両手の火傷を湿潤療法により短期間で治癒した記録と経過の日記


by 2106racing

受傷4日後  湿潤療法に変えた日

4月22日(水曜日)

朝、目が覚めても痛みは無く、午前7:00頃市立恵那病院に電話で診察の依頼。

快く、来院して下さいとの事。

車で20分程の道のりで(余裕で自分で運転)午前8:30に病院に行って診察を受ける。

指名しておいた外科太田先生に診て頂くが、巻いてあったラップをはずした私の手を見て、

驚くどころか、少し笑顔で(そう見えた)

「左手はⅡ度の火傷で2週間、右手はⅡ~Ⅲ度で約1ヶ月で治るよ。 でもそれより早く治れば

Ⅱbかも知れないね。痕は少し残るかも」と言われてびっくり。

(長くなるであろう治療を覚悟していた私にとって、真剣に先生が神様に見えて、

涙が少し出そうになった。)

処置としては火傷の部分を水道水で洗い流して、見た目には傷面に当たる部分が穴あきの

フィルムの裏に紙おむつのような物が付いた被覆材(体からの滲出液を吸収する)なるものを

貼り付けて包帯を巻いて終わり。

治療時間は約5分間位だった。治療時も処置後も無痛である。

ちなみにこの病院自体が5年程前からこの湿潤療法をやっていたようで、

わざわざ太田先生を指名しなくても良かったようだ。

ここの院長先生の先見の明に心より感謝。
[PR]
by 2106racing | 2009-04-22 17:49 | 火傷 | Comments(0)