両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷32日後 ゴッドハンド輝

5月20日(水曜日)

やっとネットでたのんであった“ゴッドハンド輝”の

24巻が自宅に届いた。

この中の第178話に湿潤療法の事が詳しく取り上げられている

という事を聞いていたのでたのんでおいたのだ。

なぜ湿潤療法だと全く痛くないのかという

みんなからの質問にたいして実は自分もよく判らなかったので

うまく説明できなかった事は、前にも書いている。

この章の中にその理由が書いてあったので

参考までに。

b0178879_042440.jpg


もっと中身を詳しく知りたい人は早速書店へGO!!

(山本航暉先生、無断掲載ごめんなさい。)

はて?昨日も同じような事を書いたような気がする。




今朝起きてみたら、昨日に引き続き?

新しい水ぶくれ君が3箇所も発生していたので、

気の長い私は早速、全て破ってキズパワーパッド作戦に出た。

しかし先程の風呂の中で、簡単にはがれてしまった。

すでに滲出液が満タンだったようだ。

新しいのを貼る前にとりあえず今日の写真。

b0178879_043515.jpg


病院での治療よりも、水ぶくれと戦っているほうが

長くなりそうな気がする。

(私は元々アトピー持ちなので、すぐに掻いてしまうくせがあるのだ。)
[PR]
by 2106racing | 2009-05-20 23:40 | 火傷 | Comments(0)