両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷33日後 恐るべし<新しい創傷治療>

5月21日(木曜日)

昨夜のMikusさん、コメント有難う御座いました。

お互い(火傷治療の経験者として)自分の周りから

少しずつでも湿潤療法を広げていきましょう。


さて今日は、朝起きて、私のブログの前日のアクセス数を確認したところ、

目玉が飛び出る程、驚いてしまった。

一昨日までのアクセスは1日350件程に伸びてきていたのだが、

昨日はなんと6419 !!! 件もあったのだ。 (  д )  ゚  ゚ メダマポーン

一体、日本の国ではなにが起きたのか?

火傷をした人が一気に増えたのか?

新型インフルエンザの影響か? いや、そんなわけ・・・ない。

などといろいろ考えている内に思い当たる事が一つだけあった。

それは5月18日にあの夏井先生に

いろいろな意味でのお礼のメールを送ったところ、

翌日には御返事が来て、私のブログのアドレスも

教えてほしいとの事だったので送っておいたのだ。

あわてて夏井先生のホームページを見たら、

やはり私のブログの事が紹介(リンクも)されていた。

夏井先生のホームページのアクセスは常に一日3000件以上あるので

わたしのブログのアクセス数が驚異的に伸びた事も納得した。

恐るべし“新しい創傷治療”。




今日は「日本の最先端医療」(週刊現代より)である“湿潤療法”

を行っている市立恵那病院の私の担当医である

“ゴッドハンド博”(私が心のなかで勝手につけたあだ名)こと

外科太田先生にその後の経過を見てもらいに行ってきた。

(実は私はアトピー体質のためプロペト(白色ワセリン)を風呂上りに

全身に塗っているのだが、もうなくなりかけてきたため、それを

新たに処方して頂くのが一番の目的だった。第二には仕事が暇だった。

お忙しい中を下らない理由で診察して頂いてどうも済みませんでした。)

太田先生は、小傷が多い私の右手に

いつものように「あざやかな手際」で、デュオアクティブ

を切って貼り付けて、治療?は終了。

果たして今回は火傷の治療の中に含むべきかどうか?

目的が他にあったため、今回は別とする事にした。



市立恵那病院が「日本の最先端医療」(週刊現代より)病院である証の、外科入り口の掲示板。

b0178879_2039263.jpg


b0178879_20392948.jpg

(これを一番最初に見た時にも、うれしくて少しだけ泣けた。)


高度な技術と経験?を要するデュオアクティブの貼り付け。(作・太田博彰)

b0178879_20394978.jpg


あ~、 今度はいついけるかな~。
[PR]
Commented by ししょー440 at 2012-08-27 23:54 x
久しぶりにここに来ました。ずいぶん前に一度投稿しました。
かつて市立恵那病院外科、太田先生が来る前にちょうど国立恵那病院から市立恵那病院に変わる時でした。外科の外来の設備に対して、当時(8年くらい前になると思いますが)湿潤療法と消毒をやめるために不可欠ということで、外科外来と救急外来の処置する場に、シャワーをおいてもらいました。その後にいらっしゃった、太田先生も湿潤療法を続けていて、ここに名前を轟かせているということで、思わず立ち寄りました。
二日ほど前にHP上で、クリニック名が出ていた名古屋の杉浦医院です。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by 2106racing at 2012-08-28 00:13
>ししょー440さん

お久しぶりのコメント有難う御座います。
杉浦医院の院長先生になられてからもHPは拝見させて頂いてましたが、「院長ノート」の「湿潤療法実体験1」が完治までではなく、中途半端な記録だったりするのがちょっぴり残念でした。

私も最近は、アメーバブログ検索で火傷をされた方にコメントを入れていますが、昨日、名古屋市在住で酷い火傷を負ったこちらのブログの方には、他の名古屋で湿潤療法を行っている医師と共に、杉浦医院の森亮太院長を湿潤療法のエキスパートとして受診を勧めるコメントを入れさせて頂きました。
http://ameblo.jp/44112428/entry-11338448299.html

早めに受診されると良いのですが…。

こちらこそ今後共宜しくお願い致します。
Commented by ししょー440 at 2012-08-28 08:45 x
ありがとうございます。御指摘の湿潤療法実体験については、もう一年が過ぎてしまいましたが、近いうちアップします。ご紹介の患者さんについても、見えられたら経過をおっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by 2106racing at 2012-08-28 21:48
>ししょー440さん

いえいえ、生意気言って申し訳ありません。
こちらこそ、今後共宜しくお願い致します。
Commented at 2013-04-18 02:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2106racing at 2013-04-18 07:27
>なおさん

娘さん大変でしたね。
アイロンは温度が高いので踏んづけたりすると深い火傷になったりします。

最初の処置のうち、ガーゼは良くないですが、3日間は水泡を温存して湿潤療法状態であった事と、青い薬はアズノールであれば塗っても害はないのでそれで悪化した可能性は少ないと思います。

【アズノール軟膏を傷につけるのはどうでしょうか?
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#025

現在の処置が湿潤療法であれば、たとえⅢ度熱傷であったとしてもちゃんと上皮化しますので心配無用です。

湿潤療法は普段の処置はご自分でされるのが普通ですので、まずは早く上皮化する事を楽しみにして愛情のこもった処置をしてあげて下さい。

by 2106racing | 2009-05-21 20:44 | 火傷 | Comments(6)