂き、また参考になるブログ等まで教えて頂き、本当にありがとうございます。

やはり一度湿潤療法をしている病院を受診した方がいいのでしょうね。
ですが、自宅から通えそうな湿潤療法を行っている病院が見つからずにいています。

夕方お風呂に入れた時に傷を見てみると水ぶくれの下は濃いピンク色でその周りは皮膚が赤黒くなっておりました。
あと水ぶくれの皮は剥がした方がいいのでしょうか?水ぶくれの水が抜けていて皮が残っている状態でラップをしてはいけないですか?
とてもまだ小さくガサガサするので皮を剥がしたりするのはできそうにありません。
色々調べてはいるのですが娘からも目が離せず調べればわかることまで色々質問してしまって申し訳ありません。
Commented by 2106racing at 2014-05-24 23:09
>馬場奈美さん

私はいつもは、水疱膜を残しておいたまま湿潤療法を行うと、有機系の異物として細菌の温床となり感染症を発症する事が多いので早々に除去する様に回答していますが、これはキズパワーパッド等の説明書を鵜呑みにして何日も貼りっぱなしにしてしまう方が多いためで、1日1~2回程度は患部を洗って被覆材を貼り替えるという正しい処置を行えば、医学用語で言うドレナージ(余液の排出・排膿)を行っている事になり、水疱膜が残っていてもある程度は細菌は減少して感染症を起こし難くなります。

こちらの回答を参考にされると良いと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1278996202

Commented by 馬場奈美 at 2014-05-25 12:49 x
お返事ありがとうございます。
とても参考になりました。
朝晩ラップ、ガーゼを交換しているので水ぶくれの皮はそのまま残して、またアズノール、ラップ、ガーゼと交換を繰り返しています。

感謝してもしきれない思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
Commented by 2106racing at 2014-05-25 17:54
>馬場奈美さん

いえいえどういたしまして。

ラップやキズパワーパッド等の湿潤療法用の被覆材は「貼り替え可能な水疱膜」としての機能がありますので、感染源となりやすい水疱膜は「汚い下着」と同じですのでお早目に除去された方が良いと思います。

頑張って治して下さいね。
Commented by 馬場奈美 at 2014-05-26 12:36 x
はい。娘と頑張って治していきます。

明日病院(湿潤療法ではない)の日なので、皮を除去してもらえるようお願いしてみようと思います。
Commented by 2106racing at 2014-05-27 06:59
>馬場奈美さん

水疱膜はガーゼが皮下組織を乾燥させてこびりつくのを防ぐ役目もあるので、もし、その病院で水疱膜を除去して頂けなかった場合は眉毛カットのハサミを使用してご自分で切ってしまうのが良いと思います。

怖いかも知れませんが、すでに組織から切り離されている皮膚は、切っても全く痛くありません。

しかし、水疱膜を除去した後は皮下組織の神経が剥き出しになって空気と触れるため、ヒリヒリと痛みだしますのが、すぐにラップ等で覆えば神経と空気が遮断されて痛みを感じなくなります。

これが湿潤療法の最大のメリットだったりします。

http://ameblo.jp/apple-mama-yokubari/theme11-10059544464.html
http://ameblo.jp/apple-mama-yokubari/theme10-10059544464.html

参考にして下さい。
by 2106racing | 2009-05-30 23:57 | 火傷 | Comments(9)